こんにちはー




コロナより花粉症に悩む大学生です。




もう、目が開かない…




外に出たくない…




と、いうことで秋の終わりから少しづつやっていた
オーバーホールの最終章!



今回は全てのパーツをバラバラにしますが、

ラインローラーやハンドル、シャフトの注油などは

簡単にできるのでチャレンジしてみましょう!



というわけで、









最後の一台は〜







アオリスタbb C3000



普段はヤエンに、

たまに泳がせ釣りなどに使っています。




ただでさえ置きっぱなしの釣りなので、

こまめに手入れしてやらないととんでもないことに…



1万円を切る価格のリールですがオーバーホール、

パーツ交換などで長くお世話になっています^_^



安い機種で、防水性能が低いので

オーバーホールをしない方は是非もっと良い物を

お勧めします!






さて、リアドラグということで少し開け方が特殊です。







こんな感じのパーツを作る必要があります。


工具でこんな感じのものがあればそちらの方が良いです



で、リアドラグの凹んでいるところに挟んで、




キャップをくるっとまわすと、





下のパーツを残して上のキャップだけが取れます



ここまでできればあとは普段通りに


/バラバラー\




ドラグを使うリールなので音出しピンやバネには

特に注意ですね




パーツクリーナーと歯ブラシでゴシゴシ。




ばらした順で組み立てて終わりです。



メインギアとシャフトのベアリングば次回交換かなー









というわけで今回はここまで
( ・∇・)





全部をバラバラにしなくなくても簡単な注油などは

できるので是非お手持ちのリールを

お手入れしてあげて下さいm(__)m





















あーやっと全部終わった〜٩( ᐛ )و


ありとあらゆる釣りに手を出した
ツケが回ってきた感じです笑




メーカーに出せば楽なのですが、

昔から機械をバラすのが好きだった
(バラすだけ)

ので、寧ろオーバーホールの時間は至高の時間

でもありますねー笑






明日はロッドのスレッド巻かなきゃ…




どんなデザインにしようかな♪



楽しみです(о´∀`о)