他人の目と自分の目

テーマ:

こんにちは^^

毎度のお久しぶりです。(笑)

 

 

GWも明けましたが、なかなか気温も落ち着かず

体調もなんだかだるかったり、

黄砂で喉をやられている人もみえますね。

 

 

 

GWが明けてから患者様に多く聞かれたのが

 

「先生、GW中はお通じも毎日あり、肩こりもしなかったです!」

 

 

そういった方々は

それだけ毎日の仕事や日常に気を張り巡らせ

常に交感神経が高ぶったりして

自律神経の乱れが大きく身体に影響しているわけです。

 

 

好きな時にトイレに行けたり

肩の力が抜けた状態であるだけで身体と心の間に生じる

ストレスがフリーになるんですよね。

 

 

これを拗らせると、

頭痛、肩こり、耳鳴り、めまい、眼精疲労、不眠、鬱、冷えの原因にだってなるんです。

 

 

 

もちろん仕事をするのに、気をはることは大切です。

ですが気を抜くことも大切なのです。

 

 

 

 

こういった話をすると

 

「でも職場に嫌な上司がいて・・・」

 

 

 

など他人主体の話になりがちです。

 

でも自分主体で物事を見始めると

嫌な上司と思っているのは自分であり

その上司に勝手に苛立ってしまっているのも自分です。

 

 

いい上司か悪い上司か決めるのも自分次第なのです。

 

 

周りもみんな悪い上司と言っているからではありません。

 

 

たとえ本当に悪い上司でも、

傷つくのも、苛立つのも自分の受け取り方次第だということ。

 

 

簡単なようで難しいことかもしれませんが、

どんなことでも1度他人の目ではなく、

自分主体で自分の目でみてください。

 

当たり前だと思っていたことが

全然違うことに気づいたりするかもしれませんよ^^

 




(2歳児もたまごボーロをいつ食べるかと、悩めるお年ごろですかね。笑)

 

 

こころとからだのバランスをとって

どんなことも楽しんでやれるといいですね^^

 

 

 

秀明舘 舘はり灸ルーム

一宮市大宮1-7-25

0586-71-3821

秀明舘HP:https://shu-meikan.com/