年齢と食事量・・・”食べれば健康”は非常識 | 健康は食にあり -東洋医学の知恵-
2010-02-18 00:22:51

年齢と食事量・・・”食べれば健康”は非常識

テーマ:東洋医学と食

その年齢によって消化能力は決まってきます。


成長期の子どもと、高齢者の食事量が同じということはあり得ないのです。


グラフの実線は、身体が正常に消化吸収できる量であり、身体に無理のない均衡のとれた食事量です。


健康は食にあり -東洋医学の知恵--年齢と食事量


人間の消化能力は、20代から徐々に低下していきます。


個人差はありますが、右下がりのラインの傾斜は30代を超えると確実に下がっていきます。


現代の日本人のほとんどの方が”食べすぎ”になってしまっています。


「食べれば食べるほど健康になる」というのは、バカげた健康常識!


むしろ身体の代謝許容量を超えた食物摂取が、身体にどのような影響を与えるかが問題。



しかもカロリーが低い食品を多量に食べてお腹を満足させることも消化器に無理をかけているのです。


常時、胃にものが入っている状態も危険です。


たとえ少量しか食べていなくても、食べる内容やタイミングによって、また内臓の状態によっても、身体にとっては負担となる場合もあるのです。


東洋医学的食事指南さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。