2006-02-13

草原の家

テーマ:内モンゴル・フフホト生活
草原の家1
  <牛糞を乾燥>・・・牛くんありがとう!冬も安心。

 内モンゴルの草原の牧民は中国政府の政策によって定住させられています。海原のように広がる大草原も今では鉄の格子によって仕切られています。そして、仕切られた草原の使用権を与えられ、その限られた範囲で放牧を行っています。そんな狭い草原では移動に適したモンゴルゲルに住む必要はなく、レンガの家に住むのが一般的です。


  <草原の家>・・・テレビは10年ほど前から見られるようになった。

 まずは写真にあるアンテナ。2つあります。日本でもあるテレビ用のアンテナと、直径1mもありそうな大きなパラボナアンテナ。大きなパラボナアンテナは見た目どおり、衛生放送を見るための物なんですが、もう1つのアンテナはテレビ用ではありません。実は電話のアンテナなんです。電話のアンテナなんて見たことがありませんが、実際に固定電話につながっていました。でも、これも固定電話とはいいましたが、あのアンテナごと持ち歩けば携帯電話に変身!便利?

風力発電
  <風力発電>・・・しっかりテレビも映ります。 

 今回行ったような集落の場合は近くの町から電気も来ているので問題ありませんが、電気が来ていない家は風力発電を使います。思ったより小さいプロペラでしたがしっかり発電してくれているようでした。

 ガスはありませんので、調理、暖房に使う燃料は「牛糞」。牛糞をしっかり乾燥させれば火力のある燃料になります。さすがに炒め物はできないかと思っていましたが、全然火力に問題はありませんでしたし、火力の調整も下の写真のような鉄の輪をつけたり外したりすれば簡単に調整できました。

かまど2
  <暖房兼かまど>・・・鍋の中身は?カレー!草原の皆様にも好評でした。

 零下30℃もある寒い冬でも、牛糞だけで十分部屋が暖まります。朝部屋を暖めれば、牛糞の余熱と太陽の日差しで日中は暖房なしで過ごせるほど家の中は快適でした。
オンドル
  <オンドル>・・・寝床の下を暖気で暖めます。寒い夜も安心。
かまど
  <かまど>・・・ご飯なんかはこちらで。

 草原滞在で一番不安なこと。トイレとシャワー。見事にありませんでした!トイレは自由にということですが、それなりのルールはあるんじゃないかな??男の人が「小」をしているところは見掛けましたが、「大」をしているところには一度もあったことがありません。うむむ、どうして会わないのかな?
 観光地などには草原にもトイレはありますが、これがまたひどく汚く臭いです。それよりも草原で地平線を見ながらしたほうが気持ちいいです!ちょっと病みつき。

 シャワーは基本的に浴びません。夏はどうなのかわかりませんが、冬は乾燥しているし、体の油を落としたらそれこそ体に悪いんじゃないかという気もしました。でも、頭や足は時々洗うみたいでした。まぁ、入郷随俗(郷に入っては郷に随え)と言いますから経験しておきましょう。

 暖房や調理にフル活用した牛糞。草原にいる時はほぼ無臭なんだと思っていましたが、フフホトに帰ってみると体も衣服も牛糞の香り!せっかくですがきれいに洗い流しました。一週間ぶりのシャワーは、体の皮が一枚はがれたような感じがして、なぜか寒いような気もしたのでした。

☆ 過去の記事一覧はこちら ☆

AD
いいね!した人  |  コメント(32)  |  リブログ(0)
2006-01-26

フフホトの冬景色と花火

テーマ:内モンゴル・フフホト生活

フフホトの冬
  <フフホト の道はまっすぐ>

 昨年末が猛烈に寒かったせいか、1月に入ってもさほど寒いとは感じないフフホト 。日中の気温はせいぜい零下10℃くらい。日本では考えられない寒さかもしれませんが、実際には家の中も暖かく体が冷えないので、ダウンジャケットでも着ていればそれほど寒さは感じません。零下20℃近くなると寒さが全然違います。

冬のビリヤード屋
  <冬のビリヤード屋さん。お休み。>

 そんなフフホト では、どんなに寒くても道が凍結しても自転車に乗る人はたくさん。でも、さすがに路面状況は悪いので、転んでる人をよく見かけます。降雪の後に自転車が残したタイヤの跡は次の日に固まり、そこを走るとハンドルを取られて安全には運転できません。そんな中、自然とできた自転車の獣道(?)。みんな一列に並んで走っていく姿は、ちょっと不思議な光景です。
冬の自転車軍団
  <みんな仲良く一列>

 話は変わりますが、前回の記事で紹介した花火屋さんで面白い花火を発見しました。戦車花火です!!
戦車花火

あまりの可愛さに衝動買い。その晩さっそく試してみました。

 予想では前についている、大砲から火花が噴射されるのかと思い、シャッターチャンスを狙いつつ点火してみると、、

  「どひゅーーーーーーーーん!パラパラパラ・・・・・・」

 爆音とともに5mくらい勢い良く飛んで(走って?)行ったあと、大砲からパラパラパラと火花が。まさか後部にロケット花火が仕込まれていたとは・・・。あまりの速さに残念ながら戦車の勇姿はカメラに収めることはできませんでした。

戦車花火
  <写真が撮れなかったのでイメージ>

☆ 過去の記事一覧はこちら ☆
AD
いいね!した人  |  コメント(42)  |  リブログ(0)
2006-01-23

フフホトの正月準備

テーマ:内モンゴル・フフホト生活
対聯-03

みなさんもご存知かもしれませんが、こちら中国の正月は新暦の1月1日を祝うのではなく、旧暦の1月1日、今年で言えば1月29日です。旧暦の元旦は年によって変わるので、2月になったりもします。


そんな正月もいよいよ一週間前に迫ってきました!
街中で正月飾りが売られ、鮮やかな赤が街を彩っています。
売られている「対聯」は、玄関の扉に貼り、運気を招き入れるものです。


対聯-01 対聯
  <街角のお店>
倒福
  <正月飾り>

それから正月に欠かせない物といえば、爆竹花火
花火は日本では考えられないような大きな打ち上げ花火まであります。正直、危険なんですが、これを街中でドンパチやってくれないと、盛り上がらないのも確かです。けが人や死者も出るみたいですが・・。
新年を迎えてからだけではなく、一週間も前から花火や爆竹はなりはじめているので、これもまた正月の気分も盛り上げてくれています。

花火屋
  <花火屋さん>
花火
  <打ち上げ花火> 大きいのは2000円~3000円

爆竹
  <爆竹>  大きいのは2000円くらいかな。

食料品の買出しも大事。
安売りのスーパーでは豚肉10kg20kgを買っていきます。
たしかに正月は賑やかで華やかですが、その反面ひっそりした部分があります。
正月の一週間くらいはみんなそろって休んでしまうので、
スーパー、レストランも休業になり、閉ざされた街のように静まりかえります。
そんなわけで、大量に食料品も買い込んでおかなければなりません。

縁起の良い魚も正月にはかかせません!が・・・。買う??
魚
  <廃棄されてる感じな、お魚たち>
酸菜
  <酸菜-白菜の漬物>
調味料
  <香辛料>
鳥肉
  <売られて行く鶏たち>
豆腐
  <ほかほか豆腐>

さて、正月はフフホト から列車で12時間のシリンゴルの小さな町で
モンゴル人の友だちのお宅にお邪魔しようと思っているのですが、
まだ列車の切符を買っていません。駅は正月の民族大移動を目前に大混雑。
駅に行くだけでブルーになります。(ブルーになる理由はこちらの過去記事
切符の販売員も怖いし・・・。あーあ・・。

春運-01
  <切符を買う人々>

☆ 過去の記事一覧はこちら ☆
AD
いいね!した人  |  コメント(24)  |  リブログ(0)
2006-01-17

モンゴルゲル(パオ)買いませんか?

テーマ:内モンゴル・フフホト生活

モンゴルの草原と聞いて何を思い浮かべますか?
やっぱりゲル(パオ)を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

そんな憧れのモンゴルゲル、売っていました、スーパーに!
価格は130円(10元)。さっそく1つ買ってみました。

ゲル鍋

家に帰って開け見ると・・。
中身はインスタントしゃぶしゃぶセット。
内モンゴルの名物料理と言えば、羊肉のしゃぶしゃぶ(過去記事)
そのしゃぶしゃぶがモンゴルゲルの容器に入れてあるという、
なんとも粋なインスタントフード。お湯を注ぐだけ!

インスタント鍋セット ゲル鍋中身
内モンゴルのお土産なんかにも、ちょうどいいんじゃないでしょうか?
味のほうはまぁまぁかな?日本で食べたらおいしいかな・・・。
容器にも「麻辣」と書いてある通り、少し辛いので辛いのが苦手な人は
辛味を調整したほうがよさそうです。

苦菜茶
もう1つ見つけたモンゴルゲル
こちらはお茶、「苦菜茶」
苦菜は身体に良いと聞いていたのですが、味はかなり強烈です。
苦いというか、正直かなり美味しくない・・・。
何口か飲めばきっと病みつきになるに違いないと思って、
飲んでみましたが、飲めば飲むほど口に合わない感じだったので断念。。
健康のためなら飲むべき?


これは以前紹介した モンゴルゲルアイス90

ところで、本物のモンゴルゲルの値段を聞いてみたところ、
3万円から10万円くらいだそうです。大きさで値段が決まるそうです。

お土産にモンゴルゲルはいかが??


ちなみに「ゲル」はモンゴル語で「家」の意味で、
「パオ」は中国語から来ているモンゴルのテント型の家のこと。

☆ 過去の記事一覧はこちら ☆

いいね!した人  |  コメント(42)  |  リブログ(0)
2005-09-25

映画を100倍楽しむ

テーマ:内モンゴル・フフホト生活

今日は中国に来て初めて映画館に行ってきました!
入り口にたどり着くと、どどーんと大きな黒板!

中国映画看板

どうやら本日上映予定の映画は「世界之戦」
第二次世界大戦の映画かと思ったら、トムクルーズの「宇宙戦争」でした。
今回はチケットをもらえたので無料でしたが、一般8元(110円)、学生5元(60円)です。

入り口正面には「国際一流デジタル立体サラウンド映画館」と、
いかにも期待を裏切ってくれそうなうたい文句に期待は増すばかり。
中国の映画館

1日たったの2回の上映で、満席で座れないこともあるということで50分前に入館。
館内は異常なほど暗く、ちょっと怖くて歩けないような感じでドキドキワクワク。
客層は大学生が多く住む地域のせいか、若い学生ばっかり。
しかもほとんどがカップル。やたらイチャイチャ度の高い館内。
男一人、男友達だけではとても来てはいけない雰囲気でした。

開演は予定通り(?)10遅れのスタート。

映画も楽しかったんですが、それ以上に楽しませてくれたのは観客のみなさま。
登場人物が驚く場面があれば、一緒になって声を出して「きゃぁ~~~」と言い、
ビルが崩れそうなシーンでは「あ~~~~~!」と、感情をあらわにする彼ら。
地球人が宇宙人にめちゃめちゃにやられるシーンなんかは館内騒然!

それにしてもちょっと理解できなかったは、次のシーンでのみなさまの反応。

宇宙人の侵略を受け、街を抜け出した母親を探す今にも泣き出しそうな娘が、
母親を見つけられずに不安を隠しきれず、
「死んでしまったの!?」

と叫ぶと。観客のみなさまは、

「ぎゃはははははっ!!」

日本人なら絶対に笑うはずも無いシリアスなシーンでのこの大爆笑・・・。
宇宙人の侵略に混乱した人々が逃げ惑うシーンでもなぜか笑い声が・・・。

笑う場面はともかく、主人公や登場人物と一緒に驚いたり、安心したりと
心から楽しんでるみなさま。なんか羨ましくなりました。

「この俳優演技ヘタだなぁ」とか、「CGバレバレじゃん」なんて思いながら見るより、
せっかく見る映画を心から楽しめる彼らの方が得したに決まってます。
これはきっと映画の見方だけじゃなく、普段の生活も楽しんでいる
中国人だからこそできることなんだろうなぁ。
また1つ中国人のいいところを見たような気がします。

もし機会があれば、みなさんも中国で映画を見てみてくださいね!パンダ平泳ぎ
映画の楽しみ方がわかるかもしれませんよ?
特にホラー映画なんか楽しそうです!
(ちなみに今回の映画はばっちり中国語吹き替えでした)

☆ 過去の記事一覧はこちら ☆

いいね!した人  |  コメント(53)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。