ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

競馬の人間関係で生じる思惑を利用して、馬券で勝ってるよ。
競馬は銭の奪い合い。人間関係を読むことで勝ち組への扉は開かれる。
でも簡単に日本人騎手を降ろして外人を乗せる社台は嫌い。


テーマ:

いやー、前走には驚かされたなー!

 

 

横山典弘が馬場読みの天才なのは知っているが、
まさかこのタイミングで発動させるとは。
アエロリットをどういう馬と扱っているのか、
わかりやすいレースだったよな。



改めてこの馬の成績を振り返ると、
デビュー戦以降まったく勝ちきれないままGIへ。
NHKマイルCの時点では1勝馬にすぎなかった。


NHKマイルCだが、桜花賞の後方待機が伏線。
あの競馬で「直線一気は無理」と悟ったからこそ、
次走で積極的に出していくことができた。
当時は外伸び馬場で外枠もよかったんだろーな。


そしてクイーンSはイン伸び馬場・・・

要は近2走は馬場と脚質がマッチした結果なんだわ。


クイーンSの参戦理由がイマイチわからなかったが、
ようやく合点がいった。
あのレースはチェッキーノが使おうとしたように、
3歳ノーザンが使いたがるレースのひとつ。
プラス18キロだったがフェアリーSとそう変わらない馬体重で、
トライアルとは思えない仕上がりだった。


もうひとつのダメ押しが「大逃げ」だ。


サウンズオブアースに期待したアレだが、
このタイミングでやることは違和感しかない。
だってトライアルだぞ?
スタートして控える気配すら示さなかったし、
どうしても勝ちたい事情があったのかもな。


イングランディーレ。
マツリダゴッホ。
アリゼオ。
デスペラード。



横山典弘が突如脚質転換させて勝った馬は数知れず。
そのどれもが鮮やかすぎるものだった。
鮮やか過ぎて、他の騎手は打つ手なし。
「逃げる」という想定ができていないからな。


断言しよう。
 

アエロリットは秋華賞で一銭もいらない。

少なくとも「単勝」という括りにおいてはね。


てなわけで、裏情報で徹底的にマークしている馬
人気ブログランキングに掲載の中に、
アエロリットの名前はない。
昨日からもう1頭、爆穴候補を追加しといた。
こちらも前走ヤラズの可能性が耳に入っている。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

ヒューマン馬券師さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。