輝きたい人この指とまれ!

輝きたい人この指とまれ!

2018年11月1日フルーツタルト専門店『Gowdy 』をくだもの王国岡山にオープンさせました。
ダウン症の娘を育てながら働ける環境をと望んだ結果たどり着いた場所。同じ想いの女性の輝けるお手伝いができたらと日々ブログを書いています

ベル現在募集中のイベント情報



四つ葉3/2 岡山 タイムマネジメント手帳術セミナー ベーシック

     

四つ葉



四つ葉



四つ葉


広島のカメラマン さかもとなつこさん
岡山県倉敷市の美観地区で
ポートレート撮影をしていただきました!!!










終始リラックスして
仕事の話や子育ての話をしながら
共通の友人の話をしながら撮影が進みました










「まりちゃん緊張してる?」って聞かれて
「してない」って答える
この会話何回したかな…笑



なっちゃんの作品を見ていただきたいのですが
女性の柔らかさや、その人自身の魅力を
写真一枚に写し出すその腕前は圧巻です









私がなっちゃんに
どうしても撮ってもらいたかった写真。
なっちゃんになんだか恥ずかしくて
お願いできなくて…
最後の最後にお願いして撮ってもらった写真

今の娘と私の写真




2年前、初めてなっちゃんに
撮ってもらった写真があります


初めて娘が笑ってる所を撮ってもらった写真






なかなか成長しない娘に
心配したり、嘆いたり
病院にも何度も通い入院もしました


先生にも何人も加わっていただき診察を受けました


役所にも何度も足を運ばなければならず
それにも心が折れ
心無い言葉を言われ何度も泣きました



夫婦では想いの違いもあり、
衝突することも多くなり
離婚を考えたことも何度もあります


なっちゃんが
自分の気持ちを隠すことなく
心の中を正直にさらけ出しながら
まっすぐ前に進んでいるまりちゃんの姿に
たくさんのお母さんが勇気をもらっていると思います。


こんなメッセージを送ってくれました



ここ最近は挫けそうになることが多くて
自信をなくしていたので
このメッセージがとても嬉しくて泣きました



ハンディのある娘を育てながら
自分の生きたい人生を歩むことは
自分との闘いでもあります



「本当にこれでいいの?」と
自問自答を繰り返す日々



上手くいくこと、
楽なことばかりではありませんから…



挫折しそうになること
諦めそうになること
そんな場面はいくつもあります



こうして2年前の写真と今を比べてみて
改めて諦めなくてよかった
頑張ってきて良かったと思います



流した涙も人一倍だと思います
(私が涙脆いということは置いておいても 笑)



その分強くなれたかなと







女性が自分の人生を歩みたいと思った時
例えば子どもにハンディがあったとしても
例えばご自身にハンディがあったとしても
諦める必要はないということ


少しずつでいい
周りの誰かと比べる必要もなく
ただただ自分の気持ちに正直に
真っ直ぐ歩んでいいんだということを
私は私の生き方を通して伝えていけたらと
思っています


なっちゃんが撮影してくれた写真を眺めながら
なっちゃんとやりとりをしながら


娘とのこれまでの日々を思い出しながら
また気持ちを新たにしたところです


私を支え、応援してくださる皆様に
感謝の気持ちを忘れることなく
頂いたご恩を社会に還元していけるよう
頑張っていきます


カメラマンのさかもとなつこさんが
素敵にご紹介くださいました

プロフィールはもちろんポートレート撮影も
なっちゃんは全国で行なっていますので
お近くに来られる時には
ぜひ撮影をしてもらってくださいね!



なっちゃん♡
楽しい時間と素晴らしい写真を
どうもありがとうございました!



また娘と2人成長して
なっちゃんに撮影してもらえる日を楽しみに
またここから頑張ります♡









誕生日の朝は夢に母が出てきて
一生懸命頑張っている姿に
母の凄さ、偉大さを感じながら目覚めました





私の母については何度か
ブログでも触れていますが
とても厳しく育てられましたので
なかなか母の愛情を素直に受け入れられず
本当の意味で感謝出来るようになったのは
ここ最近のことです







本当は心を込めて
『生んでくれてありがとう』
そう直接伝えたかったけれど





なんだか恥ずかしくて伝えられず…





いつも通りの話をして
『お誕生日おめでとう』そう言ってくれた母に
『ありがとう』
そう返事をするのが精一杯でした







フルーツタルト専門店 Gowdy での仕事
お客様に提供するものは違いますが
母と同じような仕事
生き方を選び進んでいる私





かつて
母の生き方を否定し続けた私ですが
私が追い続けた後ろ姿
今は母が見ていたであろう光景を
目の前にして過ごしています





お店に来てくれるお客様を
家族同様に大切にしていた母





私はその心構えやお客様を迎える
そして送り出すときの作法と言いますか
《在り方》を母から懇々と教えられていました





その時は聞き流していたことも
今ではその大切さがよくわかります






誕生日の日
これからの目標や私の在り方
自分自身と向き合い決意も新たにしました





キーワードは
《覚悟と責任》





人生意図せずいろんな事が起こります
その流れに乗るのにはスピードが必要
なんとなく乗りこなしてきたけれど
これからは覚悟と責任を持って
背筋をピンと伸ばしてやっていかなくちゃなと



私にはダウン症の娘がいて
息子たちもいて
そのことを理由に
その《責任》という言葉から逃げていたし
《覚悟》もまだまだ足りていなかったなと






『あなただから大丈夫!』と
とても尊敬している取引先の方に
言っていただけて
とても嬉しかったのですが
それ以上にもっとちゃんとしなきゃと言いますか





色んなことから逃げている自分に
本来の私を私がもっと信用しなくちゃと
思って、決意も新たにしました





変化していく時って
とても怖いし
逃げたくなるけど
でもグッと堪えて
大ジャンプしなくてはと思います





私が選んだ人生
私が私であるためのこの道






両親、そしてご先祖様からいただいた
この生命や身体
大切に…そして大胆に





ウダウダ
フニャフニャ言ってる間に
1日1日過ぎていくし
歳を重ねるごとに1年1年が
猛スピードで過ぎていく




気がつけば可愛くて可愛くて仕方のなかった
次男がモンスター化しております




娘ももう少しでおすわりができるかもしれません



子供たちの成長と共に
私もこの1年はちょっと頑張ってみよう




今まで皆さんに温かく育てていただいたから
自分に厳しくなってみよう
そう誓った誕生日でした





今日は娘のうさぎクラブの日




どんな出会いがあるかな?
今日は泣かずにすむかな?私が…笑




それでは行ってきます!

 

明日は母の日

『ありがとうの気持ち』を何に込めますか?
 
 
フルーツタルト専門店Gowdy で
幸せのタルトをお届けしている山品真利です
 
 
 
 
 
Gowdy では母の日に
SaiSaiKa さんとコラボレートさせていただいて
とても可愛いプリザーブドフラワーの
プレゼントをご用意しました
 
 
 
 
アップルパイとリースのセットは
ご好評いただき限定20個が即完売し
少し追加で作っていただきましたが
そちらも完売いたしました
 
 
 
 
店頭販売している
《プチリース》と《お花コロンと》
こちらも人気で追加追加・・・と
当初の予定をはるかに超えて
50個の作品を制作してくださいました
 
 

 
プリザーブドフラワー (preserved flower) とは、
なまのお花を美しい姿で長時間保存することが出来るよう
専用の溶液で加工したお花です。
 生花のような柔らかな質感を、
生花よりも長く楽しんで頂けます。
SaiSaiKaさんのホームページより抜粋させていただきました
 

 

 

 

SaiSaiKaさんはとても丁寧にお花を扱われていて
加工するための溶液もこだわりを持っておられ
身体にも安全なものを使用されておられます
 
 
 
 
私も以前よりSaiSaiKaさんのファンでしたが
この度ご一緒にお仕事をさせていただき
深く関わらせていただき
なんて温かい方なのだろうと感激しております
 
 
 
 
そのお人柄は作品を見れば一目瞭然
母の日限定企画でGowdyに
SaiSaiKaさんのお花を飾らせていただき
店頭が華やかで温かい空気に包まれました
 
 
 

 
母の日のプレゼントにとたくさんのお客様に
Gowdyのタルトやケーキ、焼き菓子
そしてSaiSaiKaさんのお花を
選んでいただきました
 
 
 
 
お母さんを大切に思う
『ありがとう』の気持ちがいっぱい届くように
スタッフ一同心を込めて準備をしています
 
 
 
 
『ありがとう』の気持ち何に込めますか?
 
 
想いを形にするのはとても難しいなと
私個人的には感じています
 
 
 
特に
『ありがとう』や『大好き』の気持ちは
今一番に伝えたい人
伝える必要がある人には
恥ずかしかったり
当たり前になっていたりして
伝えられていないことの方が多いのではないでしょうか
 
 
 

だからこそお誕生日やイベントの日って
その気持ちを伝えるのに
とてもありがたい日だなと思います
 
 



私も母にプレゼントを用意しましたよ!
 
 

 
Gowdyのアップルパイとリースのセット♡
 
 

 
今年の私から母への『ありがとう』は
このセットに込めます
 
 
 
 
お母さん喜んでくれるといいな♡



皆さんは何を準備されましたか?





特別な物は何もなくてもいい。
あなたの笑顔と
『ありがとう』の気持ちがあれば
お母様はきっとそれだけで十分だと
思われているはずです




その気持ち何に込めますか?

私の知人の男性はお母様に旅行に行きたい!と
言われたそうで
旅行費をプレゼントするそう  
私も将来旅行のプレゼント欲しい!


 
 
明日沢山の『ありがとう』で
いっぱいになる日
 
 
 
 
もしかしたら天国にいらっしゃるかもしれない
闘病中の方もいらっしゃるかもしれない
大好きでいっぱいの方も…
疎遠になってしまったと言う方も…




状況は皆様それぞれだと思いますが
明日はお母様に感謝の気持ちを
ぜひ伝えてみてくださいね
 
 
 
 
あなたを命がけで
この世に誕生させてくれたお母様に
そして皆様が笑顔いっぱいの一日になるよう
願っております


 
 
私は明日は一日Gowdyで
大切なお客様のお越しをお待ちしております



********************

Gowdy  ガウディ

岡山市南区千鳥町26-10

086-261-7600

10:00-19:00

火曜定休

 






Gowdy のLINE @始まっています!





 
 
2年7ヶ月前にダウン症のある娘を授かりました




それから私の人生は真っ暗になり
枯れることなく涙を流し続け
絶望と悲しみの中にいました





あれから2年7ヶ月…





ダウン症のある娘との暮らしは
とても楽しく穏やかで





娘を産んだあの時の気持ちは
どこかに消えて無くなりました





もちろん悩んだり、悲しい気持ちになったり
心配したり、母親として自分はどうなんだろう?





そんなことも考えるけれど
それはきっとダウン症があってもなくても
変わらない母親の悩みや気持ちのように思います




『友達にまりさんを紹介していいですか?』
時々友人がそう話しかけてくれます




友人が、親戚の方が
ダウン症のある子を出産てね…
今ダウン症のある子を育てていてね…
私では十分理解してあげられないと思うから。と




私でよければぜひお話ししてみてね
そう伝えます




《ダウン症》と言っても
個性があってみんな違うし
ママの悩みも、思いも違うかもしれない
でもママの苦しみや悩みや思いには
共感することがきっとあると思うから




1つひとつ受け入れて
1つひとつ問題を解決して
前を向いて歩けれる
そんな暮らしが出来るということ





ダウン症があってもなくても
可愛い我が子に変わりはないこと




十分愛情を注いであげられない
可愛い♡と両手放しで思えなくても
大丈夫だということ




私を通して何か感じてもらえたら
とても嬉しいです




そして私が今1番考えていることは
日本ダウン症協会が出している

子育て手帳「+Happy しあわせのたね」

この子育て手帳を

ダウン症のある子を育てる全てのママに

届けられたらいいなと願っています




一歩一歩着実に。




私も娘と共に成長していきます




そして同じ境遇のママに

元気をいっぱい届けられるよう

私らしく娘との人生を楽しみますね♡










新しい時代の幕開け
《令和》がスタートしました!




新しい時代
私もまだまだ欲張りに
やりたいこと全部やろう!と
心に決めています


新しい取り組みに向けて
今もうスタートしています



形になるのは何年後か…




それはまだわからないけれど
いつか思い描いた夢を実現できそうで
そしてそれがきっと私の大切な方々にも
喜んでいただけるはず!と
ドキドキワクワクしています



なりたい未来は自分で創れる!!
そう豪語している私ですが
皆さんはどうですか?




そんなの無理だって思いますか?
それとも私にもできそう!って思いますか?





その方法があるなら知りたいですか?



そのためにとっても大切なことは
きちんとあなたの望みを口にすること
あなたのなりたい!を口にすることです




多くの方が謙遜したり遠慮したり
ちょっとしたことでさえ相手に伝えずにいたり




素敵な夢や目標があるのに
「できなかったら恥ずかしい…」と
何も言わないでいることがよくあります




口にするのは行動するための一歩であるし
口にすることであなたに必要な人、モノに
繋げてもらえるかもしれません




何より口にすることで
自分自身さらにそこに進んでいける





不思議だけど少しずつ近づいていきます





私はそうやって望む未来を掴んできました





欲があまりないと思っていたけど
すごい欲望の塊だって気がついて
自分でも驚いたけど
「こうなりたい!」「こうありたい!」
願望が強すぎる…




尊敬する方から
「まりさんはとっても優しいけどとっても強い」



そう言われて
強さを隠しているつもりだったけど
隠しきれてないんだなって
ちょっと恥ずかしくもあったけど…




でも
この強さも私が望む未来を掴んできた
秘訣かもしれません



自分が好きなことを諦めていませんか?
自分が本当に望んでいることに
蓋をしていませんか?




新しい時代の始まり
この機会に自分の人生も新しい一歩
新しい道に進んでみませんか?




とはいえ誰かに伝えるのって勇気がいること
すぐにできる人は今日からチャレンジを
ちょっと難しいかも…そんな人は
ノートに書いたり手帳に書いたり
自分自身に伝えるところから




自分を信じて
そして周りにいてくれるみんなを信じて
そして自分の未来を信じて




望む未来に一歩一歩近づいて行けますように





それでは新しい時代も
楽しく自分らしく歩んでいきましょうね♡




自分にないものを数えて
他の人が羨ましい
あの人も羨ましい
私だけ幸せになれない…
そんな悩みを抱えて生きてきました



悲劇のヒロインだった20代は
辛いことの方が多かったです



30代になり結婚もし
私なりの幸せを手にしてきました
息子2人を授かり
3人目は念願の娘を授かりました





でも…
あれほど願った娘の誕生は
また私にとって苦悩の始まり。




娘にダウン症があるとわかってから
また私の《幸せ》探しが始まりました





度重なる救急受診からの入院…





成長しない娘…





不安な気持ちと
虚しさと
悲しさと





「なんで私だけ…」という気持ちでいっぱいで
元気な女の子を見るのがすごく辛かった





そんな時期もありました







昨日は子供達を連れて公園へ





まだ行ったことのないところへ行こうと
初めて行く公園をみんなで散策して
走って笑って楽しい一日



温かい陽射しの中で
自然に触れ合って
笑って過ごす1日がとっても楽しくて




「幸せだな」って
そんな気持ちで胸がいっぱいになって




私は豊かな暮らしを
させてもらってるなと思ったんです




自分に《ない物》を数えて
自分ではない誰かを眺めては
羨ましかった20代は
本当に思考も若かったし
不幸せな生き方だったなと今になって感じます





あの頃描いた私の思う《幸せ》は
手にできてないんだけど





でも私はとっても幸せで
人としてとっても豊かな暮らしをしています




それは
《もうこれで充分》と思っている自分がいること




諦めではなく
心のそこから《有難い》と
湧き上がる感情があります





それは、
命があるということ
生きられるということ




ただそれだけが
喜びであり幸せであるということ





娘が身をもって教えてくれています


喜びも悲しみも
娘とともに…




幸せはいつもこの手の中にありました




これからもずっと





娘が教えてくれたこと。





忘れないように
書き留めておきます












ダウン症のある2歳の娘を育てています



一年前に書いたブログで
子育てのしずらさを書いていました
今でも感じることは変わりません



変わったことといえば
私が娘の育児に慣れたことと
娘が少しだけ成長してくれたこと





お座りも夢ではなくなってきました!!




何に困っているかというと
娘を連れて行けるところがないこと





娘の世界を広げてあげられないこと





私の娘の状況では
保育園にあずけるわけにもいかないので
私とともに過ごし
成長発達を促すため
月に3回の運動機能訓練と
嚥下訓練と
病院の先生の診察と…





気がつけば来年年少さんになる娘。





でも到底幼稚園は難しそうです





小学校は義務教育なので
どちらかの学校へお世話になると思いますが
わたしの娘は今後どう成長していくでしょうか?





それが楽しみでもあるわたしは
以前に比べ少し余裕も出てきたのだなと
自分自身に感心しています





以前のわたしなら
不安な気持ちを胸いっぱいにして
未来を想像していましたから…






それはきっと
手のかかる息子が
少しずつ少しずつ成長し
大きくなっていく姿を見せてくれるから





子どもは子どもなりに
成長していくんだという姿を
見せてもらい
わたしも一緒に成長させてもらってるから





他の障がいのあるお子様を
育てているみなさんは
どんな風に生活されていますか?





将来、未来、不安な気持ちいっぱいで
過ごされている方はいませんか?





《今》必要な援助をいただけていますか?





ママだけが辛い気持ちで
いっぱいになっていませんか?





わたしが心配するのはそのことばかりです





ハンディがあってもなくても
ママと子どもが笑っていられる社会に





今を楽しめる社会に





みんなが手を携えて
支え合える社会になりますように…






わたしにできることを
ただひたすらにコツコツと…





今日も娘のリハビリへ♡
それでは行ってきます!!











長男が小学校に入学し
私自身の生活もガラリと一変しました


結婚、妊娠、出産
そして子育てと女性の生活スタイルって
目まぐるしく変わっていきますね



自分自身の生活を通して
《女性として生きる》ことの
大変さを体験、体感しています



しみじみと
ワークライフバランスが重要だし
自分の置かれたその環境、その年齢で
人生の歩み方や生活の仕方
どんなバランスを取っていくのかを
考えていく必要があると
身をもって感じています



こちらの記事がわかりやすいかと
思いましたのでもしよければご覧ください


人生の中心はいつも自分に…

ワークライフバランスって
仕事と生活のことだけではなく
もっと大きな視点で考える必要があると
思っています



仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章の中で


仕事は、暮らしを支え、生きがいや喜びをもたらす。同時に、家事・育児、近隣との付き合いなどの生活も暮らしには欠かすことはできないものであり、その充実があってこそ、人生の生きがい、喜びは倍増する。(内閣府)

以上「仕事と生活の調和」推進サイトより抜粋



と定義づけていますが大前提として
人は幸せになるために生まれてきます
それぞれの家庭環境や経済状況、
健康状態、強み、性別、趣味、、、
それは誰1人として同じ人はおらず
《自分》を最大限に活かしてこそ
本当の幸せが得られると思います



上記のサイトでは
《仕事と暮らしの充実》が大切と言っていますが
本当にその通りで
人生100年と言われる今の時代
仕事だけ、◯◯だけよければ良い!
という世の中ではなくなってきました




情報が溢れ、私たちの選択肢はいくつもあり
本来なら何だってできる存在なのに
鎖に繋がれた象のように
自分にはどうにもできないことのように思えたり
自分の選択肢は「これ」しかないように思えてしまう




あれもこれも望むのは罪のように感じたり
隣の誰かを羨んで自分のことより
他人が気になってしまったり…




隣の誰かと比べて自分が劣っているように感じて
自分に失望してしまう…




時々自分の人生の中心に
自分を置けなくなってしまう
そんな経験をしている人も多いはずです



女性の人生はより柔軟に

女性の生活スタイルは
各ライフステージで変化が必要です



結婚、妊娠、出産、子育て中
子どもが巣立ってから…
そしてどこかに介護の必要な時期も入ってきます



私のように子どもに
介護が必要になることだって



イクメンも増え男性も
同じように言えるかもしれませんが
まだまだ社会の風潮は女性にその全ての負担を
負わせているように感じます




社会全体の取り組み方が変わることも必要
そして、それと同時にもっと女性の人生が
ライフスタイルがより柔軟に選択できるよう
各企業で努力も必要だと感じています




特に女性が必要とされる職業
例えば私の前職でもある看護師という仕事
能力のある先輩が妊娠、出産を機に退職しました
これは本当にもったいないことだと感じています




現に私も
看護師の仕事は大好きだけれど
実際私の望むスタイルで働ける環境はありません



これからを生きる女性にできること

私より若い女性はとても元気で可愛らしく
とても羨ましい!!



若いというそれだけで何だってできる!
そう思うんです



でもそれってボーッとしてちゃダメなんです
自分の望む未来、自分の生き方を
自分で考えデザインしていくこと



自分の人生は自分で創れる
私はいつもそう話しますが
これからの自分のなりたい未来を
ワクワクしながら想像して
それに向かって行動していくこと




仕事とプライベートを
キッチリ分ける人もいるかもしれない
私のように仕事もプライベートもわからないくらい
両方を同じように楽しむことだってできる
自分が望むライフスタイルを
自分で選んでいけばいいし
あくまでも自分の人生の中心に自分がいること




そうでなければ軸がグラグラになって
周りの環境や出来事で
人生全てが崩れてしまう




揺れて揺れて
とても苦しい人生になってしまうと思うんです



女性はいつまでも美しく!

私の夢は《母》になることでした
憧れだった《母》になれましたが
実際どうかというと手のかかる息子2人
そしてやっと授かった娘にはダウン症がありました




私の人生終わったと思いました





未来が全く見えなくなり
娘といっそ死んでしまった方が楽になれるのではないかと
こんなこと口にするのも娘に申し訳ないですが
当時の私はそんなことを考えてしまいました





私は母になって子どもたちに
色んな経験がさせてあげたかったんです





自然の素晴らしさや
遊びの面白さ
人の優しさや
生きる喜びを
私の子どもたちと一緒に感じたかった




それが私が母になりたかった理由です





そう思ったら息子が元気でいてくれること
娘を生むことが出来たこと
これ以上の幸せはないって気がつきました




わたしには私を支えてくれる
大切な人が沢山います
その方々に出会えたことが
何よりの喜びでもあり幸せです







あなたはどうですか?





あなたにとって幸せってなんですか?
これからどんな人生にしようと思っていますか?





笑っても1日
怒っても1日
喜んでも…
悲しんでも…




それなら笑って過ごす日が少しでも多くなるよう
自分で自分の人生を創っていきましょう




女性はいつまでも美しく笑顔で
同じ時間を過ごせたらとても嬉しいです




それではまた…
















岡山県赤磐市にある
こうちゃんのアトリエ
そしてお母様のゆきえさんが営む
ほっこり茶房にお邪魔しました



どうしても一緒に行きたかった
大切なお友達と一緒に…



ゆきえママとりんかさんに心温まる
おもてなしをしていただきました




ご近所さんから沢山の雛人形が集まっていて
この日はパンの日でおススメのパンを
お取り置きしてくださっていて
本当にほっこりさせていただきました




この日はこうちゃんこと
光志さんもいらっしゃる日で
絵を描いている傍ら
お友達とお喋りしたり
美味しいゆきえママの薬膳スープを
いただいたり…




とても贅沢な時間を過ごすことができました





私が初めてこうちゃんのアトリエと
ほっこり茶房に伺った時のブログ

私にとってこの場所は希望であり憧れの場所
こうちゃんの描く絵は心が洗われます




最近の絵がまた雰囲気が変わってきたと
ゆきえさんが仰っていましたが
また一段と優しい光に包まれたような絵に
変わっているように感じました






ゆきえさんのセンスが
思いきり表現された場所



そこに集う人々が
とても優しくゆったりと過ごされていて
一体感に包まれます




ゆきえさんはダウン症であるこうちゃんが
家族を繋いでくれていると仰っていましたが
私自身に置き換えても
本当にそうだと思うと同時に




ほっこり茶房に集まるみなさんも
繋いでくれる存在のように思います





毎週火曜日は必ず営業されていて
英会話の日や
歌のレッスンをされているそうです




これに参加してもしなくても
どちらでもほっこり茶房でゆっくり
過ごすことができます




その他の日は予約が必要とのこと




これから新しい展開もあるそうで
今から楽しみでなりません




そうそう。
私の大好きな子の写真も
とんぼ邸 ほっこり茶房さんのイベントで
撮ってもらった写真です♡




5/2にまたこのような楽しいイベントも
開催されるそう!!!




また遊びに行けるといいな^ ^




とんぼ邸 ほっこり茶房
営業時間 毎週火曜
               その他は予約が必要です
住所        岡山県赤磐市町苅田295-1
お問い合わせ  090-5707-5929




ゆきえママがいてくださってよかった
りんかさんに出会えてよかった




そしてこの日ご一緒できたお友達との出会いも
全てに感謝




ご縁をいただけて感謝です♡





娘2才6ヶ月と7日
なんと!!




ついに!!




お座り始めました!




先生が座らせてくれて
手足の位置もセットしてくれて
娘のおもちゃを目の前に置いて…と




かなりお膳立てあってのことですが笑い泣き




「お座りできたって言わないよね?!」と
夫婦で混乱していますがチュー






以前はガチガチにコルセットを巻かれて
座る姿勢をとっていたので




娘にしてはものすごい前進



これこれ笑い泣き



1才になってもお座りもできなくて
リハビリずっと頑張っていて



それでもずっとできなくて
2才になったらって思っていたけど
「2才でも難しいと思います」って
先生に言われてすごく悲しくて




表現できない悲しさに
ずっとずっと飲み込まれていました




娘の低緊張はとても重度なようで
もうお座りもできないかも
それでもいいやって




悲しいけど
辛いけど
一生このまでもいいって
そう思い始めました




そしたら前回のリハビリで
座る姿勢をとらせたら
なんだか普通に座ってる娘


先生が支えてくれてるって思ったら
「私何もしてないですよー笑」と先生笑い泣き




もう本当
ゆっくりもゆっくりで
どこで感動したらいいかわからないほど




これも長いこと座っていられませんが
今までは泣いて泣いて嫌がって
すぐ寝ころがろうとしていたのに
こうして笑顔まで見せてくれて…泣




娘にこんな日が来るなんて…





じわじわ感動を噛み締めています





娘の成長を見守ってくださる皆さんに感謝





そして
毎日娘をあやして笑わせて
娘を一緒に育ててくれている
Gowdy のスタッフのみんなに感謝します





そして私に日々優しさと強さを与えてくれ
最高の仲間を繋いでくれている娘にも







ありがとう








大好きです