Rickenbacker 1961年製 M-12 Twin Amp | HOWL GUITARS
2017年03月21日 00時29分20秒

Rickenbacker 1961年製 M-12 Twin Amp

テーマ: Amplifier
ナマステー

HOWL GUITARSのhiroggyです。

もはや恒例のイントロ文で、インド一人旅の中で起きた事などを面白おかしく文章に表してみようと思います。

これまで書きためた旅行記は 「インド旅行記」 ブログテーマでまとめていますので、気になったら見てやってください。

神聖な村、ハンピで起こったスピリチュアルな出来事編。

楽器説明文と写真だけ見たい人はサーとスクロールダウンしちゃって下さいヾ( ´ー`)


インド旅行記 (11) ハンピ・お祭り騒ぎ 編 「異星人はこの星に居座ってはいけません」

僕は元カリフォルニアヒッピー夫婦が見つめる儀式を通過して奥まで進んだ。本殿に続く廊下と門をくぐるとバルコニーみたいな中庭に出る。多くの人が何をするでもなくたむろしていた。その一角には、また鉄柵で囲まれた儀式場があり、その中にバラモン行列で先頭にいた偉そうなバラモンがいた。どうやらここが前夜祭の終着点の祈祷室のようだった。まだ儀式は始まっておらず、それを人々が囲うように待っていた。日陰の部分は大抵が先客で埋まっていて、どこにも座る場所はなかった。僕は隣の建物の日陰になっているちょっとした壁の出っ張り (なぜかそこだけ出っ張っていた) を見つけてそこに座った。ちょうどおしりが3/4乗るくらいのスペースだった。しかし一息つく間も無く、6歳くらいの男の子が僕の目の前に来て、上目遣いに (しかし愛嬌無く) 僕を見つめた。まるで 「異星人はこの星に居座ってはいけません。学校で習わなかったの?オジサン」と言われているようで、僕は仕方なく彼に席を譲った。もちろんその男の子は出っ張りに座ること無く、僕が歩き去るまで僕だけをずっと無表情に見つめ続けていた。

祈祷室前の中庭は広大で深い採石場に面していて、腰までの高さの石積みの塀が一応あるが、崖を隔てる安全柵などなく、もし間違って転がり落ちたら待つものは苦痛を伴う死、もしくは流動食で生き延びる硬質ベッドの上の人生だ。その石積みの塀には多くの若者や子供が腰かけていて、その中のひとりにトナリくんがいた。彼は手を振って僕を恐怖の断崖絶壁シートに招いてくれた。彼の隣に腰掛けて、そろそろと後ろを覗くと、本当に足がブルブルした。僕は祈祷室の中を見たいと言ってその席を立った。

次項に続く→

←前項に戻る






では本題の楽器紹介へ移ります。

今回ご紹介するリックなアンプくんは

Rickenbacker 1961年製 M-12 Twin Ampです。



非常に珍しいRickenbacker 1961年製 M-12 Twin Ampが入荷致しました。

The Beatlesを始めとするマージー・ビート、The Whoを代表するロンドン・モッズ・ミュージック。と60年代のイギリスのアーティスト達に多く愛用されたアメリカ製のRickenbacker。

現在ではあまりにもギターの方が有名で、ほぼ見かけることのないRickenbackerのアンプです。

しかしRickenbackerのアンプの歴史は古く、ラップスティールギターを製作していた1930年代まで遡ります。あのフェンダー社に負けない歴史の長さでしょう。

この個体は50年代のアンプの特徴を多く残した個体で、当時のRickenbackerがFender Tweed Twin Ampを意識して作ったアンプになります。

55〜57年のFender Tweed Twin Amp 5E8と同じくスピーカーにJensen P12Qを二発搭載しており、トランスはTRIAD Transformerが使われています。この部分だけでも恐ろしく高価なアンプですね。

コントロール回路はFender Tweed Deluxeと同じような2V1Tのシンプルなトーン回路になっています。

さらにパワー管は6L6GCx2のカソードバイアス方式を採用していますので大雑把に言うとFender Tweed Deluxe 5E3とTweed Twin 5E8を足して2で割ったようなアンプと言えます。いやTweed Pro 5E5にも近いかもしれません。

オリジナルのグレー・シルヴァートーレックスは当時のRickenbackerギターのハードケースに使われていたものと同じで、洒落た外観です。

それではお写真を公開します。



オリジナルのRickenbackerバッジロゴです。ウィートグリルクロスもオリジナルで、日焼け後などはありますが大きな破れも無い良好な状態です。



Top Viewです。Original Gray Silver Tolex。Fender Twinに比べると奥いきがほんの少し狭いコンパクトなサイズ感。



オリジナルハンドルとコントロール部分です。4input, 2Channel, 2Volume, 1Toneです。Fender Tweed Deluxe 5E3に近いです。



コントロールプレート左側です。各インプットジャック、と各チャンネルのヴォリュームです。



トーンコントロールと電源スイッチ、パイロットランプ、ヒューズボックスです。



モデルネームのM12とRickenbackerのプリントも確認できます。



back viewです。Excellent Condition。整流はGZ34の真空管式で出力部は6L6GCx2のカソードバイアス式のClass A回路です。これで15インチスピーカー1発であればFender Tweed Pro 5E5に近いですね。(蛇足ですがFender Tweed Proは6L6GCx2の出力部が5E5がCathode Bias方式で5E5-AがFixed Bias方式になります。「-A」が付くか付かないかでコントロール部分含めかなり違いのある回路になります)



back panelです。放熱用ベンチレーションが空いています。



バックパネルを外した状態です。同時期のFender Tweed Ampよりもバッフル板をたくさんの木ネジで固定している点はRickenbacker Ampの優れている点の一つかと思います。Fender Tweed Ampはバッフル板の固定は通常四隅の4箇所、多くても6〜8箇所で固定していますので現代のアンプに比べるとかなり固定箇所が少ないと感じます。これがあのサウンドを生んでいる一つのファクターかもしれませんが。



シャーシ内部です。National USA 6L6GC パワー菅 x2、Original GE GZ34整流管 x1



シャーシ内部左側です。Fenderと比べると独特な数値の抵抗を使っていたりします。カップリングコンデンサーにはセラミックコンデンサーを使用しています。これもこのアンプの個性になっていると思います。



シャーシ内部右側です。安全の為に電解コンデンサーと電源ケーブルは当店で交換致しました。



取り外したシャーシです。コンパクトに作られています。電源トランスがまーデカイです。



貴重なOriginal TRIAD Main Transformerです。これならたくさんの電流を流しても耐えられそうですね。



フィルターキャップ/電解コンデンサーは当店入荷時に交換しました。



Original TRIAD Output Transformerです。電源トランスに比べると小型で心配になってきちゃいますね。でもFenderもそうですがギターアンプは基本的に出力トランスは余裕を持たせないで限界性能ギリギリ(たまに超えてる)で使用するというのがセオリーのようです。



Output TRIAD Output Transformerの側面です。よくオリジナルで残っていたなーと思います。きっとFixed Bias方式であったならC電源の電解コンかB電源の電解コンがダメになった時にアウトプットトランスもお釈迦になっていた事でしょう。Cathode Bias方式だからオリジナルのままで残っていたんだろうと考えられます。



Fender Twin Amp 5E8と同じ超貴重なOriginal Jensen P12Qを二発搭載。もちろんオリジナルコーンです。



Original Jensen P12Q デイトコードは220048ですので60年製です。



Original Jensen P12Q デイトコードは220048ですので60年製です。



キャビネット底部に刻印されたシリアルナンバーです。





Rickenbackerらしいレトロなルックスのアンプです。

音量・音色的にはFender DeluxeとTweed Twinの中間くらいで一番扱いやすく、ライヴやレコーディングに最適かと思います。

フェンダーツイードアンプ黄金期と同じJensen AlNiCo Speaker & TRIAD Transformer仕様で、

ヴォリュームを上げてブレークアップしたサウンドはかなりな暴れ馬です。

Original Jensen P12Qの軽いスピーカーが発するサウンドはもろツイード・フェンダーです。

消耗品交換以外はオリジナル度もとても高くコレクタブルな一台です。

お探しの方はこの機会に是非。


hiroggy
HOWL GUITARS

HOWL GUITARSさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス