2009-11-08 21:45:26

ユダヤ過激派ゲイのクラブで銃乱射殺害、逮捕される

テーマ:パレスチナの情報・援助
$国際協力&中東情報 -JewishFandamentalism

$国際協力&中東情報 -JewishFandamentalism2

$国際協力&中東情報 -JewishFandamentalism3


最近、イスラエル人の自称人権団体が、パレスチナではゲイが迫害されている、それに反対しなければ、という運動を始め、世界中にアピールしている。

イスラエルではガザで明らかに故意に子ども達を銃殺したことに対する反対など、全く起こらない中で。ガザやレバノンで何千人も一般市民を故意に殺害したことにはイスラエル国民は未だに8割が賛成しているといいます。

この手のことはよく世界中のネットシオニスト(イスラエル右派支持者)がやっている、動物愛護でパレスチナにおいて動物がどうのと流しているものの1つでしょう。欧米人はそれにひっかかってイスラエル人は人権を気にかける国家であるというイメージが先行することも多く、明らかにそれを狙っています。

日本の中にも、「平等の観点で」と賛同する人が出てきたようですが、こんなニュースがあったことはいかがなんでしょうか・・・?

犯人が逮捕されたそうですが、ユダヤ過激派はよくこの手の大暴れをしていて、今回の件で逮捕されて良かったとシン・ベトが逮捕されて良かったとしているのは、この件がただ単に反パレスチナのイメージを広め続けている只中で不都合だった者だから、というだけでは、と思われる。

シン・ベト=イスラエル秘密警察、現代におけるナチスのゲシュタポのように、パレスチナ人を暗殺し続けている。

例えば、最近、ヨーロッパでイスラエルとパレスチナの平和共存を講演し、平和賞を受賞したパレスチナ人の方がガザに帰る途中、検問所で連行し、長時間立たせ続け、気を失って倒れた所を暴行し、耳と目に爪を立てた指を入れるという残酷な拷問をしたりしている。


日本パレスチナ医療協会のメーリスからの転載です。


3日付仏紙Liberationによると、パレスチナ人、同性愛者、メシア・ユダヤ人は植民地の敵だとして、テロ活動を行っていた疑いで、アメリカ出身のユダヤ人Jack Teitel(37)が先月、イスラエル警察に逮捕された。

彼は、妻と4人の子どもと西岸地区北部のShvut Rachel入植地で暮らしていた。

シン・ベト(情報機関)はこの逮捕を歓迎している。警察によると、彼は、パレスチナ人のタクシー運転手や羊飼いを殺害したり、入植活動に反対する左派系の歴史家Zeev Sternhellに爆弾テロを行ったり、メシア・ユダヤ人家族に小包爆弾を送りつけたりしていた。

彼は同性愛者殺害を呼びかけるビラをエルサレムで貼り、同性愛コミュ二ティへの攻撃を賞賛していたところ逮捕された。

(11/3 liberation =ジャリーダ・ファランスィーヤ訳 )

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2009-11-07 20:56:42

10月8日(日)「ジェニンの心」上映会と古居みずえさんの講演会

テーマ:パレスチナの情報・援助
明日、早稲田大学の学生祭で、「ジェニンの心」上映会と古居みずえさんの講演会があります。

「ジェニンの心」は、2002年にイスラエル軍によるパレスチナ自治区ジェニンの難民キャンプを戦車で包囲、一斉砲撃、ブルドーザーで中に子ども達がいるまま家を破壊し、証拠隠滅に数週間にわたって救急車、ジャーナリストを一切通さず、瓦礫が土砂になるまで破壊し動くもの皆殺戮尽くす、という最悪な虐殺を経験したジェニンが舞台。

その後も何年も子ども達が戦車に追いかけまわされたり撃ち殺され続けている中、2005年に息子をイスラエル軍に撃ち殺されたパレスチナ人の両親が、もう二度とこんなことがないように、との願いを込めて、イスラエル人へ臓器移植のドナーとすることを決断したことを扱ったドキュメンタリーです。 

私は2007年にジェニンを訪れましたが、本当に心優しい親切で泊めてくれ、長い旅の中で最高の思い出となった場所です。

その時の旅行記はこちらに載せています。ジェニンの虐殺の説明もしています。

http://guide.travel.goo.ne.jp/e/goo/traveler/go_to_arab/album/10263416/

私はジェニンの虐殺のことは知っていましたが、その最悪な虐殺を経験し、さらにその後も何十人も子ども達がイスラエル軍に射殺され、電気も通らなくさせられているジェニンの市民が、子どもを撃ち殺されたというのに、イスラエル人に臓器を提供するドナーになったと知って本当に驚きました。

それを最初に知ったのが、P-navi infoさんの情報なんです。
いつもニュースでイスラエル軍の発表が第一に流され、それが嘘でもその後は流さずうやむやになってばかりですが、毎回検証されています。

これを読むことで、イスラエル、パレスチナの問題の本質が分かりました。
このサイトではこのパレスチナ人の息子さんがイスラエル軍に撃ち殺された時の状況も詳細に検証されています。

http://0000000000.net/p-navi/info/news/200511110423.htm

どこのニュースもパレスチナでの被害は9割方報道しない中、このサイトで私は情報収集して、パレスチナのどここの街で何が起こっているかを確認して行くことが出来ました。

今、改めてこの映画を知り、ジェニンの人々の優しさ、懐の深さは世界で最もすごいと思いました。

この両親とドナーを受けたイスラエル人のその後がとても知りたかったのですが、ドイツ人の監督が追ってドキュメンタリーにしてくれてたのです。

それにしても、ちょっと説明を読んだけれど、このパレスチナの両親が殺された息子の臓器提供したイスラエル人に会おうとするけれど、それすら検問所でイスラエル兵が許可しなかったというのを知り本当にこのパレスチナ人の良心を、どうやって突き放すことが出来るのか、本当に理解し難いです。

ぜひもっと知りたいので明日のイベント、古居みずえさんも参加されるということで、行ければぜひ行きたいです・・・!


以下、イベントの詳細です

http://www.wasedasai.net/2009/wasepedia/blog/2009/11/01/jenin/

宗教・民族・憎しみ

      ―全てを乗り越えるものがある

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「ジェニンの心」上映会

        ×

     古居みずえ氏講演会「パレスチナ・ジェニンの現状~映画の背景を知ろう~」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

今年、難民映画祭で上映され多くの反響を呼んだ話題作を、早稲田祭で上映!

宗教・政治・民族…複雑な事情が絡まっているイスラエル・パレスチナ間の問題。

難しいしわからない、どこか私たちからは遠い所にあることだと思っていませんか?

でも、本当にそうでしょうか。

この映画を見て、あなたは何を感じますか?

映画の背景をより知っていただく為に、上映後、フリージャーナリストの古居みずえ氏

に、ご自身の体験のもとパレスチナ・ジェニンの現状をお話しいただきます。

※講演会は午後に行います。午前は映画上映会のみとなります。

~映画紹介~

「ジェニンの心」 パレスチナ自治区のジェニン難民キャンプで、1人の少年がイスラエ

ル軍に射殺された。複雑な心境の中、父親は、イスラエル人の子供たちへの臓器提供

を決意する。パレスチナとイスラエルの対立に一筋の希望の光を灯す衝撃のヒューマ

ン・ドキュメンタリー。

・mixiコラムにも掲載→ http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=44&id=975669

~映画紹介~

古居みずえ(ふるい みずえ)

 アジアプレス所属、JVJA会員。

 パレスチナやアフガニスタンなど、女性や子供を中心に取材活動を続ける

 フリージャーナリスト。

 2005年DAYSJAPAN審査員特別賞受賞。

 代表作に映画『ガーダ ―パレスチナの詩―』

≪日時・場所≫ 日時 2009年11月8日(日)

   10:15~      開場

   10:30~12:00  「ジェニンの心」上映会

13:00~      開場
   13:30~15:00  「ジェニンの心」上映会

15:10~16:00   古居みずえ氏講演会
             「パレスチナ・ジェニンの現状~映画の背景を知ろう~」

場所 早稲田大学早稲田キャンパス15号館301教室

アクセス http://www.waseda.jp/jp/campus/waseda.html

※駐車場がございませんので、ご来場には公共交通機関をご利用下さい。

また駐輪場の広さにも限りがありますので、自転車・バイクでのご来場も

お控え頂くようお願い致します。

料金 無料

期間中、早稲田大学では早稲田祭を開催しております。

ご来場いただくまでに大変な混雑が予想されますので、時間に余裕を持って

お越しください。

皆様のご来場、心よりお待ちしております。

主催:学生有志団体 ビッグパフェ企画

問い合わせ bigparfait.jenin@gmail.com

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。