Sat, January 24, 2009 20:32:18

コーチング研修

テーマ:自己啓発
会社でリーダー研修を受けてきました。
その中でDiSC理論について触れていましたので紹介。
「D」は主導型、「i」は感化型、「S」は安定型、「C」は慎重型
という頭文字を合わせた言葉。

人は以下の4タイプに分かれており、その特性を知ることで
接し方に活かすというのが趣旨です。

・コントローラー
└成果をあげる、決断力、スピード速い
└いかに役に立つメンバーか

・プロモーター
└あきっぽい、楽しいことが好き
└承認されること、自由
└縛られることがキライ

・アナライザー
└行動が慎重、計画分析を好む、リスクを嫌う
└スピード遅い

・サポーター
└援助することを好む、対立を避ける、NOといえない
└ちゃんと見てもらえているかどうかが大切

元々「課長の教科書」で知っていたのですが、9個の人間の特性に
分類されるエニアグラムと違い非常にシンプルであるため
診断ツールを使わなくても分類しやすいのが特徴と書いてあったので
この中なら自分はサポーターなんだーと思っていたものです。

ところが今回の研修で診断ツールを使ったところプロモーターで
サポーターという結果になりました。研修担当の人事のマネージャーに
聞いたところあなたはプロモーターでしょということで
どうやらこれが私のタイプのようでした。

この研修ではわかりやすく漫画のキャラクターに例えてくれました。
コントローラー → ドラゴンボールのベジータ
プロモーター → ルパン三世
アナライザー → DEATH NOTEのL
サポーター → SLAM DUNKの木暮(だと思う)

そっかールパンというのはなかなか気分いいですねえ。
…はっきりいって下の二つのマンガはよく知らなかったのでいまいち
共感できず。会社の人たちとのジェネレーションギャップを感じる瞬間ですな。
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
Mon, January 19, 2009 23:43:51

大相撲はかくも懐の狭い世界

テーマ:ブログ
大相撲の解説に元横綱の輪島が来たんだそうです。

確か借金のカタに年寄株を出してしまい、落ちるとこまで落ちて
プロレスラーになってしまったいわくつきの人。

協会への遠慮もあって解説が終わるとそそくさとあいさつもなく
退散したとか。

そっかー

そういう意味ではこんな人が出たら楽しいかもシリーズ。
北尾(元双羽黒)
 → 横綱のプレッシャーか部屋から脱走した人
花田勝(元若ノ花)
 → 部屋の後継ぎは弟に譲って各界から足を洗った人
維新力
 → 元幕内筆頭力士。プロレスに転向。イケメンという噂も。

協会はこういうことに本当にうるさそうです。

Sun, January 18, 2009 23:41:45

レゲエ専門語?パトワ語が翻訳できるサイト

テーマ:Buzz Music
っていうか興味ない人には何ですが、基本的に
レゲエの歌詞は英語だったりします。

が、ラップやDJするときに出てくる言葉はスペイン語交じりの
パトワ語という言葉が出てきます。

これ翻訳するの大変だなーと思っていたところこんなサイトを
見つけたので備忘録代わりに。

http://yawdman.hp.infoseek.co.jp/menu.html

そっかー
Dutty → Dirty
Dem → Jamなど
Di → the
seh → 言う(Say)
という感じのようです。やっぱ英語に似ているな。

ということでSean Paul feat. Sashaの
I'm still in love with youの最初の歌詞

Well in comes di ting dem call di broken heart
This blessed love will never part
Yuh dun know it's from the start mi tell dem seh a Dutty Yeah!!
A Sean Paul and Sasha, come sing for dem baby

うーん、ビミョウに訳せないじゃん。
恐らく
「人はあれを失恋と呼ぶかもしれないけど
この神聖な愛は決して離れない
君はこれが始まりだとは知らない
彼らに”Dutty Yeah!”と言おう
SeanとSashaが彼らのために歌います」
なんて感じなのかな?かなり適当。

ジャマイカの人は英語を間違えて覚えているらしいので
注意が必要ですな。
Sat, January 03, 2009 22:24:45

ReadWriteWebが予想する2009年

テーマ:IT関連ニュース
ReadWriteWebといえばCNETもニュースソースとしてチェックしている
有名な海外のIT情報サイトなのですが、昨年末に本年度の動向予想が出ていたので
CNETのやつらに翻訳される前に当方で訳(かなりはしょってますけど)つけました。
嘘書いていたらすみません。ちなみに何人もライターがいるので一番上に出ていた
Richard MacManus氏の予想をとりあえず書いておきます。
(ソース元)http://www.readwriteweb.com/archives/2009_web_predictions.php

HardReggaeCafe@Ameblo.jp

1. iTunes adds social networking features; but it's still a closed development system.
1.iTunesにSNSの機能が付加される
 が開発についてはオープンとはならない

2. Facebook signs up to OpenSocial; whether or not this happens,
   there's no doubt that Google will continue to collect big name supporters
   for the various open standards initiatives which it has started
   in the last couple of years.
2.FacebookがOpenSocialに加入する
 これが起きる起きないにかかわらず、Googleは大手各社の支援を取り付け続けるであろう

3. Yahoo sells to a big media company, but it won't be Microsoft; Yahoo getting
bought is a big call and I hope I'm wrong about it - but e.g. I could see the likes of
Rupert Murdoch swooping in if things get much worse for the former dot com high flyer.
3.Yahoo!買収問題に決着。しかしMSではない
 これがなんかの大きな警鐘でないといいのだけど…。例えば以前のドットコム
バブルより状況が悪くなったらルパード・マードックがさらに急降下させるん
じゃないか、みたいな感じ。
 
4. Microsoft releases a cool online version of Office, but then Google releases
an amazing new version of Google Docs; Microsoft promised the first bit at PDC '08
, but when that launches I forsee it being trumped soon after by Google
releasing a more powerful version of its browser-based Google Docs.
One that is comparable in user experience (but not features, because
that is unnecessary) to MS Word. This new version of Google Docs may
be limited to Chrome at first, but it will get a lot of attention and scare
the bejeebers out of Redmond.
4.MSがOfficeのクールなオンラインバージョンをリリースするが、Googleが
GoogleDocsの超スゴイニューバージョンをリリースする
 これはGoogleがMSへの切り札として出してくるブラウザベースの強力版GoogleDocs
であり、ユーザエクスペリエンスにおいては(機能ではない・なぜなら不要だから)
MS-Wordと同様のものである。最初はGoogleChromeでしか利用不可だがかなりの
 耳目を集めることになり、レドモンドの連中(いわゆるMS)が最も恐れているものとなろう。
 
5. Health web apps start getting attention from mainstream people and media;
big breathless profiles from the likes of CNN, Time magazine, etc.
Unfortunately health system red tape remains a tangly mess, for another year.
5.ヘルス関連のWEBアプリがメインストリームやメディアの人々の注目を集めだす
 CNNやTimeマガジンなどのようなところから大きな注目度でじっと見られているけど、
残念ながらヘルス関連のシステムの官僚的なところはもう1年変わらない。
 
6. Apps that do filtering, inferring and recommendation have a great year;
several will release plug-ins for Google Reader, Twitter, Facebook and other
'sipping from the firehose' apps.
6.フィルタリング、推測系、レコメンデーションするアプリは大きな年を迎えることになる
 GoogleReaderやTwitter,Facebookやその他の”消防車のホースからすすっている
ような”アプリ用のプラグインがリリースされるだろう
 
7. The usual suspects will remain unacquired in '09: Digg, Twitter, Technorati.
The one that does get bought is FriendFeed - by Google probably,
given that it was created by ex-Googlers.
7.2009年の合併・吸収の大本命(重要参考人という言い方してますが…)
 Digg,Twitter,Technoratiがあやしいです。恐らくFriendfeedもそのうちの一つとなるが、
これはGoogleによるものとなるのではという観測。なぜならFriendFeedは元Googleの
人たちが作ったからというのが根拠。
 
8. Media properties prominently experiment with different and innovative types
of online advertising; in other words the move beyond CPM starts to actually
happen, due to the down economy, after years of CPA type predictions.
Related, a stunning new metric will emerge that accurately determines
the success of media properties beyond mere page views (ok that one's wishful
thinking maybe!).
8.各メディア媒体は激しくいろんな革新的なタイプのオンライン広告の実験を行う
 他の言葉でいいかえればCPMを超える変化が実際に起こり始めているということ。
これはCPA系の広告の予想を何年も続けた後にダウン経済となったことによる
ものである。関連して驚くような新しい測定方法が誕生し、メディア媒体の成功を
単なるページビュー以上に正確に測定できるようになる。
 
一番最後のところは自分たちの仕事にも直結しそうなところで今年のAd-Techとかは注目ですかねー

RWW曰く昨年も予想したが、いくつかの話は当たったとかいう話。
大手サイトがOpenSocialを受け入れる(Google、Yahooなど)や
モバイルのインターネット利用が躍進とか、WEBサービスプラットフォームが激しく競争
(AmazonのAWSやMSのAzure)といった部分らしいです。
こういう話って予想が先だったのか、事実が先だったのか忘れそうですが、
少なくとも現時点では上記の予想が現実化してないので、この話を念頭に入れつつ
結果を楽しみにしておきたいものですね。

これ以外に出ていたものでは
・ライフストリーム(FriendfeedのようにいろんなRSSをアグリゲートする系)が引き続き進化
・Twitter収益化
・ビデオ録画できるタイプのiPhoneが出る
・ベンチャーキャピタルはSaaSの勢いあるところ(SalesForceみたいな)にシフト
・インド系のスタートアップベンチャーが価格破壊戦略で海外進出
・Googleが包括的なストレージソリューション(今もやっているけど)や旅行系のプロダクトに進出
・もしAppleがPush型サーバを完成させたら、モバイルのSNSや地図情報系のアプリは大きな話題になるかも
・オバマ出現の新しいリーダーシップと景気後退の影響で人々は今まで以上にプロフェッショナル
 ネットワークに注目する。ということでLinkdinはかなり伸びるだろう
・eBay-2009年のYahoo!-が破産か買収の間で揺れ動くが紆余曲折の末Amazonに吸収
てな感じでした。DiggとかTwitterは買収されるとみている人は多いみたい。

以上、2009年予測でした。