第3回小樽フラタヒチアンフェスティバルのご報告 | 札幌と小樽のフラダンス/タヒチアンダンス教室レイナニ/ヘイライテア Aitapeapea

第3回小樽フラタヒチアンフェスティバルのご報告

2019年7月7日、小樽市民センター自主事業による
【第3回小樽フラ&タヒチアンフェスティバル】が、小樽マリンホールにて開催されました。
 
今年は小樽クラスから13名、札幌クラスから6名参加してまいりました♬

このフェスティバルでは、参加ハーラウと参加出演者でのフィナーレを行うのが特長です♬全体リハーサルのために午前からみんなで集合しました。
 
 
 
左から右にかけて『色黒』になっていくという、記念写真です☀笑
小樽市民センターに来てほしいところ、小樽市民会館に向かってしまい、まだ到着していないasamiさんが写真に抜けておりますw
このあとに無事に到着しました😊
 
多忙スケジュールの札幌チームは前日の小樽リハーサルに参加できなかったため、急遽全体リハーサルのあとにリハーサルをさせていただけました!
ありがとうございました!
この時に、音の雰囲気に合わせての照明を調整してくださったりしてくれています。
リハーサルが十分あるとことのメリットです。
お客様に、より楽しんでほしいという、小樽市民センターさんの計らいをとても感じます♬
 
ムービーチェック!!!
かなり険しく、とても真剣な眼差し!!!
抜かりなく妥協せず、いつもこんなふうに頑張ってくれる札幌メンバーは本当に頼もしい!!!
 
小樽メンバーは、午後からのステージに向けてお昼休憩し、わきあいあい😊
 
去年私ひとりでいろいろ手配していたことを、今年から小樽メンバーみんなに協力してもらうことにしました♬
お弁当手配係のmakiちゃん、abeさん、ありがとう!
そして自主的に分別してゴミ捨てに協力してくれたizumiさん、ありがとう!
 
 
お弁当は『割烹 咲弥-saya-』さんにて🍱
リポビタンゴールドは、simaさんからのみなさんへの差し入れです♬ありがとう!
 
ショー前に、グビッと頂き、活力つけて臨みました♬
 
お客様の開場入り待ちが多く、急遽10分早めて開場することに♬
atsumiちゃん、kojimaさん、チケットもぎり係協力してくれ、ありがとうございました!
 
 
 
1部、2部構成に分かれていて、まずは1部のステージから🌺
 
オープニングは軽快で楽しいココナッツを使ったオテアで、スタートを切りました♬
 
踊りながらkanakoココナッツ3分割に破壊するというハプニングがっ!
動揺せずに、踊り切りました🌺さすがの経験値っ(・∀・)イイネ!!
 
今年の小樽の代表曲『クウ プア イリマ』
春の骨髄バンクチャリティーコンサート、小樽手稲クラスで出した曲です♬
小樽クラスのご家族・ご友人の応援、小樽クラスの元メンバーの温かな応援あり、この曲を一緒に踊った手稲クラスさんもに観に来てくれ、温かい気持ちで楽しく踊ることができました♬
踊ったメンバーの笑顔がとても素敵でした💛
 
札幌からもう1曲オテアです♬
ヘイライテアの代表的な衣装は迫力満点で、ほかの方々からも『迫力あるネーー!!素敵!!』と、衣装のインパクトもありました☆彡
 
 
makiko先生によるソロ!!
始めは他メンバーは上手にハケて、makiko先生ひとりで踊る予定でした。
他オテアメンバーの「私たちステージに残って、声出して盛り上げていいですか?」の意見から、このようなスタイルに変更! 
ひとりひとりの案が集まると、とても良いものが出来上がっていくと、実感しています♬
makiko先生、最高のパフォーマンスをしてくれました!!!
makiko先生、toshiko,kanako,izumi,asami,toshieちゃん、ありがとう!!
 
 
小樽タヒチアンからは『テヘレ(愛の讃歌)』
お客様から手拍子が始まり、会場一体感に包まれた瞬間でした!
踊っていても、とても楽しかったですね!!!
 
横1列に、きれいになるミッションもクリア!!!
反省点はそれぞれありましたが、小樽タヒチアンのみんなの素敵な魅力が伝わったのではないかと思います🌺
 
 
1部の、ラスト衣装での記念写真です!
みなさん、1部大成功でした♬
15分の休憩後に、2部の始まりです♬
 
2部と番外編ブログは、のちほどに♬
お楽しみに😊