Hirogの業務日誌―広島大学総合博物館

スタッフたちによる記録やつぶやき


テーマ:
ヨダレカケです。
土曜日に埋蔵文化財調査部門が中心となってフィールドナビを開催しました。この度のナビゲーターは同部門の石丸研究員です。サポートとして、西口、大近、佐藤、清水の体制で臨みました。

Hirogのウィンドブレーカーにカープのハットの出で立ちで、気合い十分、どこからですぐにナビゲーターが見つかります。


好天に恵まれ43名のご来場を頂きました。
まずは、鴻ノ巣南遺跡の説明です。住居跡を復元しています。

特別に中まで入ることができました。
水の排出や入り口の構造、住居のサイズや戸数など様々な質問がとびます。

実は、今回のフィールドナビに合わせて解説看板もリニューアルされていました。
内容が分かりやすくなっただけでなく、写真のなかにも随所に理解を助ける工夫を追加しています。参加者にはクリアファイルやエコバッグもプレゼントしました。


山中池南遺跡第1地点を経由して、第2地点へ、住居跡、須恵器の窯跡や製鉄場跡(下の写真)など、広大な敷地を遺跡公園として復元公開しています。奥に見えるのがキャンパスの建物です。このように大規模に復元整備している大学はあまりないようですので、「広島大学のお宝」ですね。

最後は、記念撮影して、博物館にのんびり移動しました。
春の陽気のなか、かつて居住した先人たちの生活に思いを馳せながら気持ちのよい時間がすぎていきました。個人的にはフィールドナビや企画展等でお話ししたことのなる方も多く嬉しく感じました。ご参加頂きました皆様、ありがとうございました。
スタッフもお疲れさまでした。

詳細は、埋蔵文化財調査部門のフェイスブックにも近日中にアップされると思います。是非、そちらもご覧下さい。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。