2013-12-23 17:23:15

パキスタンの女の子のための教育プロジェクト Because I am a Girl

テーマ:Because I am a Girl
Because I am a Girl Project とは、チャイルドスポンサーで知られているプランジャパンの始めた、国連に承認されたプロジェクトです。
http://www.plan-japan.org/girl/

電車の広告などで、可愛いインドの女の子の写真と共に、

13歳で結婚、14歳で出産、
恋は、まだ知らない

というフレーズがとても印象的なアピールがされていますね。

信じられないようだけど、本当に、南アジアで、中東で、アフリカで、信じられないくらい大勢がこんなめに遭っているのです。子ども時代から人生がめちゃめちゃにされています。この深刻さは暗澹たるものです。

女の子だから、10代で結婚させられる。
女の子だから、学校に行かせてもらえない。
女の子だから、生まれてさえこられないこともある。
女の子だから、泣きたいときに泣くことも、
笑いたいときに笑うことも、怒りたいときに怒ることもできない。

もしも、この文章が間違っているように感じたら、
この世界の間違いを、まずは知ってください。

Because I am a Girl(女の子だから)
その後に来る言葉は、私たちの力で変えられる未来です

私はこのプロジェクトに毎月募金しています。

今は、パキスタンの女子教育と、スーダンの女の子の早すぎる結婚を無くすプロジェクトです。http://www.plan-japan.org/girl/join/

どちらもとても重要なのでプロジェクトを選ばず両方を指定しています。

そのうちの一つが、私が一番訪れたいと思っている、パキスタンの一番美しいヒマラヤ山脈の地域で行われることになりとても嬉しいです。
その地域のフンザはとも美しい桃源郷と言われていて、最近、観光地として訪れる人もとても多くなっています。

人々も優しく、パキスタンの中では男女とも識字率が高いと言われています。だけど、この活動地域では全く違うようで驚きました。

“ギルギット・バルティスタン州は、部族文化と男性の宗教指導者の影響が強い父権社会です。女子の就学率は20%ほどで、成人女性の識字率はわずか2%。主にコーランを教えるイスラム女子学校が唯一の女子教育の場となっています。公用語(ウルドゥー語)の読み書きや基礎科目を学べないことも、大きな問題です。”

中間報告では、イスラム宗教指導者や地域を時間をかけて説得、女性教師を見つけ、公用語のウルドゥー語、算数、英語を勉強できるようになったそうです。

http://www.plan-japan.org/girl/news/131219.html

こういう方法で成功するのはすごいと思います。女の子はコーランを学ぶ学校しかなかった。女性の識字率はなんと、たったの2%。字も読めないまま、読み書きを一切教えず、コーランを暗記させイスラムの教えを守らせるだけ。いろいろこの地域を訪れたことがあり、イスラム社会が好きな私でも、この地域社会に詳しい分、それって家政婦奴隷教育??と思えてしまいます。

8時から12時までコーランを学びその後で1、2時間、公用語や算数、英語が学べるように。
それでも4時間もコーランなのか・・。

これからはさらに衛生施設の充実などもしていくそうです。

私はこの大好きな地域の女の子の地位改善のための、このプロジェクトが終わるまでは絶対寄付を続けるつもりです・・!
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。