父方・母方双方の曾祖父が宮大工の

カエルマタです。

 

10日(金)から始まった「魅力発見!広大バードウォッチング」。

ここでも紹介しているように、企画・展示を当館の学生スタッフ有志が担当しています。

 

 

ところで、なにゆえテーマが「鳥」かというと…

 

私が鳥好きということも理由のひとつにあるのですが、

 

①鳥のはく製・バードカービング(彫刻)など展示物をたくさん所蔵している(展示物が豊富)

②文理様々な専門を持った学生が、それぞれの得意分野を活かせるのでは

 

というようなことを考えた結果、「鳥」が最もやりやすいかなと思ったわけです。

 

ちなみに今回の学生の内訳は、こんな感じです

理学研究科(化石)・統合生命科学(植物、生物)・総合科学部(植物)・文学部(西洋史)・生物生産学部(1年生、まだ専門なし)

 

そして思惑通り?ことが進み、「歴史」・「形(骨)」・「形態」・「人との関わり」など、それぞれ得意、もしくは気になることを挙げ、それを上手く構成してくれました。

 

そしてうれしい誤算がひとつありました。

生物生産学部の1年生が参加してくれて、広大が誇る「日本鶏」の最新の研究成果(広大鶏)をこれに加えてくれたことです。

たまたま、1年生向けのオムニバスの授業で「日本鶏」の話を聞いたのがきっかけでした。

その後、先生を訪問し鶏舎の見学をしたことで興味が増したようで、資料提供など協力をしてもらいつつ、展示が完成したのです。

研究が加えられ、一気に展示に厚みが増しました。

 

そんなこんなで、出来上がった展示。

手前味噌かもしれませんが、素晴らしい出来映えだと思います。

 

是非、ご覧下さい!3月31日(火)までです!!