最近五反田が気になっている | 風雲ケータイおじさんの日記
2009-07-08 08:28:22

最近五反田が気になっている

テーマ:読書

最近、五反田の街が気になっている。

これはひとえに会社が目黒の中目黒寄りから不動前寄りに引っ越したことによるんだが、本屋が充実していることと坂を上らなくても良いことで、帰り道五反田に寄り道する日が増えている。

その五反田で先日買った本、

『東京「進化」論 伸びる街・変わる街・儲かる街』(増田悦佐著、朝日新書、780円+税)
風雲ケータイおじさんの日記-090708_0041~0001.jpg

読んでいて具体的にわかるのは山手地区だけだが、この不況下においても東京の街は動いていて、その実感を交えて書評してみようと思う。

まずこの本の第2章に『時代は「派手街」から「地味街」へ』とある。

これは、渋谷や新宿のような巨大な繁華街で構成されている街は、意外にスーパーなどの「生活インフラ」がや不十分である事が多く、実際に住む場合は、隣の各駅停車しか止まらない「地味」な街の方がベストということ。

同じ事はオフィス街や高級住宅街にもいえる。あんな夜中にコンビニひとつ無い場所は住みにくくて仕方がない。

生活実感として、目黒周辺でもこの手の街が元気である。

地名を上げるなら「武蔵小山」「戸越銀座」。

この不況下、地方ならシャッター通り化しそうな商店街に新陳

目黒駅は品川区さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス