Traynor 1974年製 YBA-1 Head Amp | HOWL GUITARS
2010年10月16日 18時34分26秒

Traynor 1974年製 YBA-1 Head Amp

テーマ:Amplifier
こんばんは、

HOWL GUITARSのhiroggyです。

ついに風邪をひいてしましました。

しまいました。

こんな状態をふっきるにはニンニク様のパワーをもらうしかないですね。グッド!

今夜のメニューはガーリックジンジャーエッグお粥に決まりだ!

みなさんも体調を崩さないようにおきをつけください。


では本題に

今回ご紹介するアンプさんは

Traynor 1974年製 YBA-1 Head Ampです。

Traynorはカナダのトロントで1963年にPete Traynorによって立ち上げられたアンプを主に製造する音響メーカー。

もともと楽器屋で働く従業員だったピートが地元トロントのミュージシャンにアンプの修理を依頼されエンジニアとしての経験を積んでいき、そうしていくうちに北米において初の持ち運び可能なポータブルPAスピーカーを63年に発売。

そしてDynabassという45Wのベースアンプを開発し、Bass Master YBA-1と改名されました。Fender Bassmanと同様にベースアンプとして設計されていますが、ギターリストに好まれてぐんぐんと名を上げて、1970年代初頭には本国カナダはもちろんアメリカ、ヨーロッパ諸国にまでTraynorのアンプは行き渡りました。

Traynorの使用で有名なアーティストはChuck Berry, John Lennon, Eric Clapton, Jeff (Skunk) Baxter, Steve Miller等があげられます。

この個体は一番人気のYBA-1で、パワー管に6CA7 (EL34) を2本、プリ管に12AX7Aを4本使用しています。

それではお写真を公開

$HOWL GUITARS

ヘッドトップの画像です。

$HOWL GUITARS

back viewです。

$HOWL GUITARS

フロントパネルです。

$HOWL GUITARS

こちらはフロントパネル右側。

$HOWL GUITARS

バックパネルに表記されているチューブチャートと型番です。

$HOWL GUITARS

バックパネルの画像。スピーカーアウト等が確認できます。

$HOWL GUITARS

シャーシの画像です。

$HOWL GUITARS

シャーシ内部画像その1。オーバーホール済みでキャパシターが3つ交換されております。

$HOWL GUITARS

シャーシ内部画像その2。ポイント・トゥ・ポイントです。

$HOWL GUITARS

シャーシ内部画像その3。

$HOWL GUITARS

シャーシ内部画像その4。サインが確認できます。

$HOWL GUITARS

シャーシ内に貼られていたインストラクションステッカー。

$HOWL GUITARS

トランスです。

$HOWL GUITARS

こちらもトランスです。

$HOWL GUITARS

回路図を丁寧に表してある紙が付いております。

$HOWL GUITARS

最後にもう一度全体像です。



上質なチューブサウンドがアウトプットされます。

EL34の王道系オーバードライヴが爆音と供に楽しめる一台でございます。

MarshallのJMP50がやはり一番近い音で、

ロックンロール、クラシックロック、ハードロック全てのロックにマッチするサウンドと言えるでしょう。

オーバーホール済みの使えるヴィンテージアンプです。

この先も問題無くご使用いただけます。

お探しの方はこの機会に是非!


hiroggy
HOWL GUITARS