Hirogの業務日誌―広島大学総合博物館

スタッフたちによる記録やつぶやき


テーマ:
カエルマタです。

「御調八幡宮と三原市の文化財展」に行ってきました。

三原市の貴重な文化財である神像や仏像が一堂に会した見応えのある展示でした。

日頃は見ることができないものを見ることができるよい機会です。
やっぱり写真ではなく実物をみることが大切ですね。

会期は10月6日(日)までです。

時間のある方は是非、足を運んでみてください。

ところで、私が出かけた29日は、関連イベントとして講演会も開催されました。

講師は、文学研究科の三浦正幸先生です。

「三原の寺社建築」についての講演でした。

三原と言えば、仏通寺含暉院地蔵堂と宗光寺山門の二棟が国の重要文化財に指定されています。

これに妙正寺・御調八幡宮を加えたお話でした。

先生の語り口は相変わらず軽快で、建物と展示物の関連も随所に挿まれており、また展示をみたくなるように工夫されていました。
こういった話の仕方は、見習うべき点が多いです。

さて、今回の講演に出てきた4つの社寺。
私は、いずれも調査に少しばかり携わったことがあり、懐かしく感じました。




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。