Binson ECHOREC 2° T7E [English Ver.] | HOWL GUITARS
2018年09月19日 13時39分44秒

Binson ECHOREC 2° T7E [English Ver.]

テーマ: HOWL GUITARS
皆様ごきげんよう

HOWL GUITARSのGichiです。

本日、4年ぶりにくるりのニューアルバム「songline」が発売されましたね。



いや〜、前作「The Pier」からもう4年も経っているとは、、、年取ると時が経つのがどんどん早くなるのは本当ですね。

なんにせよくるりのニューアルバムが発売されてウキウキしている今日この頃です。

アルバム「songline」の内容も素晴らしい!!毎回くるりのニューアルバムが出る度に思うけど、『最新のくるりは最高のくるり』だと感じさせてくれる。

恐らく曲作りの原型となる部分はファーストアルバムからあまりスタイルは変わってはいないけどアレンジの部分はアルバムを重ねる毎にどんどんレベルアップ?スキルアップ?趣向チェンジ?していってて、、、

う〜ん、絵で例えるならでもデッサンや下絵の部分はファーストアルバムから同じスタイルだけどその上に塗られていく絵の部分の色使いや色作りや筆使いや技法が多彩になっていく感じ?

今回のアルバムもパッと聴きは凄くシンプルに聴こえるけどアレンジにはかなり手の凝った事をしているように聴こえる。

今の時代にお金を出してでも聴きたいと思わせてくれる数少ないバンドです。今回のアルバムもオススメです。

因に貼付けた動画の「ソングライン」という曲は、元々はハイネケンという曲名でサンフジンズ用に書いた曲との事です。いかにも奥田民生さんが歌いそうな感じがモロに出てますね。

ではでは本題へ。


Binson ECHOREC 2° T7E [English Ver.]



1960年代中期に製造されたBinson Echorec 2° T7Eが入荷致しました。

イタリアのBINSONが世界に誇るエコーユニット、Echorec 2°です。

前回のブログでこれでもかってくらい詳しくEchorecについて説明しているので、
歴史や仕様などはECHORECについてをご参照ください。

この個体は1960年代中期に製造された真空管仕様 Echorec 2° T7Eでピンクフロイドのデヴィッド・ギルモアが使っている個体と同じなので一番目にする機会が多いのではないでしょうか。

Face Plateの表記は通常の英語Versionです。

当店でフルメンテナンスを行っていますので素晴らしいサウンドを今後も末永く維持していける一台となっています。


それではお写真を公開します。



Front view。とても綺麗な状態の分厚いプレキシパネル。このデザイン性の高さはさすがイタリア生まれといったところでしょうか。この個体はオーソドックスな英語表記バージョン。



パネル左側です。左からPOWER ON.OFF & INPUT CONTROL (インプットゲイン) / LENGTH OF SWELL (エコー残響音長さ) / VOLUME (エコー音量)



パネル上部にある3つのプッシュボタンがChannel Selectorです。中心にあるのはMagic Eye。EM81 真空管がエコー音に反応して緑色のインジケーターが動きます。



パネル右側です。左からBASS-TREBLE (トーンコントロール) / ECHO, REPEAT, SWELL SELECTOR (モード切り替え) / SWITCH (4つの再生ヘッドを12通り組み合わせたプリセット)



エコーの心臓部のドラムディスクはクリアプレキシカヴァーで覆われています。



Binson ECHORECの肝、ドラム式エコーユニットの心臓部です。この場所のモーター、ゴムディスクのバネテンション、エコードラムの回り易さ、そしてヘッドの角度&テンションの調整、メンテナンスにメチャクチャ時間が掛かりますがビシッと決まったらそれはそれは素晴らしいサウンドになります。



少し分かりにくいですが(笑)、今日も元気に回っております。



側面の画像です。モデルプレート、フットスイッチジャックx2、電源ソケット、110V-240V ボルテージセレクター。



シリアルナンバーが入ったモデルプレートです。ミラネーゼ!!



側面の画像です。Input x3 / Output x3のレイアウト。貴重なオリジナルの状態でGeloso社製3ピンプラグのみが使用可能。



上部のもうひとつのGelosoプラグソケットは専用のBinson Pre-Mixerに接続するためのもの。



back viewです。使用している真空管はECC83 x5、ECC82 x1、EM81(Magic Eye) x1です。



現在HOWLに在庫しているBinsonです。今年は何台も嫁いで行かれたのでだんだんと減ってきました。


以上、如何だったでしょうか。

貴重な60年代の真空管式 Echorecです。最近は一段とBinsonの海外の市場価格が上がっていますのでこの先もっと手に入れるのが難しくなるかもしれません。

気になる方はお気軽にお問い合わせ下さいませ。

Gichi
HOWL GUITARS

HOWL GUITARSさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス