先日のなぜ? | クラウドに夢を発信する社長のブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

クラウドに夢を発信する社長のブログ

雲中に情報が詰まってます。

日本は2月から感染者が現れその後、満員電車で通勤。
インフルエンザでも同じと思いますが、ある程度は感染が拡大していることは容易に判断できます。
となると、日本はイタリア・アメリカなど感染が拡大している国より早く感染爆発が起きているはず。
でも、起きてない。死んでない。
なぜ?

 

今の現状を理解するには下記の情報が信頼できるかも。

確実な情報ではないので参考程度に。

 

日本株のBCG tokyo172-1を使っている国(日本、台湾、タイ、イラク)での死亡者が100人未満。

 

BCGワクチンによって日本人は感染しても発症しない可能性が否定できない?


10年以上前の論文でもBCGワクチンは肺炎に効果が有ると発表されている。

 

ただし、今の新型コロナには使えない可能性大。
ワクチンの製造(培養)には半年以上の時間が掛かる。
BCGワクチン生産はは出生人数に合わせて計画生産しているの(年間120万程度)でコロナで在庫を使ってしまうと本来結核予防で接種する予定の子供に接種出来なくなると、本末転倒。
とは言え日本人はほとんどBCG tokyo172-1を接種している。

なぜの答え?

だといいですね!

(1951年、結核予防法が施行となり、法律による経皮接種が開始され。)

 

こんな記事も。(2020/04/11)

久米宏『新型コロナ』の予防にはBCG接種が効果的?かつての”戦友”や山中教授も”注目”…「信頼できない話ではない」