10月10日水曜稽古





東北極真カップ大会も終わり

ようやく稽古も通常モードです。

これまで減らしていた基本もガッツリと


移動稽古は久々です。












最近稽古に来られなかったH君に昇級した帯を渡せました。





そして東北極真カップ大会、小学1年生組手で準優勝したトウタを改めて表彰(他のみんな、これを見て頑張れ)





一般部も含め、全員でミット。



試合前のビックミットと、今日のミット打ちでは何か違うのか?

という注意点を話しながら。

少年部終了。みんなで締めの正拳中段突き

体験のT君も今日は全メニューを一緒に頑張りました。

そして一般部と居残り少年部(毎回居残り少年部や居残り部隊ではカッコ悪いので何か新しく名前をつけないとな・・・。)

そうだ!某師範代に倣って「チャンピオンコース」とするか!

これでチャンピオンを育てなければならないプレッシャーは増しますが・・・。(汗)

一般部は黒帯のアッシー先輩に指導をお願いし

私は「居残り部隊」改め「チャンピオンコース」の指導です。






このチャンピオンコースでは、チャンピオンらしく難しい稽古を

まずは「止まらないで蹴ること」※威力アップ

あえて「バランスを取らないで蹴ること(ん~難しい)」※これも威力アップ

「インパクトの瞬間に脚を無反動化させること(これも難し~い)」※もちろん威力アップ

とても難しいので一部、「( ゚д゚)ポカーン」

チャンピオンになるためには( ゚д゚)ポカーンとしているヒマは無いのだよ諸君。


「100匹目の猿」のように

誰かが出来るようになることで、連鎖的に皆が出来るように

それまで難しい稽古も理解するまで根気よく続けるしかありませんな。

最後の最後に

約10年ぶりに昇級したTに帯を渡しました。
みんな拍手👏



これはこれで息の長い空手、生涯武道家、生涯の空手道

素晴らしいです。