ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

競馬の人間関係で生じる思惑を利用して、馬券で勝ってるよ。
競馬は銭の奪い合い。人間関係を読むことで勝ち組への扉は開かれる。
でも簡単に日本人騎手を降ろして外人を乗せる社台は嫌い。


テーマ:

この馬の分析は3回目か。俺もよく書いたわ(笑)

2016阪神ジュベナイルフィリーズでのリスグラシュー評

2017桜花賞でのリスグラシュー分析

2017オークスでのリスグラシュー分析


だから俺はこの馬をよく知っている。
今更どうこう書く気もないんだよね、
過去記事をさかのぼればヒントは出ているし。


ま、ここは


「追い切り失敗疑惑」


について触れておくか。


課題である“最後の詰め”を補うべく、

矢作師は4F55秒0を目安にしまい重点の調整を指示。
それだけに、はじき出した4F52秒4-38秒3-11秒9の数字には

「速過ぎ」と不満げだったが、
時計が出やすい馬場コンディションを思えば許容範囲か。

もちろん、数字が示す通り、動きは実にシャープだった。
(デイリースポーツより一部抜粋)


リアルスティールのときもこんな記事があった気がするぞ(笑)
矢作厩舎はノーザンの言いなりにならない厩舎だから、
直前の追い切りも任されている。
全然信用されなかったルージュバックの大竹調教師が
かわいそうでならないよな~。


追い切りで余力を残したいのは本音だと思うが、
動きすぎて悪いことなどひとつもない。
意図的でないとしたら、それは状態UPの証。
間違いなく前走より調子は上向きだよ。


ただ、気になる点はいくつかある。


まずは血統。

ハーツクライ産駒が東京でしかGIを勝っていないのは有名。
この産駒は覚醒のタイミングが2度あって、春か秋。
だからオークスダービー、天皇賞(秋)がドンピシャ。
特に秋のハーツクライ覚醒前夜は「前走連対」が必須だ。


臨戦過程も気になる。

俺はリスグラシューをオークスで狙いたい馬と言い続けた。
当初は本命予定だったが、裏情報を聞いて印を落とした。
実はマイラータイプのハーツクライなんじゃ?
との声があったんだよね。


秋華賞は三冠のなかでもっともスタミナが要求される。
この見解を情報源のヤツらにぶつけてみたら
「いいとこみてるね~!」って褒められた。
曰く、マイラーじゃこなせないんだとさ。


レジネッタ。

マルセリーナ。

レッツゴードンキ。

レッドリヴェール。



桜花賞を制し、オークスorダービーで着順を落とした馬だ。


スイープトウショウ。

エアメサイア。

メイショウマンボ。

ヌーヴォレコルト。



桜花賞→オークスで着順を上げた馬だ。


俺が言いたいこと、もうわかったよな?(笑)


てなわけで、裏情報で徹底的にマークしている馬
人気ブログランキングに掲載の中に、
リスグラシューの名前があるか確認してほしい。
それともう1頭注目馬を追加しといたから、
合わせてチェックよろしくな

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ヒューマン馬券師さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。