鳩山由紀夫首相は4日朝、資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で告発されていた民主党の小沢一郎幹事長について「検察の聴取も受け、かなり説明した。記者会見も何度も行った。本人としては説明責任を果たしている。ただ、国民がどこまで理解するかは当然、いろいろある」と述べ、説明責任は果たしたとの認識を示した。首相公邸前で記者団に答えた。

 さらに、首相は「これからも必要が生じれば、説明されるんじゃないか」との見通しを示した上で、「基本的には本人の問題だから本人からの説明が基本になるが、党として何かやるべきことがあればと思う」と語った。

【関連記事】
小沢幹事長 国民が納得できる処分を
小沢氏側に献金448万円 悪質訪問販売で業務停止の業者
石川容疑者らの供述変遷 「保身」から転換? 4億円不記載事件 
小沢氏不起訴へ 嫌疑不十分、政治資金収支報告書への4億円不記載
小沢氏関与の程度は? 上級庁と最終協議へ

山口大、大学院教授を告訴へ=「預け」で1億3000万詐欺容疑(時事通信)
両陛下、メキシコ大統領夫妻と会見(時事通信)
午後の閣議、陛下の執務に影響…夜に決裁(読売新聞)
首相、小沢氏の幹事長続投は「この段階で至極自然」(産経新聞)
和辻哲郎文化賞に今橋、互の2氏(時事通信)