Binson ECHOREC EC-3 Drum式 エコーユニット | HOWL GUITARS
2018年09月21日 13時34分56秒

Binson ECHOREC EC-3 Drum式 エコーユニット

テーマ: Amplifier
皆様ごきげんよう。

HOWL GUITARSのGichiです。

前回くるりの事を書いたのでもう一つ。

くるりの最新アルバムが最高と書きましたが、個人的に思い入れのあるアルバムというのは自分の人生と呼応したりするのでどうしてもあります。

僕の場合は「アンテナ」です。

アンテナの前作の「THE WORLD IS MINE」が発売された時に僕はちょうどロンドンに住んでいて、イギリスに住んでいるのに毎日「THE WORLD IS MINE」を聴いているという、日本に住んでいる時は洋楽ばかり聴いていたので何かチグハグな感じですが、その流れで「アンテナ」が発売されて、とにかく内容にぶっ飛んで、こりゃイギリスよりも日本の音楽シーンのが熱いんじゃないか!?と錯覚して日本に帰ろうと思い立って何ヶ月後かに日本に帰ってきてクリストファー・マグワイアのドラムがやっと生で聴けると思ってくるりのライブに行ったら、クリフ・アーモンドだったんですね。。。もうガッカリを通り越してその場で倒れ込みそうになりました(笑)
僕がようやく行けたライブではすでにクリストファーはバンドを脱退していて岸田さんは短パンにSGもってアンガスヤングのコスプレしてるし、ライブは力入ってなくてダラダラで、、、人生の中であんなに期待と現実のギャップの激しい現象は記憶に無かったです。

そんな事もあり、僕の中で「アンテナ」というアルバム、というかその時のくるりのメンバー含めたバンドは幻のようなもので、ユニコーンみたいな存在です。

僕の中ではくるりの「アンテナ」というアルバムは今でも日本のロックシーンにおいて頂点に君臨し続けているアルバムで、くるりが日本を獲ったと見せつけてくれた瞬間でもありました。

そんな時代のホームビデオが存在しているのでご紹介。



アルバム「アンテナ」の制作ドキュメント?です。僕にとってはメチャクチャ貴重な映像です。


ではでは本題へ

Binson ECHOREC EC-3



Fantastico! Binson ECHOREC EC-3が入荷致しました。

やってまいりましたイタリアのBINSONが世界に誇るエコーユニット、Echorecです。

以前ブログでこれでもかってくらい詳しくEchorecについて説明しているので、
歴史や仕様などはECHORECについてをご参照ください。

このECHOREC-3 EC-3の特徴としては、とにかくサウンドやピッチが安定していて何と言っても壊れない頑丈さ、機材としてはEchorec 2よりも上位に入るのではないでしょうか。

スタンダードなEchorec 2°がフルチューブ駆動なのに対し、ECHOREC-3 EC-3は当時最先端だったSolid State駆動が採用されているのも特徴の一つです。

真空管とは違ったサウンドキャラクターを持っていますし、なにより壊れにくいです。

エコーヘッドの選択もEchorec 2のロータリー12段切り換えよりも8個のボタンで切り替える事が出来るためEC-3の方が多彩なバリエーションを組む事が出来ます。

それではお写真を公開します。



左からインプットのチャンネル切換え、CONTROL (インプットゲイン) / LENGTH SWELL (エコー残響音長さ) / TONE(エコー音)/ VOLUME (エコー音量)でコントロール部分はEchorec 2と同じです。



ヘッドの選択するスイッチが8個とRepeatとSwellの切り換えスイッチが2つです。EC-3の方が多彩なヘッドの組み合わせが可能です。



刻印されたシリアルナンバーです。



上部のカバーを外した画像です。Binsonの心臓部のドラム式エコーユニットです。



プラスティック製のカバーに覆われています。



カバーを外した画像です。構造はEchorec 2とほぼほぼ同じです。



今日も元気に回っております。



背面の画像です。ハンドルが確認出来ます。



電源コネクターが確認出来ます。この時代はもうゲロッソプラグは廃止になっています。



右側の画像です。全てフォンジャックなので使い易いです。この時代はもうゲロッソプラグは廃止になっています。



底面の画像です。


以上、如何だったでしょうか。

素晴らしい安定感を持ったECHOREC-3 EC-3です。

最近は海外でのEC-3の市場価格も高騰を続けております。

気になる方はお気軽にお問い合わせ下さいませ。

Gichi
HOWL GUITARS

HOWL GUITARSさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス