ユダヤ人の定義について詳しく書かれているので参考にしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

質問

なぜ、神様はなぜ特定の民族を選ばれたのでしょうか。神様はえこひいきをするお方ではないと思いますで、なぜ特定の民族が選ばれたのか、その理由が知りたいです。 

 

回答

これは、「イスラエル民族」のことを言っているわけですね。今日の答えは、「何々ではなく何々です」という形式で3つ申し上げたいと思います。

1番目に、これは「民族の選びではなくて、個人の選び」です。

最初から「イスラエル民族」という集団がいたわけではないのです。神様が最初に選ばれたのは、個人です。神様は、「アブラハム」というを選ばれました。そこから「イサク」「ヤコブ」と生まれてきて、ヤコブの子孫たちが「イスラエル民族」に成長していくわけです。

神様は「取るに足りない者」を選んで、ご自分の働きをなさる。ですから、既に存在している「強い民族」を選び、彼らを用いたのではないのです。

取るに足りないところからスタートされたということ。これは、私たちにもそのまま適用できるポイントですね。私たちのような、「取るに足りない者」を神様は祝福して、用いてくださるということです。

 

2番目に、これは「えこひいきではなく、人類全体を祝福する計画だ」ということです。

 

言い方を変えると、「救いのための選び」ではないということです。「イスラエルだけを救おう」として選んだのではなく、「イスラエルを通して全人類を救おう」とされたということ。これが非常に重要なポイントです。おそらく、聖書を読むための「鍵」となる概念は、これかもしれません。

神がアブラハムとその子孫を選んだ理由は、全人類を祝福するためでした。

 

3番目に、これは「誇るための選びではなく、使命に生きるための選びだ」ということです。

 

選ばれたことを誇っていても、しょうがありません。選ばれたからには使命があるのですから、それを認識して、責務を全うすることが大事だということです。ところが、イスラエルの歴史を見ていると、神様に背を向けて国の運営が上手くいかなくなると、彼らの中に「不健康な選民意識」が生まれてくるのです。これは、「不健康なナショナリズム」と言ってもいいでしょう。ナショナリズムを鼓舞しなければいけない時というのは、どの国の場合も同じですが、非常に危ない時です。ナショナリズムというようなものは、幼子を寝かしつけるように、心の底で静かにさせておけばよいのです。

ところがイスラエルは、「自分たちこそ選びの民である」という気持ちになってしまいました。ここに、問題が起こってくるわけですね。「健全な選民意識」とは、「自分たちは全人類を祝福するために選ばれているのだ」という自覚です。その自覚を持ち続けるのは、容易なことではなかったのでしょう。

クリスチャンについても、同じことが言えます。「イエス・キリストを信じて救われた」ということも、それ自体がゴールではなく、より崇高な目的のために召されたということです。クリスチャンが生かされている理由は、キリストの愛を周りの人々にお伝えするためです。神の御心を実践することこそ、「選びの目的」です。

 

 

「【主】はアブラムに仰せられた。『あなたは、あなたの生まれ故郷、あなたの父の家を出て、わたしが示す地へ行きなさい。そうすれば、わたしはあなたを大いなる国民とし、あなたを祝福し、あなたの名を大いなるものとしよう。あなたの名は祝福となる。あなたを祝福する者をわたしは祝福し、あなたをのろう者をわたしはのろう。地上のすべての民族は、あなたによって祝福される』」(創世記12:1〜3) 

 

 

「あなたがたがわたしを選んだのではありません。わたしがあなたがたを選び、あなたがたを任命したのです。それは、あなたがたが行って実を結び、そのあなたがたの実が残るためであり、また、あなたがたがわたしの名によって父に求めるものは何でも、父があなたがたにお与えになるためです」(ヨハネの福音書15:16)

 

 

 

質問

最近になって「メシアニックジュー」という言葉を耳にする機会が増えましたが、どういう意味ですか。ユダヤ人クリスチャンのことでしょうか。

 

回答

この質問をされた方は、おそらくクリスチャンだと思いますね。「メシアニックジュー」という言葉が、最近さまざまな場所で語られています。いつものように3つ申し上げます。

 

1番目に、メシアニックジューとは「誰」か。

 

それは、イエスを旧約聖書に預言されたメシアと信じるユダヤ人のことです。ちなみに、メシアというのはヘブル語で救い主という意味です。それがギリシア語になると、キリストです。

メシアニックジューとは、「ユダヤ人クリスチャン」のことですね。ただ、彼らを「ユダヤ人クリスチャン」と呼ばない理由、あるいは彼ら自身が「私はユダヤ人クリスチャンだ」と言わない理由があるわけです。その理由とは、「クリスチャン」という言葉に対するある種の「抵抗感」があるということです。彼らは、キリスト教に改宗したわけではないのです。ですから、自分のことを時には「完成されたユダヤ人」というような言い方をします。英語では、「complete Jew」ですね。

以上のことを整理しますと、メシアニックジューとは、「キリストを自分の救い主と認めて信じるのは、ユダヤ人として当然のことだ」という考えを持っているユダヤ人のことです。彼らのライフスタイルは、ユダヤ人の伝統や文化を保持しながら、イエスに従うというものです。

 

2番目に、メシアニックジューの「起源」はいつごろからか。

 

なんと驚くなかれ、「新約聖書」が書かれた時代に、メシアニックジューの起源があります。

皆さんに質問しますが、「イエスは、なに人ですか」。…ユダヤ人ですね。その弟子たちも、ユダヤ人です。聖書自体が、旧約、新約を含めて、極めて「ユダヤ的な本」です。ですから、教会が始まった最初から、その中心はメシアニックジュー、つまり、ユダヤ人信者だったのです。

20世紀になってから、再びメシアニックジューの数が増えるという現象が起こっていますが、元々は新約聖書とともに、メシアニックジューの起源があるということです。

 

3番目に、メシアニックジューの「数」はどれぐらいいるか。

 

世界中でどれくらいいるかと考えるとなかなか難しいですが、一般的には約35万人と言われています。イスラエルでは、現在、2万人前後いると思われます。かつてのメシアニックジューの人口を考えると、この数は驚異的です。例えば、第一次中東戦争(独立戦争)直後ですと、イスラエルには数家族のメシアニックジューしかいなかったのです。それが、60年後には、約2万人にまで増えているわけです。メシアニックジューが増加しているということは、「聖書の確かさ」の証しでもあります。神様が、ユダヤ人に対して持っている計画は、今も有効であるということです。

メシアニックジューの数が増加しているということは、特に「終末論」との関係で、非常に興味深いです。「終末論」というのは、「終わりの時代にどういうことが起こるか」という学びです。終わりの時には、イスラエルは民族的救いを経験するようになります。私たちは、その時代にますます近づいていると言えます。

福音は、エルサレムからスタートして世界を一周し、今また「エルサレム」に向かいつつあります。そのような時代に、私たちは生かされているのです。

 

「兄弟たち。私はあなたがたに、ぜひこの奥義を知っていていただきたい。それは、あなたがたが自分で自分を賢いと思うことがないようにするためです。その奥義とは、イスラエル人一部かたくなになったのは異邦人の完成のなる時までであり、こうして、イスラエルはみな救われる、ということです」(ローマ人への手紙11:25〜26)

 

 

 

牧師の書斎 新しいひとりの人 イスラエル ユダヤ人 異邦人

 

 

 

牧師の書斎

http://meigata-bokushin.secret.jp/

 

「神の奥義」と「神のあわれみ」

http://meigata-bokushin.secret.jp/index.php?%E3%80%8C%E7%A5%9E%E3%81%AE%E5%A5%A5%E7%BE%A9%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%80%8C%E7%A5%9E%E3%81%AE%E3%81%82%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%BF%E3%80%8D

 

キリストの空中再臨と教会の携挙

http://meigata-bokushin.secret.jp/index.php?%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%81%AE%E7%A9%BA%E4%B8%AD%E5%86%8D%E8%87%A8%E3%81%A8%E6%95%99%E4%BC%9A%E3%81%AE%E6%90%BA%E6%8C%99

 

キリストの空中再臨と教会の携挙 (その二)

http://meigata-bokushin.secret.jp/index.php?%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%81%AE%E7%A9%BA%E4%B8%AD%E5%86%8D%E8%87%A8%E3%81%A8%E6%95%99%E4%BC%9A%E3%81%AE%E6%90%BA%E6%8C%99%20%28%E3%81%9D%E3%81%AE%E4%BA%8C%29

 

空中再臨についての教え

http://meigata-bokushinoshosai.info/index.php?%E7%A9%BA%E4%B8%AD%E5%86%8D%E8%87%A8%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%E3%81%AE%E6%95%99%E3%81%88

 

キリストの地上再臨前の大患難

http://meigata-bokushinoshosai.info/index.php?%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%81%AE%E5%9C%B0%E4%B8%8A%E5%86%8D%E8%87%A8%E5%89%8D%E3%81%AE%E5%A4%A7%E6%82%A3%E9%9B%A3

 

千年王国(メシア的王国)の必然性

http://meigata-bokushinoshosai.info/index.php?%E5%8D%83%E5%B9%B4%E7%8E%8B%E5%9B%BD%28%E3%83%A1%E3%82%B7%E3%82%A2%E7%9A%84%E7%8E%8B%E5%9B%BD%29%E3%81%AE%E5%BF%85%E7%84%B6%E6%80%A7

 

再臨と終末預言

http://meigata-bokushin.secret.jp/index.php?%E5%86%8D%E8%87%A8%E3%81%A8%E7%B5%82%E6%9C%AB%E9%A0%90%E8%A8%80

 

 

 

 

 

ハーベストタイム・ミニストリーズ

http://www.harvesttime.tv/

聖書入門.COM 初心者の方にわかりやすいサイトです

http://seishonyumon.com/

動画

https://subsplash.com/messagestation/top-page

信仰基準

http://harvesttime.tv/about/four-creeds/what-we-believe/

理念

http://seishonyumon.com/about/creeds/

福音の三要素

http://seishonyumon.com/video/3634/

携挙・大艱難時代・そしてユダヤ人の運命PDF

http://www.harvesttime.tv/assets/PDF/Seminars/Fruchtenbaum-2014-PretribulationalEvents.pdf

 

 

 

 

 

主とともにあゆむー高原剛一郎

http://blog.livedoor.jp/gt516/

東住吉キリスト集会  高原剛一郎動画

https://www.youtube.com/channel/UCisDMGzvCg7lSkxhlAMeTFg

聖書と福音 ラジオ

http://biblegospel.org/

 

 

 

 

 

サザエのお裾分け

http://osusowake.hatenablog.com/

大雑把な旧約聖書の内容

http://osusowake.hatenablog.com/entry/2013/04/15/%E3%80%9C%E5%A4%A7%E9%9B%91%E6%8A%8A%E3%81%AA%E6%97%A7%E7%B4%84%E8%81%96%E6%9B%B8%E3%81%AE%E5%86%85%E5%AE%B9%E3%80%9C

大雑把な新約聖書の内容

http://osusowake.hatenablog.com/entry/2013/04/17/%E5%A4%A7%E9%9B%91%E6%8A%8A%E3%81%AA%E6%96%B0%E7%B4%84%E8%81%96%E6%9B%B8%E3%81%AE%E5%86%85%E5%AE%B9

七つのディスペンセーション〜神のご計画〜http://osusowake.hatenablog.com/entry/2013/06/06/065303


イスラエルの祭りとキリストの関係

http://osusowake.hatenablog.com/entry/2014/01/13/004142

聖書の全体像・神様のご計画 創世記~黙示録

http://osusowake.hatenablog.com/entry/2015/09/22/182836

 

 

 

 

ビホールド・イスラエル  

聖書預言と現在について

https://www.youtube.com/channel/UCLcuvC6Mr63AqwiiXDkwRVQ

 

 

神さんの言うとおり

https://ameblo.jp/kinoshita-kotoba/

【私が「大患難前携挙」を信じる理由】by Nathan E. Jones

https://ameblo.jp/kinoshita-kotoba/entry-12315051273.html

 

 

DIVINE US

https://www.youtube.com/channel/UC87hMDfK4EP2CCxfsaWsvQA

 

信頼できるブログ一覧

https://ameblo.jp/hukuinn7/entry-12320869375.html

 

 

 

 

2018年2月25日 Pastor JD 神さんの言うとおり

 

上記のサイトより引用いたしました。

 

 

救いのABC

 

 

 

 

 

 

無料聖書アプリ

https://www.bible.com/ja/app

無料アプリですので、気軽に読めます。

聖書を買って読みたい方は
新改訳聖書がおすすめです。

 

 

旧約聖書の創世記から読んでください。

 

 

 

三位一体の神

 

 

福音を受け取るためには

聖書では、この世界の全てのもの、宇宙や、自然や植物、動物、そして人間、ありとあらゆるものは神である創造主が創造されたと書かれています。

この全てのものを創造したのが創造主であることを認識しないで人間が生き続けることを「的外れ」つまり「罪」であると書かれています。

そして人には神が皆さん一人、一人に備えた「良心」に反することも罪だと書かれています。

今までに創造主を認識し、一度も良心に反したことがないという方はいらっしゃるでしょうか?(この世に罪をおかしたことがない人は一人もいないと聖書に書かれています。)

私には、その罪があると認めることが救われる第一歩です。

 

そして聖書にあるとおり

イエスキリストが、わたしたちの罪のために死んだこと、そして墓に葬られたこと

三日目によみがえったこと、

ケパ(弟子のペテロ)に現れ、次に、十二人に現れたこと

つまり、創造主である神がイエスキリストを復活させたことを心から信じ、

イエスキリストが私の主であると口で告白すると救われます。

 

 

 

洗礼をしたから救われるのではなく、善行を積み重ねることで罪が赦され救われるのでもなく

(福音を得てイエスキリストに従順を示すために洗礼を行います。イエスキリストの十字架の死によって、皆さんの罪が赦されます。)

 

 

 

三位一体の神創造主、御子イエスキリスト、聖霊)に対して心で信じ、口で告白することで、誰でも、いつでも、どこでも、ひとりでも、一円も払わずに救われます。

 

 

 

イエスキリストが神であると心から信じた方は以下のとおり言ってください。

 

 


「イエスキリストは私の神です!」

 

 

今、声に出して言い表された方は救われました。

 

聖霊の働きがないと、心から口で言い表すことはできません。

 

神と共に永遠の天国に住むことを約束されました。

 

 

おめでとうございます!!!

 

 

(心を静めて、静かな部屋で、三位一体の神様がいると思って「イエスキリストは私の神です。」と口に出して言い表してください。 心から言い表すことができるのは神様の力が働いているからです。)

 

 

そもそも救われるとはどういうことか?

 

http://seishonyumon.com/question/428/

 

 

 

 

 三分で分かる聖書入門 全リスト

https://www.youtube.com/playlist?list=PLQ19z6ZsfJHyF4rAvDewELJHdSeUmMreS

 

 

 

 

 

 

 

コリント人への手紙第一 15章2節

この福音によって救われるのである。

わたしが最も大事なこととしてあなたがたに伝えたのは、わたし自身も受けたことであった。すなわちキリストが、聖書に書いてあるとおり、わたしたちの罪のために死んだこと、

そして葬られたこと、聖書に書いてあるとおり、三日目によみがえったこと、

ケパ(弟子のペテロ)に現れ、次に、十二人に現れたことである。

 

 

ローマ人への手紙10章9節

すなわち、自分の口で、イエスは主であると告白し、自分の心で、神が死人の中からイエスをよみがえらせたと信じるなら、あなたは救われる。

なぜなら、人は心に信じて義とされ、口で告白して救われるからである。

 

ローマ人への手紙10章13節

「主(イエス)の御名を呼び求める者は、すべて救われる」