#076

 

お疲れ様です。

 

福祉ネイリストの中尾将吾です。

 

 

 

 

うちの施設には約40名の入居者の方が住んでおられます。

 

その40名の方々の身の回りのお世話をされるのがヘルパーさんの仕事です。

 

 

食後や寝る前の薬の準備、

 

排泄の補助、

 

おむつの交換等々、

 

仕事内容は多岐にわたります。

 

 

夜勤ともなれば、それを一人でこなされています。

 

 

 

 

一方、私の仕事は

 

 

食事の配膳、下膳、

 

部屋の温度管理、

 

夜間の見回り等々、

 

 

ヘルパーさんではなくても出来る仕事の補助がメインとなります。

 

 

 

ただ、これがなかなか一筋縄ではいきません。

 

皆さん、好みがあります。

 

 

例えば、食事の際のお茶の入れ方一つとってもバラバラです。

 

 

湯呑を右側に置いて欲しい人もおられれば、左側に置いて欲しい方もおられます。

 

 

湯呑ではなく、コップを希望される方もおられますし、

 

 

お茶の温度や量ですら、気にされる方もおられます。

 

 

 

入居者の方の中には新聞を取られている方がおられます。

 

 

毎朝、部屋にお持ちしますが、その時間もバラバラです。

 

 

朝5時に欲しい方もおられれば、その時間に起こされるのは嫌だから6時がいいという方もおられます。

 

 

 

 

本来であれば、作業を効率よくこなしていく為のルールとして、

湯呑の位置も新聞紙を配る時間も決まっています。

 

 

なので、ルールで決まっているので、お茶はここに置きます、新聞紙は五時半にお持ちします。

 

 

と、こっち都合で淡々と仕事をこなすことも出来ます。

 

 

でも、それだと入居者一人一人の方に満足して頂くサービスは出来ないですよね。

 

 

点数でいうと、60点といったところです。

 

 

 

 

やはり、満足して頂こうと思うと、その方に合った好みに合わせたサービスを行う必要があると思います。

 

 

40人の中の1人という考え方ではなく、しっかり1人1人と向き合うこと。

 

 

時間が許す限り、入居者の方の好み、ご要望にお応え出来るよう心掛けてサービスを提供させて頂いております。

 

 

でもそれでも100点満点のサービスを提供出来ているかと聞かれると難しいところです。

 

 

 

 

私は、サービスというのは本来100点ではなく、120点を目指すものだと思っています。

 

 

期待通りのサービスを行うのではなく、期待以上のサービスをして初めて喜んで頂けるものだと思います。

 

 

現状、人員の問題や、会社として遵守しなければならないこともあり、

なかなか上手くいかないこともありますが、

 

 

期待以上のサービスを提供するという気持ちだけは忘れずに仕事に徹していきたいと思います。

 

 

 

 

 

今日も読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

 

 

お問い合わせは下記HPよりお願いいたします!

広島の出張・訪問ネイルケアサービス ファミーユ

℡:080-4268-6273

Mail:info@famille-inc.net 

 

ぜひ公式アカウントもよろしくおねがいします!

 

広島の出張・訪問ネイルケアサービス ファミーユ