Hirogの業務日誌―広島大学総合博物館

スタッフたちによる記録やつぶやき


テーマ:
お久しぶりのハニ丸です。
またもや台風が襲来して、大雨を降らせようとしています。
特に紀伊半島では土砂ダムの決壊が心配されています。
私には特に気にかかる毎日です。
というのは、実は十津川村はハニ丸の卒論のフィールドだからです。
近世末以降の村の変化の中に戦後の過疎を位置づけようとしてよく調べると、
不思議なことに明治期に多くの人が離村していたのです。
その理由が大水害だったというわけですが、大災害の後、
多くの人が村を後にして北海道に向かい、今の新十津川村をつくったんですね。
マスコミではまだとりあげていませんが、
同じ場所で同様のことが100年ちょっと前に起こっていたんです。
このときには新湖53箇所が形成だから、いかに大変だったか。
幸いにも、この大災害は吉野郡水災誌として大部な記録に残されました。
ハニ丸も学生時代にわくわくして読んだ覚えがありますが、
今は下記の「十津川水害と北海道移住」にも紹介されています。
津波といい、水害といい、災害を記録に残すことは大事ですね。

$Hirogの業務日誌―広島大学総合博物館
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。