うたのすけです。


 

博物館にある海水水槽。

大きな魚たちに目がいきがちですが、実は、小さな魚たちが水槽の底で泳いでいるんです。

 

まずはこちら、アカオビシマハゼ。

白くてかわいいですね。

尻びれに赤い線が2本あるのが特徴の1つだそうです。


 

カメラを向けたら、正面を向いてくれました。

キメ顔(?)

 

アカオビシマハゼは、今は水槽に2匹います。

 

おや? 岩の隙間から姿を現したのは・・・

ナベカです。

こちらは体の色が黄色です。岩の陰から出てくるとすぐに分かります。

 

さてさて、次の魚です。

ヒメハゼ。

このヒメハゼは岩の陰に隠れていることが多く、餌をあげたとき以外はほとんど砂地に出てきてくれません。

しかも、体の色が水槽の砂に似ているので、見つけるのがなかなか大変です。

今日はたまたま砂地に出てきていました。ラッキーですね。

 

最後はツーショットで締めましょう。

 

仲良く暮らしているようで、なによりです。