間抜けな顔した高級魚 | 「自称:家庭料理のプロ」田中浩史

「自称:家庭料理のプロ」田中浩史

プロの料理と家庭料理の違いを始め、
献立を考えるときに役に立つ知識や、
大切な人の食事を作る時に気をつけないといけないことなど、
食全般についての情報を発信していきます!!

突然ですが、この魚を知っていますか?


家庭料理のプロ田中浩志

間抜けで、

力の抜けるような顔をしていると思いませんかwww



こんな顔してるくせに、

実は高級魚として有名な魚なのです!!



紹介が遅れましたが、

画像の魚はほうぼうといいます



白身魚にしては脂がのっていて、

淡白だがコクのある旨みが特徴です。



この魚の特徴は、


活きている時は全身が茶褐色ですが、


死ぬと華やかな赤になり徐々に色あせてきます。


買うときは赤が鮮やかなものを選びましょう。



ほうぼうの料理をする際の特徴として、

どんな調理法にも合うということがあります。


煮て良し、焼いて良し、揚げて良し、刺身でも美味しいと


どんなことをしてもおいしくいただけます。



ということで、


今回はあえてほうぼうのあらを使って作る、


ほうぼうの潮汁を紹介します。
※潮汁とは出しを使わずに、

魚介を水から煮だし、酒と塩で味を整える椀のこと。



【ほうぼうの潮汁】
■材料(2人分)
ほうぼうのあら 1匹分
みつば     2本
柚子の皮    適量
塩       小さじ1/2杯
料理酒     大さじ1杯



■作り方
(1)お湯を沸かし、沸騰したらほうぼうのあらにかける。

  5秒~10秒ほどお湯に浸けたのち、水で洗う。
※この作業をしも降りと言い、あらについている汚れや、臭みを取る効果がある。



(2)(1)を鍋に入れ、あらが完全に浸かるぐらい水を入れる。



(3)(2)を強火にかけ、鍋はだがぐつぐつしてきたら弱火に変え、あくを取る。



(4)弱火のまま10分程火にかけたら、一度あらを取りだし、

  塩、料理酒をあらが入っていた鍋に入れ味を調える。



(5)みつばを切っておき、お椀にみつばとあらを入れる。
※和食において、椀物は汁を入れる前に、

  具をお椀に入れておき、最後に汁を注ぐようにする。



(6)(4)を(5)に入れ、最後に柚子の皮を入れて完成です。



家庭料理のプロ田中浩志


ほうぼうは身を食べるだけでなく、


あらを使った汁物もおいしいので、


丸々一匹買ってきたなら、


余すことなく食べてあげてください。


どの部分もおいしくいただけます(●^o^●)