現在のSEOではロングテールSEOの考え方を導入することは非常に大切です。

ロングテールSEOとは、検索エンジン対策の考え方の一つになり、もともとはアマゾンが発見した手法になっております。

このロングテールSEOを実施することで、ホームページの訪問者数は倍増していき、必ず御社の期待を超える成果を出せるようになるのです。

そこで今回は、このロングテールSEOについてご紹介をいたします。

ロングテールSEOとは

ロングテールSEOとは、SEO対アクの手法の一つになっています。

このロングテールSEOにおいての基本的な考え方になりますが、ロングテールSEOを始めようと考えた場合にまず初めに行うべきは新規ページの作成になっております。

ロングテールSEO対策では、ホームページにあるすべてのページから訪問者を集客することが大切になっており、これらを行うことで、より多くの見込み顧客の集客が可能になります。

参考:ロングテールSEOの成果

このロングテールSEOにおいては上記の参考のように、ロングテールSEOを実施したホームページでは、さまざまなニーズの訪問者を集客することが可能になるのです。
具体的にどういうことかと言うと、ニッチな検索ユーザを集客するために、基本的には、そのニッチな検索ユーザを集客するためのページを作成していきます。
そしてそれらのユーザを集客できるページを作成することで、さまざまなキーワードで上位表示が可能になるということになります。
そしてこれらは非常に大切なものになっており、例えば月間1名しか集めないようなページであっても、そういうページが100ページ、1000ページあれば、相当の数の訪問者を集客することが可能になるのです。
これらの数の低いニッチな検索ユーザにおいては、比較的成約率が高い傾向があり、これらの数を集めることができれば、それなりの成約率のホームページになるというわけになっております。
現在のSEOにおいては、かなりこのロングテールSEOは重要になっており、SEOを行われているすべての方にしっかりとロングテールSEOを行っていただくことをお薦めいたします。

トップページの検索順位との関係

では、単純にSEOをロングテールSEOだけに考えた場合に多くの企業さまが意識されるトップページの検索順位はどうなるのでしょうか。
このSEOについては体感的には多少ですが、効果があると見ているのですが、実際にはグーグルはあまり関係が無いような発言をしております。
しかし弊社が体感的に効果があると言ったのは、その作成したページにリンクが付いたときになっており、リンクが付かないと一切効果が出ないと考えるのが普通になると思います。
具体的には、作成したページに自演でもいいので、そのページに関連するホームページからリンクが行われることで、そのページ自体の順位が上がり、それにつれられて、その他のページも上がるという理論で、もちろんその他のページにはトップページも含まれております。
リンクが無いと、現在よくあるようなニッチなキーワードで検索をしたときに、非常い優れているホームページにもかかわらず、一切順位が上がらないホームページになってしまうのです。
そのため、ロングテールSEOは確かに効果的ですが、そこにプラス要因として、しっかりと被リンクを集める必要があり、そしてこの被リンクについては集め方にコツがあるのです。

ロングテールSEOに被リンクを集める

では、どのようにして被リンクを集めればいいのでしょうか。
この方法については、実はそこまで難しいものではなく、一般的に現在の被リンクの9割は自演の被リンクになっており、御社も自演の被リンクを行うと良いでしょう。
ただし自演だからと言って、闇雲な被リンクは駄目で、本体のホームページと同じテーマでブログやホームページを制作して、そこから被リンクを行っていくのです。
この被リンクについては、トップページを上位表示させようとすると、相当の数の被リンクが必要になりますが、中ページについてはそこまで数は必要が無いように思われます。
もちろんキーワードには寄りますが、それでも上がりやすいので数本の被リンクをしっかりと当てていくことで、そのホームページのSEO効果は飛躍的に高まり、御社の期待を超えるホームページ制作になるのです。

ロングテールSEOはすぐに始めれる

ホームページ制作時にSEOに最適化したホームページを作成することはもちろん大切になるのですが、しかしそれができていなくてもロングテールSEOは実施可能です。
基本的にロングテールSEOで大切なのは、ブログ記事を公開して、そこにノウハウを記述することが大切になっており、これらのノウハウから御社のホームページの成果を飛躍的に高めることが可能です。
しかし、実はノウハウだけではなく、製品ページを公開することで、SEO効果を高めることが可能になります。
具体的に言うとアマゾンのように取り扱いの書物をすべて、インターネットにアップすることで、仮に類似コンテンツが多い場合であっても、グーグルがそれを商品ページであると認識してくれれば、それらはプラス評価として、認識してくれるようになるのです。
これらを徹底して行うことで、ホームページはロングテールSEOの効果で成果を出せるようになり、さらにはそこに被リンクが数本付くことで、さまざまなキーワードでの上位表示が実現され、ホームページの成果は最大化するのです。

ロングテールSEOは継続が大切になる

実際に弊社のホームページにおいてもですが、ロングテールSEOを実施する際には継続が大切だと思われます。
この継続はもちろん頻度が高ければ高いほど良いのですが、現実可能の範囲での更新で良いと思われます。
例えば、御社のホームページの更新が現在の体制で見たときに、頑張っても週に1ページが限界であればそれで構いませんが、代わりに月4ページ年間で48ページはしっかりと制作していくことが大切です。
この年間で見たときに48ページとなった時に一気に48ページを上げるよりも月に4ページを12回上げて48回を分散させて公開したほうがより効果的になります。
これらを徹底して行うことで、ホームページの成果は飛躍的に高まり必ず御社の期待を超える成果を得れるようになるのです。