ダウン症の告知から3年経って | 輝きたい人この指とまれ!

輝きたい人この指とまれ!

2018年11月1日フルーツタルト専門店『Gowdy 』をくだもの王国岡山にオープンさせました。
ダウン症の娘を育てながら働ける環境をと望んだ結果たどり着いた場所。同じ想いの女性の輝けるお手伝いができたらと日々ブログを書いています

先日カメラマンの楳谷奈美さんに依頼して
家族写真を撮っていただきました



出来上がりがとっても楽しみです♡
奈美さんのなちゅらる*フォトについては
こちらをご覧ください




奈美さんのお人柄はもちろん
奈美さんの写真がとっても好きです♡
飾らない透明感と自然体な写真
お子さんやママ、そしてその家族の姿を
そのまま写真にして残したい方にオススメ



子どものことが大好きでたまらない
そんなママには絶対オススメしたいです





家族写真を撮りたい。


娘の子育てや成長発達の不安
それから、息子たちとの関わりのバランス…
毎日の暮らしに一生懸命で
家族写真を撮ることなんて
考えていなかったのだけど




娘を産んで3年が経ち
娘もゆっくりだけれど
確実な成長が見られるようになりました




少しだけ心のゆとりができた私
けれど相変わらずドタバタな毎日で
子どもたちには我慢させることや
待たせることも多い
叱ることも多い




娘にハンディがある分
息子たちには厳しいことも沢山言っています




息子たちが大きくなった時
どんなことを思うか…不安でもあります




私や夫の愛情をそのまま
受け取ってもらえたらいいけれど
例えば娘の方が大事だとか
息子たちのことを考えてないだとか
反抗期を迎えた息子たちと
上手くコミュニケーションが取れなくなったとき
どんな風に感じてどんな風に大きくなっていくか
ちょっと心配もしているのです



不器用な私たち夫婦だけれど
愛情は沢山息子たちにも変わらず注いでいます




大人になった時に自分たちのことはもちろん
周りの人たちも助けていけるような
逞しい男の子になっていてほしい





あらゆる出来事に落ち着いて
穏やかに対処できる男の子になっていてほしい





やっぱり1番は元気で笑顔を絶やさず
毎日を楽しく過ごしてほしい




息子たちには色んな願いや想いがあります





そんな想いが届けられる写真を残せたら…





そんな風に思っています




娘を産んで3年
ダウン症の告知から3年




未来が真っ暗で涙ばかり流していた日々から
娘を受け入れ、明るく暮らせるようになりました




3年前の記事。
胸がキュッとなりました


3年後、こんなに穏やかに過ごせているなんて
思ってもいませんでした




こんなに沢山の方と出会えることも
想像もしていませんでした




この3年、とっても長くて苦しかったけど
頑張ってきてよかったと思うことが沢山あります







そしてまたここから


成長発達がとってもゆっくりな娘
今年に入ってやっと
母乳以外を口にしてくれるようになりました




お座りができるようになりました




最近は歩行器を使って
歩く練習もしています




娘の子育てを通して
まだまだ私も成長中




人として
母として…




そんな私の今
母としてどう映っているかな?
どんな写真が出来上がるかとっても楽しみ





今の私たち家族の形をそのままに。
今の私をそのままに。





そして子どもたちに『大好き♡』が
沢山届けられますように…




また写真が出来上がりましたら
皆さんにも見ていただけると嬉しいです