英単語を覚えられなかった理由はHSS型HSPの特性につながっていた | 好奇心旺盛で傷つきやすい繊細なあなたの能力を紐解き、覚醒させる方法

好奇心旺盛で傷つきやすい繊細なあなたの能力を紐解き、覚醒させる方法

人口のたった6%しかいない!
好奇心旺盛で行動的なのに繊細で打たれ弱い複雑な性格を紐解き、もともと持っている能力を発揮させる研究家のブログです。

 

こんにちは~

 

 

人口のたった6%しかいない!!

好奇心旺盛で行動的なのに繊細で感動屋の複雑な性格を紐解き、
もともと持っている能力を発揮させる研究家流れ星

時田ひさこです。

 

 

単語を覚えるときに出てくるかくれ繊細さんの脳の癖

 

 

英語をもっとわかりたい。

使いこなせるようになりたい。

と思ったときに絶対に必要なのは単語力ですね。

 

 

私は大学受験を端折ってしまったので、
追い込みで単語力をつけることなくきてしまいました。

 

 

で、

ことあるごとに「単語力があったらなぁ」と嘆く人生だったわけで

このところ、「そうだ、、やはり単語力なくしては力が伸びない」と一念発起して、

アマゾンで必要な単語本を購入して、覚え始めました。

 

IMG_2417.jpg

 

 

やり始めると間もなく、

自分がなぜ単語が覚えられなかったのか?

がわかってきました。

 

 

そこには、

理由がふたつありました。

 

 

 

ひとつは「想像力」、

もうひとつは「直面を避けたかった」ということでした。

 

 

 

ひとつめの想像力とは、どういうことかというと、、

 

 

 

ある単語を見ると、

その単語の意味がすぐにポンと出てくる状態になっていない上に、

別のことがらがすぐに脳内に出てくるんです。

 

 

 

正しい意味ではなく、

別の言葉、あるいは別のイメージが湧き上がってきてしまうんです。

 

にも関わらず、

その別の単語との区別をしっかりつけていなかった。

 

 

 

たとえば、今日覚えようとした単語に

diverse

という単語があります。

 

 

 

発音は「ディヴァース」です。

 

 

 

私は、「ディヴァース」と脳内で発音したときに似た単語が出てきてしまう状態になっていました。

 

 

 

diverse と似た単語とは「devote」「devorce」です。

 

 

 

diverseを見た時、

「ああ、私は、devoteやdevorceと混同してしまうやつだった」と気づくことができれば、

最悪意味までわからなくても、かなり記憶し、理解が進んだ状態になっているということになるようでした。

 

 

 

ということを、単語を学びながらわかってきました。

 

 

 

 

つまり、混同してしまいそうな単語がある英単語を正しく習得するために

いくつかのステップを想定しておくとよさそう!

 

 

 

①なにを想像してしまうかを捉える (私の場合は、diverse(様々な)を見た時に、divorce(離婚)を想起してしまう)

 

②混同していることを前提に、

何と何を混同しているのかを明確にする。

ないように、diverse(様々な)を使った例文などを何個も読む、書く(これで、別物であるということを脳に伝える。手数が多く、何度も書いた方がしみこみやすい)

 

③翌日混同している単語が出てくるところまでできていれば区別はついている、ことになります。

diverse(様々な)を見た時に、「あ、これ、自分はdivorce(離婚)を想起してしまうやつだ」とわかるところまでできていればまずは良い。

 

④翌日以降、diverse(様々な)の意味をとれれば良い

 

のようなステップでした!

③までができれば、これまでの混乱した状態から這い出たことになり、脳内がすっきりします!!

 

 

 

 

ふたつめの理由である「直面を避けたかった」というのは、メンタルの扱い方の話です。

 

自分ができないことに直面したくないでしし、

こんな単語でさえ知らない、と思うのは恥ずかしいから恥ずかしいという感情にも直面したくないですし、

覚えなければならない事に直面したら、覚えるという過程が必要になってメンドクサイから

 

 

だから、

直面を避けようとして、

不得意なことを先送りして、

別の事(リスニングとか、文法を学ぶとか)を優先してきたとうことが、

英語学習を各段に劣勢にしてきていたんだろうと思われます。

 

 

 

 

ここでお話したのは単語学習についてですが、

人生全般にわたって、同じように避けていることはあると思います。

 

 

 

 

 

これを読まれている方の

なにかのご参考になれば幸いです。

 

 

 

では!!

 

 

 

 

 

まじかるクラウン

ありのままの自分で

生きるのが正しい!
それは、

あなたの思い込みです。
HSS型HSPには生きる知恵が必要です。

 

 

 

 

1書籍「その生きづらさ、『かくれ繊細さん』かもしれません」

 

HSS型HSPについて知りたいなら、まずは書籍から。

HSS型HSPについてまるごと一冊解説した日本で初めての書籍です。

 

 

 

2 自習型本流講座(講座学習はすぐにスタートできます。初回セッションは11月より!)

すぐに開始できる講座として自習型本流講座をご案内しております。

 

 

3回の個人セッションがついています。

個別対応なので、時田以外の人との交流は基本的には発生しません。

 

 

一生懸命生きているのに、

生きづらくてたまらない。

 

そんな自分はダメ人間なんじゃないか・・

と思っていませんか?

 

 

特殊な才能を持ち合わせて生まれてきたあなたが、

この世で能力を発揮しながら魂を燃やし続けて生きていくには、

その小さな感情の根本を丸ごと肯定することが必須条件だということに、

あなたはまだ気づいていません。

 

 

感受性が強く、思考が深く、周囲を観察し続けているHSPは、

人と同じに「そこそこで生きる」ことを目指しすぎてしまうからです。

 

 

ほんとは突き抜けた力があるのに、

人(非HSP)と同じに「そこそこうまくやろうとする」ばかりに、

あなたの良さを発揮できなくなってしまっているのです。

 

 

あなたの能力はいつも

無意識にしまいこまれてしまったままです。

 

 

この生きづらさから脱却するには、

ご自分の特性をまるごと理解し、

本来の両極端なあなたを認め始めることが不可欠です。

 

 

ところがその本来の両極端なあなたは無意識にあるため、

自分ひとりでは見つけることができません。

 


判断を誤り、見当違いなことをしてしまいがちなのです。

これまで、ご自身を掘り下げてきたとしたら、もしかしたらすでにかなり間違っているかもしれないのです。


時田のセッションを3回受けながら、HSS型HSPのブレをなくし、

ずどんと生きやすいあなたになる講座が自習型本流講座です。

 

 

これまでのべHSP7000人強のセッションを行ってきた実績があり、

あなたの真の課題を見極める力は確かです。

 


HSPのみなさん

もう、これ以上自分探しをするのは終わりにしましょう!!

 

IMG_0906.JPG

 

うまくいかないのは、人のせいだと思いやすい方には成果を出すのに時間がかかる場合があります。

それでも、変わりたいと願い、自分と向き合って頑張ろうと小さな一歩を踏み出そうとしている方はお声がけください。

 

HSPの必須条件は、公平性、貢献心があり、繊細で感受性豊かで傷つきやすい人のことです。

18歳以上男女問いません

 

 

詳しい説明は、こちらからハート