ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

競馬の人間関係で生じる思惑を利用して、馬券で勝ってるよ。
競馬は銭の奪い合い。人間関係を読むことで勝ち組への扉は開かれる。
でも簡単に日本人騎手を降ろして外人を乗せる社台は嫌い。


テーマ:

アルアイン=ノーリーズン。


この説に納得する読者いる?


厩舎は池江パパ。

デビュー2戦目にマイルの500万下を勝って、

オープン初戦では人気を裏切って、

皐月賞では人気薄を覆す勝利。

日本ダービーでは馬券圏外。


機動力のある小回り巧者な面も含めて


「ノーリーズンそっくりだな~」


ってずっと思ってたんだわ。


そしたら秋初戦で2着・・・


被りすぎてて怖いわ(笑)


菊花賞でまさかの落馬なんてなったら笑えないが、
競馬界には定期的に「類似タレント」が登場する。
その典型がアルアイン=ノーリーズンだと俺は思う。


ま、その辺はオカルト入ってるから客観的に分析していこう。


池江厩舎ってのは競走馬の適性を見極める能力がズバ抜けている。
この厩舎は一世代に何頭もクラシック候補生が入るが、
それぞれ将来像を見た上でローテーションを組む。


今年でいえば、

クラシック路線→サトノアーサー、サトノクロニクル、サトノシャーク

マイル路線→アルアイン、ペルシアンナイト、クライムメジャー



ってな具合だ。

ホント毎年わかりやすい傾向が出ているから、
読者諸君もそれぞれの年を調べてみてほしいかな。


そこで、アルアインだ。


俺が「あれ?」と思ったのがシンザン記念。
同厩舎のペルシアンナイトが出走するにもかかわらず、
迷うことなく同じレースを使う選択をした。
ノーザン肝入りのシュミノーに合わせた理由もあるとはいえ、
デビューから3戦連続マイルはやりすぎじゃねーか?


そして驚くことに毎日杯の鞍上は松山・・・


ドバイウィークで有力騎手がスカスカだったのは想定内。
それでも松山で行ったってことは評価が見え透けるよな。


「アルアインは厩舎上位ランクではない」


ってこった。


レイデオロの回避をみてルメールを確保したのはさすがだが、
仮に2頭がバッティングしたらレイデオロ優先なのは明らか。
ダンビュライトも出走微妙な状況にあったし、
サンデーレーシングが出走馬ゼロの状況が生まれそうだった。
だからアルアインにメンツを保つ白羽の矢が立った。



要するに何が言いたいかというと、


アルアインは菊花賞で一銭もいらない


ってこと。


これを予測してた読者がいたら脱帽だ(笑)


俺が得た情報だと、セントライト記念は100%に近い仕上げ。
少なくとも「ヤラズ」の仕上げはなかったようだ。
レースでも何の不利もなく機動力を活かせる展開。
負けたことにビックリしたのはルメールでもなく、
送り出した陣営なんじゃねーか?


「太かった」ってルメールがレース後に話したようだが、
あれは敗因を自分にせいにしないルメールの言い訳。
太い馬がスタート後かかり気味に好位をとり、
3-4コーナーを持ったままで押し上げられねーだろ。
ローズSのモズカッチャンみたいなのを太いと言う。

読者のみんなもルメールのコメントには気をつけてな!


てなわけで、裏情報で徹底的にマークしている馬
人気ブログランキングに掲載の中に、
アルアインの名前は入っていない。
それともう1頭注目馬を追加しといた。
同じ叩き2戦目ならこっちのほうが断然いい。

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

ヒューマン馬券師さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。