Matchless 1993年製 DC-30 Gray Sampson-Era [Mint] | HOWL GUITARS
2013年01月07日 15時11分33秒

Matchless 1993年製 DC-30 Gray Sampson-Era [Mint]

テーマ: Amplifier
明けましておめでとうございます。

本年もHOWL GUITARSを何卒宜しくお願い致します。

お正月はずっと実家に帰ってゆっくり何をするでもなくはんなりと過ごしておりました。

毎年お正月に家で過ごしていると思うのですが、このままグーダラ人間になって社会復帰出来なくなるんじゃないか?と危機感を感じます。

廃人一歩手前です。本当に、、、

ただ弟のHiroggyに関しては僕以上に正月は廃人ですね。一歩手前じゃなく廃人になってます。燃え尽きてます。。。

兄弟揃って社会復帰出来るか心配な今日この頃ですが、2013年もHOWL GUITARSを何卒宜しくお願い致します。


ではでは新年一発目のブログちゃんは、、、

Matchless 1993年製 DC-30 Gray Sampson-Era [Mint Condition]

$HOWL GUITARS

Mint ConditionのMatchless Sampson期 1993年製 DC-30 Grayが入荷致しました。

特徴的なプラスティック・ハンドルやブランドロゴのエンボス加工など初期スペックが確認出来る貴重なDC-30。

今回入荷した個体は、コンディションが素晴らしいという点もポイント高いですが、もう一つポイントの高いレアな仕様があり、それはトランスが通常のWTIではなくMMというメーカーでかなり貴重な1台となっています。

Matchless社では1993年にトランス類での大きな変更がありました。
その理由はブライトインターナショナル社がMatchlessの輸入代理店となり、電源トランスを日本の電圧100Vに対応するべくMatchless社は新たに100V仕様の電源トランスを発注し、搭載する事になりました。

いずれMatchlessのトランスの話だけでブログを書こうと思ってましたが簡単に書くと下記の通り

Matchlessの電源トランスの型番の推移は
・1990年~1991年まで[ WTI 9357 ]
・1991年~1992年まで[ WTI 9458 ]
・1993年~1994年まで[ WTI 9458 B ]
・1995年~1996年まで[ TDS 9458 B ]
・1997年以降のトランス[ T 541692 1052 9723 ]

上の表を見ての通り、1993年に電源トランスは2度目の仕様変更され型番に[ WTI 9458 B ]の「B」が追加された事が分かります。

この「B」は、AとかBとかC Typeと言う意味ではなく、Bright Internationalの頭文字の「B」という意味だと予想されます。

因にブライトインターナショナルへの正規輸入品だけが[ WTI 9458 B ]のトランスになったのではなく1993年以降のMatchless社で出荷される全てのDC-30の電源トランスが[ WTI 9458 B ]に変更されました。

よって1993年以降の個体であれば、正規輸入品ではない並行輸入品でも中身は同じなので100V仕様に変更出来ます。HOWL GUITARSでは120V→100V、 240V→100Vの変更を承っておりますのでご希望されるMatchless Userさんがいらっしゃいましたらお気軽にご相談下さいませ。

この個体もHOWL GUITARSで100V仕様に変更してありますので日本国内でステップアップトランスを使わなくても100%の能力を発揮出来るようになっております。

脱線しましたが、本筋はこれではなく、この個体に搭載されているトランスのメーカーが通常の[WTI]ではなく[MM]というメーカーと言う事がとてつもなくレアなのです。

予想するに1993年に電源トランスを[ WTI 9458 B ]に変更するにあたってWTI社だけでなく他社にも製作を要請したりして試行錯誤していた際のProto Typeの個体ではないかと思います。

HOWL GUITARSでは沢山のMatchless DC-30を見てきましたが、このトランスのメーカーは初めてで、とても興味深い希少な一台だと位置付けております

それでは細かく見ていきましょう。

$HOWL GUITARS

ロゴプレートは93年までのBlue Light仕様です。

$HOWL GUITARS

こちらも93年までの仕様であるエンボス加工されたロゴプレートです。

$HOWL GUITARS

こちらもDC-30では93年までの仕様のプラスティック・ハンドルです。

$HOWL GUITARS

バックビューです。スピーカーはもちろん左右非対称のMatchless Custom Order Celestion Speakerです。

$HOWL GUITARS

バックパネルのアップ画像です。

$HOWL GUITARS

シリアルナンバーとチューブチャートのデカールです。

$HOWL GUITARS

シャーシの画像です。

$HOWL GUITARS

電源トランスの画像です。[9458 B MM 07/93] 1993年7月 MM社 製造と言う事がわかります。とてもレアな個体です。

$HOWL GUITARS

出力トランスの画像です。[9356 MM 07/93] 1993年7月 MM社 製造と言う事がわかります。とてもレアな個体です。

$HOWL GUITARS

チョークの画像です。[9355 MM 07/93] 1993年7月 MM社 製造と言う事がわかります。チョークまで製造年がプリントされたとてもレアな個体です。

$HOWL GUITARS

シャーシに刻印されたシリアルナンバーです。

$HOWL GUITARS

シャーシ内部の画像です。使われているパーツは92年製と比べてもほとんど一緒でクオリティーの高さが伺えます

$HOWL GUITARS

シャーシ左側の画像です。

$HOWL GUITARS

シャーシ右側の画像です。

$HOWL GUITARS

シャーシバックパネル側の画像です。

$HOWL GUITARS

シャーシフロントパネル側の画像です。

$HOWL GUITARS

最後にもう一度全体像です。カバリングの状態は素晴らしくミントコンディションです。


以上、如何だったでしょうか?

因にCharさんのDC-30の電源トランスの型番は[ WTI 9458 B ]です

あれ?って思った方、あなたは正しい。CharさんのDC-30は1992年製と言われているから1993年以降の[ WTI 9458 B ]のトランスが載っているのは矛盾してるんじゃ、、、と思いますよね。

ところがそれで正しいんですね。なぜならCharさんのDC-30はイロイロと複雑な事になっていて、キャビネットとシャーシと電源トランスがそれぞれ年代がバラバラで特別に組まれた一台だからです。

キャビネット&スピーカー・・・・1991年製
シャーシ・・・1992年製
電源トランスとバックパネル・・・・1993年製(厳密には1992年の12月に作られている)

なのでキャビネットのシリアルナンバーとシャーシのシリアルナンバーが違うんです。

結果的に世界で一台しかない世にも奇妙なDC-30となっております。

今回入荷した個体も世界で一台レベルのスーパーレアな個体になっております。

グッときた方はこの機会に是非!!

お問い合せお待ちしております

Gichi
HOWL GUITARS

HOWL GUITARSさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス