不動産購入時によくある事 | 不動産工房★夢叶情報
新型コロナウイルスに関する情報について

不動産工房★夢叶情報

イベント情報やスタッフの日常を紹介♪

皆様ご無沙汰しております

 

不動産工房㈱の守安です

 

 

盆も明け、ワクチン接種も2回無事に終えました

 

 

 

 

 

下半期もコロナに負けず、心機一転頑張ります

 

 

 

さて今回は不動産購入時によくある事について

 

紹介させていただきます目

 

 

 

不動産購入をお考えの方は是非参考にして下さいませ

 

あなたも多分直面しますよ上差し

 

 

 

近年親離れできない子(成人)が増えているのは有名なお話ですが

 

子離れできていない親が多いのも現状、明らかではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

皆様結婚して、アパートで新婚生活を始め、子供ができて

 

アパートが手狭になり一軒家を探し始めますよねはてなマーク

 

 

そして希望を満たす物件と巡り合い、購入申し込みをされます合格

 

 

順当な人生ですよねグッ

 

 

そこで

 

 

大半の方がこのタイミングで、ご両親に不動産購入の報告をされますニコニコ

 

とても良い事と私も思います100点

 

ご両親からしても、家を買う事はお祝い話ですので

 

話の輪には入りたいですよねチューリップ

 

 

 

 

どの不動産会社でも建設会社でも

 

ご両親は大切に接してくれるはずです照れ

 

 

しかしあせる

 

 

残念な事に、ここで問題が頻繁に起きますびっくり

 

 

ご両親の購入の反対からの破談ダウンあせる

 

 

 

 

 

ほぼ全員の購入者の意見ですが・・・

 

ご両親に購入の報告をきちんとしているだけで

 

ご両親からの意見は求めていませんショボーン

 

 

当然に一大人として考えた結果を報告しているに過ぎません

 

 

一般的に親の返答は??

 

 

自分達でよく考えて、安心して住める家を買いなさい!!

 

ですよねOK

 

 

 

 

 

結婚している成人ですから、基本親が意見を言うのは

 

おかしい事ですうずまき

 

 

ましてや嫁に出した方の親が一方的に

 

破談に持ち込む事も少なくありません

 

このあたりでお気付きですか?

 

結婚って何だ?

 

間違いなく自立する事です

 

そして、親は新郎新婦を子供ではなく

 

大人として見る事になるのは当然です

 

 

しかしながら・・・残念なご両親多いですショボーン

 

 

人間の習性なのでしょうか?

 

 

家の購入の報告を、購入の相談と勘違いするご両親様

 

約半数以上おられます

 

購入のお話を耳にした時まずこう言ってしまいますもやもや

 

 

ちょっと待て、

エッ・・・

よく考えてから、

考え過ぎる位考えました

払っていけないだろ?

払えます

不動産に詳しい人に聞いてみるから

担当の不動産屋が一番詳しいです

 

とても残念な事ですが

 

ハッキリ言って親のコメント全部的を得ていませんガーン

 

<恒例の出来事>

 

①何故か反対する親は物件も見に来ません

 

②購入時の協力金もお祝いもありません

 

 

ここで一つ明らかに言える事があります

 

親が心の準備できていなかったんです

 

つまり親としてカッコつけて意見したけど

 

親が勝手に心配しているだけで、

 

子供からすると有難迷惑です

 

結果いい加減な結末となります

 

 

この部分は例外なくワンパターンです

 

何故か?

 

自分の発言が的確でなく、どう言って購入を

 

破談にもっていくか自信がないからです

 

 

営業マンと会ってほしいとお願いしても、会う必要はない!!

 

と言う親メチャクチャ多いです。この部分の親の心理は

 

自分の意見に自信がないからですゲホゲホ

 

恥をかきたくないから会いたくないのです汗

 

 

このタイプの親はどうにもなりませんあせる

 

 

残念ですがご自身の親の性格です

 

私達営業マンでは立ち入れない部分です

 

本人達で親の性格を理解して説得する以外方法はありませんショボーン

 

 

 

 

反対意見からの親の行動もワンパターンです

 

数年後家の購入まで進んだ場合も、ご両親は私達は知らない、

 

勝手にしなさい。

 

そして、何のお祝いも協力金もありません

 

経験上全てです。

 

経過の時間を失った詫びもありません

 

不思議な位ワンパターンです

 

注目!!

 

ちゃんとした親が反対する場合はアップ

必ず商談の同席をまず

最初に求めてこられますアップ

 

 

 

是非知っておいて下さいニコニコアップアップアップ

 

 

不思議と購入に賛成される親は祝いを包んでいます

 

 

この現象はセールスしていて不思議に思います照れ

 

 

 

 

 

反対意見があった場合、私は希望者には双方ときちんと

 

お話をしますので、残念ながら白黒はハッキリと付きます

 

 

正当な意見を私に述べ反対できたご両親は

 

約20年で一人もおられません

 

 

ハッキリ言ってあり得ない現実

 

 

大切な事ですが、当社はご両親の意見が適正と判断できれば、

 

当然に購入はあきらめていただくスタンスですグッド!

 

 

 

しかしながら話を無茶苦茶にしておいて

 

子供の年収を知らない親 約100%

 

住宅ローンの知識が全くない 約90%

 

ご両親とお話すると、ここに直ぐにぶつかります

 

このあたりで親の発言は崩壊します

 

話を理解する親 →取り越し苦労ニコニコ 5%

 

話を理解しない親→支離滅裂状態もやもや 95%

 

 

<質問>

 

普通に払っていけますね?

 

ではなぜ反対されたのですか?

 

 

<親の返答>

 

まだ子供だと思っていたので・・・約20%

 

気分だけでとにかく反対・購入は認めない・・・約50%

 

不動産屋さんと会うつもりもない・・・約30%

 

 

 

これが実際お仕事をさせて戴いた印象です

 

 

 

気持ちは理解できますが・・・・・・

 

結果・・親としては登場した手前・・いい加減ですよね

 

 

 

 

この時点では当然に購入者からすると想像もしなかった

 

展開となっていますよね

 

 

購入者は立派な大人であり、年配の両親の心配など不要なのです

 

 

失礼な表現ですが、支払いができない方は不動産屋さんも建築会社も

 

買主様に対してセールスも案内もしてくれませんあせる

 

 

趣旨は購入者はアパートが

 

手狭になったから、一軒家を

 

探しているだけです

 

 

購入者は縁起物ですので、

 

皆に認められ購入したいと万人が考えますお祝い

 

 

親の反対意見に対抗するような、熱い若者は滅多にいません

 

 

 

 

親は子供が結婚した後は心の準備をしておく事が

 

子供に対するマナーです上差し

 

 

お父様とお母さま

知っておいて下さい

 

当然な事ですが

 

 

結婚すれば子供ができ、家を買うのは当たり前です

 

 

 

ぼんやり生きるのではなく

 

将来起こる事の心の準備位

 

しておきましょう。

 

そして意見を言うのならば

 

まず、商談に同席しましょう

 

そして当然ですが

 

何故購入が今ではないのか?

 

明確に営業マンの前で

 

お話をしましょう

 

それもしない親は親として恰好悪いですし

 

営業マンも依頼者のニーズにお応えして

 

頑張ってお仕事をしています

 

何も悪い事はしていません

 

やっと物件が見つかった段階で

 

話を壊すのならば、親が営業マンに謝る位

 

するべきではないでしょうか?

 

そこまで気のまわるご両親は

 

残念ですが、お会いした事がありません

 

 

 

とても残念な事ですが

 

全国的に営業マンが不足しています

 

とても素敵なお仕事ですが

 

続きませんアセアセ

 

理由の一つには断られる時のマナーの悪さ

 

が上がっていますもやもや

 

気に入らない物を買う必要はありません

 

ただ、理不尽な断りを親がするバツレッドのは

 

営業マンも心が折れて当然です

 

お父様お母さまお気をつけ下さいませ

 

 

 

厳しいような文章ですが購入時、あなたも50%以上遭遇しますびっくり

 

不動産購入は物件を見る前に、ご両親の賛成をもらう事から

 

始めると気持ちの良い流れで購入できますよ目

 

 

参考にしてください

 

ではまたチョキ