Sat, May 31, 2014 17:36:40

TEDxTokyoを見る

テーマ:ブログ
VERBAL


TEDxTokyoでVERBALの映像を見ました。とにかくここに来ているゲストは本当に豪華。日本を代表するようなITでもアートの世界でもトップレベルの人達ばかり。
もしくは意外と知られていなかったけど稀有な才能の異端ばかり。

特に心に残ったのはm-flo・VERBALチャンスは貯められない。自分のために多くチャンスを作る努力が大事。」というもの。
自分の母親にも言われたことはありますが、早々チャンスは巡ってこないものだよという話。
失敗したらとか、条件が合わないとか、理屈をこねてはチャンスを逃す。人ってそういうものなんだなって思います。
自分もそうです。今思えばっていうことは確実にあります。

ただ、ベンチャーに来たことの最大の意義はチャンスの回数を増やしたり、チャンスを作るための学びを多く経験できることなんだなって思いながら仕事してます。
でも、決して大企業批判ではないです。そこにいる人達はおおらかで、愛すべき人がたくさんいる。その人達は何も考えてないわけではなく賢く生き抜く知恵もある。

改めて自分の人生を人に依存すること無く、思い切りエンジョイしたいなと思いました。そんな5月の最終日。来月も頑張っていきましょう!
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
Sun, May 25, 2014 14:36:13

何度目かのブログリスタート宣言

テーマ:ブログ
ブログ書くのいつ以来かなと思ったら去年の暮にSmartNews行った以来となっていました。
あれから何か身の回りって変わったか?ということを考えると
会社が契約会場数でゼクシィを抜いたということぐらいかな。

いや、それは本当に大きい。サイバーエージェントの社員総会でも
ほんの一瞬取り上げてもらうことが出来たし。

みんなで達成したから満足感も高いよねーというところは、社風でもあり
いいところだと思っています。「競争と協調」というがモットーで自分さえ良ければ
いいという社員がいないのがサイバーも含めて会社の特徴でもあります。

ですが、一人ひとりに関して言うならば、決してほのぼのしているだけの
会社ではなく「闘い」であることには変わりません。
自ら目標設定を行い、そのハードルをいかに超えるか
常に禅問答を繰り返して、自分にも厳しく当たらなければ
何事も変えられません。

一昔までこんな思考ルーチンにはまってきた気がします。
「大きいことを言う」⇒「その通りにならない」⇒「周りが中傷してくる」
⇒「正直面倒臭いから何も言わない」⇒「結果そのまま、もしくは退行」

これは大手や一流企業に勤めている人にもたくさんいます。

サイバーエージェントやウエディングパークに来たことの良かったことは
宣言した人に最大限チャンスを与えてくれることです。また、一所懸命やっている
人を茶化さない。環境が人を作るってことがあるけど、トップ自ら社員に
厳命しているのでそれが浸透してカルチャーになっています。

とりとめない話をしていますが、社内では最年長の自分がまるで例外という
わけではなく、みんな一緒でチャンスはあるんだということを率先して
示してきたいです。今日はそういうことを書いて公開しただけでも進歩と
思って明日につなげていきたいです。

ていうことで、またブログ続けます。よろしくです。