2019 モトチャンプ杯 全国大会 No.2 ~エンジン編 | HRGのブログ

HRGのブログ

HRGのレース活動、日々の仕事など書いていきます。

レース前に準備のブログ書く予定だったのに、やっとエンジン編です(笑)

結果は各方面で確認してください。

前回 車体改造編

https://ameblo.jp/hrg13/entry-12522967786.html

 

 

 

 

エンジン稼働時間は耐久レース走ったり、結構乗っているんで、約40時間くらいです。

まずエンジン降ろします。さすがにNSFよりはやや重いですが、全然一人で持てる範囲内です。

 

 

 

 

ヘッド回りはこんな感じ

前回、ハイカム入れていろいろやってます。ポートはあまり広げず馴らす程度です。

ローラーロッカーアームです。

今回、ロッカーアームのシャフトに少しカジリが見られましたので、部品注文しておきます。

WPC処理なども有効かもですね!

image

 

 

クラッチカバー開けた所

image

クラッチの右側の、ネジ3つで留められる丸い部品の中は遠心式のオイルクリーナーです。中にスラッジが溜まりますので綺麗に掃除しておきます。

NSFはクランクの中に同じような構造があるらしい?のですが、分解、掃除できません。

クラッチ板のみ新品交換しました。特に滑りは見られませんでしたが、一枚350円なので、5枚交換しても1750円。安い・・・

image

 

このエンジン、バランサー付きなんですね!(知りませんでしたw)

クランクの右側のギアがバランサーを回しています。組む時ポッチがズレないように注意。

NSFに比べて振動が少ないとは思っていましたが、これは快適です!

自分のNSFは、フレームにクラックが入ってお休み中ですが、バランサー付きなら振動によるトラブルも少ないでしょう。

 

 

 

ミッション側はこんな感じです。

image

クラッチ側を開けず、ミッション側だけ開ける事も出来る構造なので、もしトラブルが起きた時にも対応が速そうです。良く考えてあります。ミッションは特に問題なし。

 

クランクは振れ測定しましたが、2/100程度でしたので、無理に叩かずそのまま再使用しました。

 

 

 

 

部品精度も高く、新品から使いっぱなしでも問題無しのエンジンですが、、問題点を上げるとすれば、ネジが各所ややオーバートルク気味。液体ガスケットを塗りすぎている事。くらいですね。

ガスケット等は綺麗に掃除して、各ネジ部をタップダイスで綺麗にして、きっちりトルク管理して組み直しました。

クランクケースもちゃんと面が出ていていい感じです。

 

 

 

ピストンは、前回まで純正に似た形状で、ヘコミが無い物(一番右)を使っていましたが、今回は更に2種類、凸形状のピストンを用意してみました。ちなみに一番左が純正品。

image

 

いろいろピストンの選択が出来て、海外のMR150のチューニング市場も盛り上がっているようです。いろいろテストする時間が無いので、今回は一番高圧縮になる、左から2番目のピストンを選択。ハイカム仕様でもピストンーバルブクリアランスが3mmほど確保できているのでポン付けで問題なさそうです。平面形状のピストンを使い、シリンダーを面研して圧縮上げた方が燃焼効率が高そうな気もしますが、その辺はまた次回に

ややピストン自体の重量が重くなったのは気になりますが、確実に圧縮が上がりました。キックが重い!

鍛造ピストンなんで耐久性も高そうです!

 

 

ヘッドカバー回りのパッキンは、何度も外しているとすぐダメになるので、ホンダ純正品で同じサイズの物を見つけ

て交換しました。タペット調整なんかやるときは、ついでに交換しておくと良いですね。

imageimage

 

 

後は組み立てて試運転!結果ですが、シフトの入りや、エンジン全体がカッチリしたフィーリングに。

ピストン変更で中~高回転のパワーが確実にアップしました!結構速い!

 

 

だんだんMR150の事も分かってきました!全体的にNSFエンジンよりやや大きくゴツイので、ちょっと無理してパワー上げても耐久性は高そう!

本当は壊れやすい箇所を特定して対策とかやりたかったんですが、特にどこも壊れないので、ちょっとツマラナイです(笑)

きっちりやりたい方は新車で一度開けて組み直した方が理想的ですが、そこまでしなくても、ナラシ運転と、良いオイルを使っていれば腰下はほぼ問題起きないハズです。

(20時間くらいでヘッド開けてカーボン落とし、ヘッドメンテだけやった方が良いかな)

 

S8マシンやモンスタースクーターには全然足りませんが、このくらいのライト仕様でNSFの125ccチューニングとは戦えるレベルまで来たのでは?予想馬力は15馬力くらいだけど、トルクはかなりありそう。

時間が無かったんですが今度シャシダイにも載せてみたいですね。