VOX 1963年 JMI AC-30 Top Boost [Smooth Black] | HOWL GUITARS
2016年11月27日 15時01分26秒

VOX 1963年 JMI AC-30 Top Boost [Smooth Black]

テーマ: Amplifier
ナマステー

HOWL GUITARSのhiroggyです。

もはや恒例のイントロ文で、インド一人旅の中で起きた事などを面白おかしく文章に表してみようと思います。

これまで書きためた旅行記は 「インド旅行記」 ブログテーマでまとめていますので、気になったら見てやってください。

神聖な村、ハンピで起こったスピリチュアルな出来事編。

楽器説明文と写真だけ見たい人はサーとスクロールダウンしちゃって下さいヾ( ´ー`)


インド旅行記 (10) ハンピ・石の祠 編 「ひつじマントラ」

それにしても静かだった。祠の中はほぼ無音の空間だった。いや、僕の体内から発する音はすごい音で鳴っていた。音に集中すればするほど自分の体の内なる音の大きさに驚く。腸が伸縮してうごめく音、それはミミズがうみうみ這い回る姿を僕に想像させる。心臓がテンポ良く血液を送り出す音は頭に直接響いた。たしかドラムのレコーディングのときバスドラムの中に毛布とマイクを突っ込んでコントロールルームでマイキングチェックをしていたときもこんな響き方をしていた気がする。あまりにも静かな祠の中で、たま粒の汗をかきながら僕はそんな体の音ばかりを聴いていた。
時おり、ぐぎゅるるとお腹が大きく鳴る。いやあ元気ですねハラムシさん。きっと隣のサドゥーに丸聞こえだよ。ちょっと恥ずかしくなってちらっと彼を見てみたけど彼は全く静かに微動だにせずいた。もしかしたら眠っているのかもしれない。彼のイメージはそこで "完全に" 停止している。
でも僕はそれほど空腹っていうわけでもなかった。きっと朝食べた青唐辛子の天ぷらが胃だか腸で壁にイタズラ書きをしている。もしくは青唐辛子の断末魔の叫び。カプサイシン。

さっきサドゥーから頂いたジャパマーラーを使ってマントラを唱えてみる。
マントラのフレーズはやはり聞き取れなかったから、とりあえず僕は 「ひつじがいっぴき、ひつじがにひきひつじがさんびき、ひつじが・・」 の規則性で数えてみることにした。ヒンドゥ教徒からは相当なヒンシュクをかうだろうけど、これしか思いつかなかった。しかたがなかった。ごめんなさい。綿アメみたいなひつじが頭のなかに20匹くらいでてきたところでやはり数がわからなくなった。やれやれ、これで108回はなかなかタフだ。

次項に続く→

←前項に戻る





では本題の楽器紹介へ移ります。

今回ご紹介するミラクル・ヴォックスは

VOX 1963年 AC-30 Factory Top Boost JMI [Smooth Black & Leather Handle]です。



スーパーレアなSmooth Black & Leather Handle仕様の1963年製 VOX AC-30が入荷致しました。

ここ数年で数々のレアなVOXアンプを仕入れてきましたが、かなりコレクタブルな一台です。

今回の個体はなかなか見つけるのが困難な極初期Smooth Black & Leather Handle仕様のAC-30の個体です。

いまではVOX AC-30 = 黒色でお馴染みですが、VOXアンプ初のブラックカヴァリングであるSmooth BlackがAC-30に使用されたのは1963年1月〜3月までの非常に短い期間で、その後Pebble Black Covering (外観が似ているため巷ではこれもSmooth Blackと誤認されていますが、実は別物) に変更になり、おなじみのBlack Basketweaveになります。ダークブラウンのレザーハンドルも同じタイミングでSBUプラスチックハンドルに変更されます。

Smooth Black Covering, Leather Handle, Brown Grill Cloth, Copper Control Plate, Brass Vent, No Corner Protector, 2x Celestion Blue AlNiCo T.530 Speaker, HADDON TransformerのVOXマニアを唸らせるJMI期の黄金スペック。

前述したスペックは1962年製のFAWN時代、HADDON製トランス搭載のAC-30と全く同じもので、カヴァリングだけがSmooth Blackに変更された、とも言えます。

また、これと全く同じ仕様のAC-30を使用していたのはTHE BEATLESのジョン・レノンとジョージ・ハリスンです。二人はSmooth BlackのAC-30をもらう前はFAWNカヴァリングのAC-30 w/Top BoostとAC-15 Twinを使用していたことで知られていますが、1963年のCAVERN CLUB時代にエンドース契約を結んで初めてVOX社から供給されたアンプがこの仕様のAC-30でした。



ちなみにこれが1963年当時のVOXの宣伝広告です。
この個体は 「ビートルズ・ギア」 とも言えますが、その付加価値を除いても非常に貴重な一台です。

背面にはVOXのファクトリーで出荷時から組みこまれていたTop Boostが付いており、これもTop Boost仕様のAC-30の一番初期になります。後年のTop Boostと違い、ECC83プリアンプ真空管が右側についているのが初期仕様のポイント。

それでは、細かくお写真で説明いたします。



オリジナルのVOX logo。



Top viewです。Smooth Black Covering、Leather Handle、Brass Vent、Copper Panel。欠品も無く素晴らしい状態。



back viewです。FABULOUS



工場出荷時に埋め込まれていた初期型Top Boost。



バックのパネルにはモデル名とシリアルが書かれています。



スピーカーはオリジナル 12" Celestion T.530 AlNiCo Vox Blue. 大変貴重なスピーカー。



右側です。



左側です。



コーンはもちろんH.1777が使用されています。



オリジナルコーンの状態もGOOD



Celestionのデイトコードです。DayDayMonthYearの順でならんでいるので15AHは15th A=January H=1963. 1963年1月15日製だということがわかります。



バックパネルを外した状態です。Top Boost KitのECC83が右向きに付いた初期仕様。これは珍しいです。



シャーシLEFT。電解コンデンサーのみ当店で交換致しました。それ以外はオールオリジナルです。



シャーシRIGHT。電解コンデンサーのみ当店で交換致しました。それ以外はオールオリジナルです。



全て貴重なOriginal Transformer。



HADDON Main Transformer



Original Output Transformer & Choke Transformer



電解コンデンサーは当店でF&T(Made in Germany)の新品に交換致しました。



オリジナルのエッグシェイプフットスウィッチとBFタイプの電源ケーブルソケット。





大変貴重な1963年製VOX AC-30 Smooth Blackです。

ここまで綺麗なコンディションの個体はなかなか出会えません。

VOX特有のパンチの良さ、きらびやかさは極上です。

ルックス、サウンドともに、これぞTHE VOX AC-30といった感じです。

Factory Top Boostがついてるので使い勝手が大変良いです。

お探しの方はこの機会に是非!


hiroggy
HOWL GUITARS

HOWL GUITARSさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス