【セッション感想】ふてぶてしい人vsそそくさと通り過ぎる人 | 好奇心旺盛で傷つきやすい繊細なあなたの能力を紐解き、覚醒させる方法

好奇心旺盛で傷つきやすい繊細なあなたの能力を紐解き、覚醒させる方法

人口のたった6%しかいない!
好奇心旺盛で行動的なのに繊細で打たれ弱い複雑な性格を紐解き、もともと持っている能力を発揮させる研究家のブログです。


テーマ:

 

 


こんにちは~

 

 

 

3か月で傷つきやすい人の生きづらさ克服。
凹まなくなる、ぶれなくなる「ブレーん塾」の時田ひさ子です。
 

IMG_6881.JPG

 

共未さまから

感想いただきました!!

 

 

 

HSP、HSC というキーワードで検索してくださったそうです。

 

 

 

 

あまり緊張しないで受けられたようですし、

解決の糸口は見つかったようですよ!!

 

 

IMG_6910.jpg

 

 

まじかるクラウンセッションを受けてみてまじかるクラウン

 

私と息子がHSS型HSPなのかどうか迷っていましたので、

これでいいのだと思う事ができました。

 

 

時田さんですら

私の発言に迷われていたので、

やっぱり私は少数派で

言葉選びには気をつけなければ、、

と再認識しました。

 

息子と二人で、理解し合えるような気がします。

IMG_6911.jpg

 

 

私には、息子が三人おります。

 

 

 

三男は、小学4年になるところですが、

今日、「ふてぶてしい人」について話をしました。

 

 

 

車を駐車場から出そうとしたときのことです。

 

 

 

一般道に出すときに、

歩道をまたぐんです。

 

 

 

 

そのとき、

続けて二人の方が通りました。

 

 

 

 

わたしは運転していたので、

お二人が歩いて通られるのを、

ハンドルを握りながら見ていたんですね。

 

 

 

 

そしたら、そのお二人がとても対照的だったんです。

 

 

 

 

おひとりは、

男性だったのですが、

会釈をしながら、そそくさと通り抜けようとされ、

 

 

 

 

もうお一人は、

若い女性だったのですが、

目線もこちらに向けずに

歩く速度も変えずに通りました。

 

 

 

 

いいんですよ、もちろん。

歩行者優先ですから、それで。

 

 

 

 

でも、その人たちの生きる態度の違いについて、

三男と話題にすることができるんです。

 

 

 

 

私も、三男も、前者の行動をとります。

 

 

 

 

 

車を待たせていることは、

歩行者の権利ではあるけれど、

「待たせている」ということに敬意を表したいわけです。

そして、

「悪いから、早く通るね」と思いながら、

相手の目線でそうしてほしいだろうなと思う行動を選択します。

 

 

 

 

 

この話は、

後者タイプのひととはまったく話になりません。

 

 

 

 

 

仮に後者タイプの人にこの手の話題を振ったとしても、

興味を持ってもらえないのです。

 

 

 

 

 

もろにスルーされるか、

あからさまにつまらない顔をされます(笑)

 

 

 

 

 

次男に話す話題は、こういうのじゃないです(笑)

 

 

 

 

 

話が通じるって、同じ視点を共有できるときに感じる感覚で、

ふてぶてしい人について話せる家族がいるって、

とてもすくわれるんです。

 

 

 

 

共未さんは、

息子さんがHSCです。

 

 

 

 

おそらく、

ご自身の言葉選びに注意を払っていただければ、

こうした関係性を作ることが可能なのだと思います。

 

 

 

 

 

息子さんとの楽しい未来のためにも

たくさんの気づきを得ていただきたいですね。

 

 

 

 

 

共未さんから

このセッションはどんなセッションですか?と聞かれたら

こう答えるという言葉をいただいております。

 

 

 


HSPの悩みの糸口がみつけやすくなるセッションです。

 

 

 

 

下矢印下矢印下矢印下矢印


まじかるクラウン1対1 個人セッションまじかるクラウン

 

人の意見に左右されすぎて、

どうしていいかわからなくなっていませんか?

 

 

特殊な才能を持ち合わせて生まれてきたあなたが、

この世で能力を発揮しながら魂を燃やし続けて生きていくには、

その小さな感情の根本を丸ごと肯定することが必須条件だということに、

あなたはまだ気づいていません。

 

 

感受性が強く、思考が深く、周囲を観察し続けているHSPは、

人と同じに「そこそこで生きる」ことを目指しすぎてしまうからです。

 

 

ほんとは突き抜けた力があるのに、

人(非HSP)と同じに「そこそこうまくやろうとする」ばかりに、

あなたの良さを発揮できなくなってしまっているのです。

 

 

あなたの能力はいつも

無意識にしまいこまれてしまったままです。

 

 

この生きづらさから脱却するには、

ご自分の特性をまるごと理解し、

本来の両極端なあなたを認め始めることが不可欠です。

 

 

ところがその本来の両極端なあなたは無意識にあるため、

自分ひとりでは見つけることができません。

 


判断を誤り、見当違いなことをしてしまいがちなのです。

これまで、ご自身を掘り下げてきたとしたら、もしかしたらすでにかなり間違っているかもしれないのです。



時田の掘り下げを体験していただけるのがこの「HSP1対1セッション」です。

 

 

これまでHSP500人以上のセッションを行ってきた実績があり、

あなたの真の課題を見極める力は確かです。

 

 

もう、これ以上自分探しをするのは終わりにしましょう!!

IMG_2679.JPG

同じHSP/HSSの質を持っているにもかかわらず、そこには様々な性格の方が存在しております。

時田の力不足もあり、これまで結果的にあまりお役に立てなかったと思う方もいらっしゃいます。

 

精神的な病気をお持ちの方は、時田があまり深くまで掘り下げられない可能性が高いため、
精神的に掘り下げられることに耐えられない可能性のある方の場合は事前にご相談いただけると助かります。

ですが、「自分はメンタル弱い」ということを信じ込みすぎている方もいらっしゃいますから、自己判断が難しいところなのですが。
基本的には、

照れ 変わりたいと願い自分と向き合って頑張ろうと小さな一歩を踏み出そうとしている方

のお力になれると思います。
覚悟をもって(笑)飛び込んできていただければと思います。
本流講座を口頭でお勧めするようなことはありません。


HSPの必須条件は、公平性、貢献心があり、繊細で感受性豊かで傷つきやすい人のことです。

18歳以上男女問いません

1対1個人セッションは90分でHSP限定、守秘義務は守ります。

本流講座への営業は致しません。

 

 

 

 

 

 

好奇心旺盛で傷つきやすい繊細なあなたの能力を覚醒させる研究家さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ