Matchless 1993年製 DC-30 Gray Sampson-Era 100V | HOWL GUITARS
2015年05月18日 15時12分15秒

Matchless 1993年製 DC-30 Gray Sampson-Era 100V

テーマ: Amplifier
こんにちは、

HOWL GUITARSのhiroggyです。

気になるニュースを発見。

『ウナギ味のナマズ、近大が研究「言われなければウナギ」商社も注目』

ほほう。これはファンタスティック!

記事によると、近畿大学の研究者が養殖業者と協力し、ナマズのエサを工夫したらウナギそっくりの味になったとのこと。すでに現在鰻屋で試験販売が始まり、お客さんの評判は意外にも上々だそうです。また国内の大手水産商社も商品として扱いたいと強い関心を示しているとか。

食べてみた人の味の感想をひっくるめると、鰻にくらべ薄味だが鰻と言われて食べたら鰻と思うかもしれない。と。もちろん値段は鰻よりも安く、半額ほどで食べれるみたいです。

鰻大好きなので、これはぜひとも食べてみたいです!!今年の夏はナマズが活躍する可能性もありますね。

近大といえばクロマグロの完全養殖に成功したことで有名な近畿大学ですね。いやぁ、やってくれますねぇ。あっぱれ近大です。日本の伝統食材は彼らによって支えられていくことでしょう。

ということでThe d.e.pの Mr. No Problem をどうぞ!



う~ん、奇跡のバンド!もう二度と見れないことが残念ですね。





それでは、本題の楽器紹介へ移ります。

今回ご紹介するマッチッチは

Matchless 1993年製 DC-30 Gray Sampson-Era 100Vです。



またまたHOWL GUITARSにMatchless Sampson期 1993年製 DC-30 Grayが入荷致しました。

特徴的なプラスティック・ハンドルやブランドロゴのエンボス加工など初期スペックが確認出来る貴重なDC-30。

ツヤがありピッキングレスポンスの早いサウンドは最早ギターアンプ界のスタンダードと言っても間違いなしですね。

電源は100V仕様で日本で使用するには最適な一台です!!

それでは写真と共に見ていきましょう



ロゴプレートのライトは1993年までBlue Lightになります。



こちらも93年までの仕様であるエンボス加工されたロゴプレートです。



こちらもDC-30では93年までの仕様のプラスティック・ハンドルです。



バックビューです。スピーカーはもちろん左右非対称のMatchless Custom Order Celestion Speakerです。



バックパネルのアップ画像です。



スピーカーはMatchlessの代名詞とも言える30Wと25Wの非対称スピーカーです。



シリアルナンバーとチューブチャートのデカールです。



取り出したシャーシの画像です。



電源トランスの型番です。もちろんMatchless特注のトランスです



電源トランスの画像です。1993年製造という事が分かります



アウトプットトランスの型番です。同じくMatchless特注のトランスです



アウトプットトランスの画像です。1993年製造という事が分かります



チョークの画像です。型番がスタンプされております。同じくMatchless特注



シャーシに刻印されたシリアルナンバーです。



シャーシ内部の画像です。良質な抵抗・コンデンサーが使われております



左側の画像です。トランスにもシリアルナンバーが書かれております



右側の画像です。こちらのトランスにもシリアルナンバーが書かれております



バックパネル側の内部。



フロントパネル側の内部です。




近年本当にSampson-Eraの初期Matchlessを見かける機会が減ってきました。

文句無しに素晴らしい、極上マッチレスサウンドです。

コンディションも良く、キャビネットの鳴り方も素晴らしいです。

Sampson-Eraのプラハン初期Matchless DC-30をお探しの方は

このチャンスをお見逃し無く!!


hiroggy
HOWL GUITARS

HOWL GUITARSさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス