あなたは幸せに気をつけてますか?

なんて聞かれたら、えっ?て感じですよねてへぺろ

 

 

この前氣功の学びの場で知った言葉なのですが

あるようでないような、少し不思議な言葉です。

 

 

幸せなことが前提にある

 

 

この場合の「幸せ」とは

 体が調子いいとか

 明るい気分でいるとか

 生活に困らないだけの環境で暮らしているとか

何気ない日常の中にあることなのです。

 

 

こんな幸せなら、誰でも感じていますよね。

 

 

「健康に気をつける」みたいに「幸せに気をつける」

幸せであることを前提にしています。

 

 

体のどこかに痛みがあれば軽いうちに改善し

気持ちが揺れ動くような時には整えて元に戻すようにする。

 

 

というように、幸せな状態を維持する努力をします。

 

 

何かを達成すれば幸せになれるのではなくて、常に身近なところにあるもの。

大事なのは、それに気付けるかどうかなのかもしれません。

 

 

ショートステイの期限ギリギリに転居

 

車椅子生活になってしまった叔母。
介護施設のショートステイを利用している間に、次の施設探しをしていました。
 
 
今回も、担当のケアマネージャーさんの橋渡しで施設紹介所を世話していただき
ようやく転居にこぎつけましたアセアセ
 
 
少しでも早く、自分の部屋と言える場所で安心して暮らしてほしい
その一心で可能な限り早め早めに動きましたが、簡単にはいかないものです。
 
 
施設見学から本人の入所までひと月近くもかかってしまいました。
 
 
施設見学→入所申込み→かかりつけ医での健康診断→診断書と紹介状提出→現施設での実態調査→会議→入所決定→本契約→ケアプラン作成→介護用品導入→入所
 
 
アパートを決めるようなわけにはいかないですねタラー
ショートステイの期限ギリギリ最終日に移動できてほっとしました照れ
 

 

地縁、血縁、仏縁、奇縁に繋がれて

 

今度の新しい施設の決め手は所在地!笑
24時間介護ケア付き、部屋での看取りも可能である施設候補の中から
叔母が唯一気に入ったのが
若い頃からの生活圏内にある介護付き有料老人ホームでした。
 
 
自由に外出できるわけではないけど(というか、コロナ禍で外出禁止です)
その地域にいるということが安心感につながるなら、と賛成しました。
土地の縁、地縁ですね。
 
 
洗濯を済ませた真新しいパジャマや肌着など。
一枚一枚にひらがなで叔母の名前を書きながら、ほのぼのとした気持ちになりましたピンクハート
 
 
新しい環境に慣れて、笑顔で過ごしてくれるようにと願うばかり。
 
 
つくづく思うことがあります。
今わたしがお世話している人は、前世でわたしがお世話してもらった人かもしれない。
そのお返しをさせていただいているんだ、と。
 
 
母とわたしの関係
母の妹である叔母とわたしの関係。
特別な縁なのだと理解してみれば
深く関わることになったお役目にも納得がいくのでした。
 
 
現世の血縁だけではない前世からの繋がり、仏縁
そして、わたしの人生の転機にもなる奇縁に繋がっていったのです。
 
 
奇縁とは、自分では選ぶことができない突如訪れる人生の転機になる人やモノのこと。決して悪い縁ではありません。
 
 
典型的な長女の母と次女の叔母。
あまりに異なる二人の性格を面白がりながら、これからも見守っていこうと思います。
幸せに気をつけながら。
 
 
 

在宅で介護している母には妹がいて、施設に入っています。

施設とはいえ鍵のかかる完全個室で

マンションかホテルの1室を借りて住んでいる感じです。

 

 

種別でいうと『サービス付き高齢者向け住宅』というそうです。

そのおばが急遽、そこを出なければいけなくなりました。

 

 

施設から言われた「うちではお世話できません」

 

 
理由は、施設側から出ていくように言われたからです。
 
 

若い頃はスポーツや温泉旅行を楽しむ活発なおばでしたが

ここ数年は「足が痛くて歩くのが辛い」状態。

 

 

移動のお供は、杖から歩行器に変わり

外出先では車椅子に乗っていました。

 

 

整体とリハビリを続けても一向に良くならず

病院を受診したところ、もう歩かないようにという診断。

 

 

すると、施設側から「うちではお世話できないのですぐに移ってください」

と言われてしまったのです。

 

 

急な展開に気持ちが追いつかず本人が混乱

 

「あと1日だけ居させてください」と懇願するおばの言葉は聞き入れてもらえず

診断の翌日にはショートステイ先への移動となりました。

 

 

ショートステイが終わっても、今までの部屋に帰ることはできないのです。

今度は、介護付きの老人ホームを探さなければなりません。

 

 

「もう歩いてはいけません」と言われ

「出て行ってください」と言われ

「別の施設でショートステイしましょう」と言われ・・・

急な展開に、本人はどんなに混乱していることでしょう。

 

 

気持ちの整理がつかずにいると思うと、かわいそうで仕方ない。

ショートステイ先へ持っていく荷物の準備を手伝いながら

二人で少し昔話をしました。

 

 

「なんで私ばかりこうなっちゃうんだろうね」と悲しむおばですが

共有できる楽しい思い出があるのは幸いです。

 

 

老いは、今をどう生きるかにつながっている

 

image

 

施設ごとに特性があり、出来ることと出来ないことがあるのは理解できますし

今回の対応がひどいと言うつもりはありません。
 
 
ただ、それとは別に
「ああ、こんなに簡単に環境って変わらざるを得ないんだな」と
寂しくも感じるのでした。
 
 
見晴らしが良い部屋、お風呂もトイレも個別にある部屋、3食賄い付の綺麗で明るい施設。
 
 
吟味して選んだ場所も、終の住処にはなり得ないという現実を突きつけられて
わたし自身様々なことを考える機会になりました。
 
 
老いていくことを考えるのは
今をどう生きるか
につながってきますね。
 
 

 

プレゼントのリボンのように使える水引ふんわりリボン

メッセージカードのワンポイントにしても可愛い水引ぽってりフラワー

 

 

水引の飾り結びを使ってみませんか?

Kasaneオリジナル水引ワークショップのご案内です。

 

 

ワークショップの内容はこちら

 

 

『水引とパステルアート クリスマス編』

 

内容:2種類の飾り結びをマスター。

   水引とパステルアートの融合で、クリスマスの立体アート作品を製作しましょうルンルン

   キラリキラキラ天然石高品質水晶付き。

 

 

日にち:下記日程よりお選び下さい。

    

    11月1日(日)

    11月15日(日)

    11月22日(日)

    11月29日(日)

 

 

時間:約2時間

   ご希望の開始時刻を13時〜15時の間で承ります。

   最終の終了時刻は17時

 

 

場所:癒しの家 はぁとぅはぁと Kasane (一般住宅です)

   お申し込みの方へご案内させていただきます。

   仙台市泉区 泉アウトレット近く   

   室内飼いの猫が2匹いますニコ

 

 

定員:各日お一人様(感染予防として当面の間)先着順

 

 

参加費:3,000円 

    ワークショップスタート記念価格 2,000円

    当日現金にてお支払いください。


持ち物:ありません

    お道具類はお貸しします。

 

 

プレゼント参加特典:①水引(90㎝)×3本 おみやげ付き

            ②次回ワークショップの参加割引

          ③ご希望の方へ水引を特別販売(数量限定)

 

 

 

(世間的な)正解とは無縁

(自分だけの)オリジナルな表現に夢中になれる時間をご一緒に♪

 

 

 

 

無心になれる究極の癒し時間

 

キラキラおとなの工作室 水引遊びキラキラ

 

 

彩とりどりの水引

1本の紐から生まれる美しいカタチ。

日本伝統の技を覚えながら、季節感あふれる立体ミニアートを作ります。

 

 

水引に触れるのは初めて、という方もご安心ください!

わたし自身が自己流で、何度もなんども試行錯誤を繰り返し身につけました。

 

 

そのため初心者の方がコツを掴むためのアドバイスは的確ですニコニコ

楽しく覚えていただけますよ。

 

 

開始時刻は13時〜15時の間でご希望に合わせます。

当面の間感染予防のため、一日一名様をお迎えさせていただきます。

マンツーマンだからご自分のペースで製作が可能ですよ。

 

 

無心になれる時間は究極の癒しハート

 

 

大切にしたいのはあなたらしさです。

小さな作品の中に“自分らしさ”を表現しましょう。

 

 

参加特典も盛りだくさん!

 

 

お土産として、

覚えたての飾り結びをご自宅ですぐに作れるように

1本90㎝もある水引を3本差し上げます!

すぐに復習するのが上達のコツですねグッ

 

 

3本じゃ足りな〜い!という方は

10本まで特別価格で販売いたしますのでたくさん作ってくださいね。

 

 

一度ご参加くださった方は

2回目以降ワークショップ参加費より500円割引いたします!

 

 

今後もお正月編、スプリング編などを計画中。

次回もお得にご参加いただけますよ。

 

 

覚えたらぜひ、活用してくださいね。

 

 

 

製作時及び生活で気をつけていること

 

対面・非対面問わず、製作時の衛生面に気を配っております。

 

・マスク着用

・手指消毒

・定期的な部屋の換気

 

 

生活面でも気をつけています。

 

・日々の体調管理

・不要不急の外出自粛

・県外への移動自粛

・他県の方との接触を控える

 

 

安心してご参加いただけるよう気をつけてまいります。

癒しの家はぁとぅはぁとKasane

 

 

おまけ*リボンやシールの代わりにも

 

先様の多幸長命を願う送り主のこころが込められている水引は、お祝い事などの贈答品に使われることも多く

人と人の縁を結ぶ日本伝統のものとして愛され続けています。

 

 

わたしは練習でたくさん作ったのを

プレゼントのリボン代わりにしたり、メッセージカードにシールみたいにポンと貼って使っています。

 

 

ほんのちょっとのことなのにとっても喜んでもらえるのが嬉しいです。

 

image

 

あることを習熟するための訓練中なのですが

「今日の出来は自分としては何パーセントだった?」

と先生に聞かれたんです。

 

 

自己採点ですよね。

少しの間内容を振り返ってみてから「60%」と答え、笑われてしまいましたタラー

なぜ?びっくり

 

 

 

呼吸に点数はつけない

 

結論から言うと
点数はつけられませんよ、ということだったんですアセアセ
 
 
たとえば吸ったり吐いたりごく当たり前にしている息に
「うん、今の呼吸は100%だった」とか言いませんよね。
 
 
リラックスしてゆったり呼吸をしている場合も、ドキドキして浅く早い息遣いの場合も
その状況に合わせて自然にしていること。
点数をつけたりしませんチュー
 
 
そこに気付かせるためのワナでした(笑)

 

 

悪いところ、足りないところ探し

 

わたしたちは点数を点ける(点けられる)常識の中で生きてきました。
たいてい100点がパーフェクトで、あとはマイナス探し。
 
 
この時のわたしも、どこができてなかったかなと悪いところ、足りないところを探していましたハッ
 
 
最初のうちは点数を低めにして
「徐々に向上していくわたし」を見せたいという下心もあったと思いますてへぺろ
 
 
点数をつけられる常識が染み付いていて
何の疑いもなく数字で表そうとしちゃってましたアセアセ
 

 

「常識」を疑ってみる目線も必要

 

その時の自分の持てる力で精いっぱい努めたのなら、パーフェクト!なのですよねハート
良いところを伸ばし、気付けたところは改善していけばいい。
 
 
普段の自分でも、家族でも同じこと。
足りないところがあると思うのは勘違い。
 
 
そのまんまで充分、充分!照れ
毎日、今日、いま、100%の自分がいます
 
 
 
生活スタイルも大きく変わってきている中で
「その常識って本当?」と
疑ってみる目線も必要かもしれませんね。
 

 
 
笑っても泣いても、寝ているだけでも(笑)?愛されてる存在ってすごい!
 

 

成長とともに自分に自信が持てなくなり

自己肯定感が低くなってしまうことってありますよね。

 

 

わたしもそう、めちゃくちゃ低かったですタラー

最近わたしがやって効果的だった自己肯定感を安定させる方法についてお話ししたいと思います。

 

 

 

自己肯定感が高まった、わたしの体験談

 

「自己肯定感とは」や「自己肯定感の高め方」などについては
専門家の皆さんが書いていらっしゃるものがたくさんあります。
なのでこれはわたしの経験談。
 
 
でもすご〜く簡単で
試してみて、効果のある人がいたらいいなぁと思ったので
書いてみることにしました照れ
 
 
と言っても、元々は
自己肯定感を上げるために!と思ってやったことではありません。
 
 
結果として、自己肯定感が安定していることに気付いたという感じなんです。
 
 
 
決めたのにやらない自分がイヤ

 

きっかけは、先延ばしのクセを改めようとしたこと。

 

 

この日にする!と自分で決めても当日になると

「ま、いいか〜」と流しちゃうクセがあるんですアセアセ

 

 

 

その日はいつも行っているスタンドでガソリンが5円割引になるクーポンの使用期限最終日でした。

 

 

「必需品だし家計のためになるし使おう!」と思っていても

出不精のわたしは面倒がって先延ばし。

他のお店のクーポンなんかも、期限切れ〜笑い泣きということがよくありましたムカムカ

 

 

 

「惜しかったなぁ」という気持ちもだけど

「決めたのにやらなかった」自分がイヤでした。

 

 

 

副産物!自己肯定感が安定

 

期限ギリギリ、いつものように「行きたくないなぁ」という気持ちが発動!

でも、そのときは負けませんでした!笑

 

 

ほんと書くのも恥ずかしいようなしょーもないことなんだけど

 

 

夜に一日を振り返ったら

その日予定していたことを全部クリアできていたんです!

とっても気分良く眠れたんですよねグッ

 

 

「やる気になれば、わたしできるじゃん」

「こんなちっちゃなことで満足できるわたしもいいね」

 

 

「先延ばしのクセ」をやめるのが目的だったのに

いつのまにか自己肯定感までが安定していることに気付きました。
 

 

 

自分との約束を守る!それだけ

 

やったことはめちゃくちゃ簡単!

自分との約束を守る

これだけですチュー

 

 

仕事の予定だけじゃなく、日常の習慣だったり生活上必要なことも含めて

その日の行動予定を決める。

 

 

子育て中でいっぱいいっぱいのママさんや介護中で自由に動ける時間がない人なら

一日に3つでも2つでもいいと思います。

 

 

決めたことをするというのが自分との約束なんです。

 

 

 

一日の終わりに
今日も自分との約束を守れた
「すごいじゃん」と自分ほめ照れ
 
 
自分で決めるから、無理なことは予定に入れなくても良いところが利点ですねてへぺろ
でも予定通りにいかない日だってある。
 
 
そんなときは「ま、いっか」というのもアリです!OK
条件つけずに自分の価値を認めるのが「自己肯定感」だと思うので。
 
 
 
推定5キロのベビーを抱っこし続け、翌日は両腕筋肉痛のアラカンばば爆  笑
ママたちってエライよ!!