1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2006-01-29 13:29:04

Google検索

テーマ:その他

最近調べ物をしていてよく検索をしているのですが、ふと自分のブログって検索で出てくるのだろうか?と疑問に思いやってみました。


「双子 育児」とキーワードを入れて検索してみると、いやぁ双子育児中の方のブログやHPがわんさか出てきました!

ただでさえ普通の育児より大変な中、皆すごいなぁ~と感心。


私のなんか出てこないだろう・・・と思いつつページを進めると、ページ目に出てきました!

私は何か検索した時にはいつも10頁までチェックするのです。

同じような人がいたら、かろうじて私のブログを見てくれる人がいるのかも?ってことですね。


更に、「双子 育児 アメリカ」とほぼブログタイトルと同じようにキーワードを入れなおしてみたら、なんと1頁目の一番最初に私のブログがヒットしました!


おおーーーーっ!


なんか、嬉しい~♪


双子育児中の方でも私よりとても面白く、内容が充実したブログやHPを書いている人はたくさんいるだろうに、どういう検索システムになっているか知りませんがありがたやー。



ちなみに、私と同じ名前の人ってどのくらいいるんだろう?っと検索してみたところ・・・・。

いました。

しかし、なんかこれ見覚えが・・・。


あーーーー!これ私自身じゃんっ。

以前働いていた職場でリクルート用の会社案内パンプに寄稿を頼まれたことがあるんです。

その内容がそのままズバリ出てきているではありませんか!!


うへーーー。

止めて欲しい・・・・。

とても読めたもんじゃありません。


作家がデビュー当時の作品を恥かしくて読めないと言う気持ちがよく分かりました。


削除してくれないかなぁ。




AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-01-28 15:44:35

夫は出張中

テーマ:生活

子供を出産してから運良く一度も出張で家を空けることのなかった夫。

今回初めて約1週間の旅に行きました。


普段は何にも手伝ってくれない!と不満ばかり口にしていますが、よく考えてみれば大量のおむつ&ゴミ出し、子供達のお風呂入れ、たまには食後の後片付けもしてくれています。

結構な戦力になっています!


昨日初めて子供達と3人で一晩過ごしたのですが、不安感があるせいか何度も鍵がかかっているかチェックしに行ったり、ちょっとパキッとか音がすると目が覚めたりしました。


結婚するまで9年も1人暮しを経験したのに、いつの間にこんなに夫を頼るようになっていたんでしょうか?

いやはや、夫婦ってなんだかんだ言って肩寄せ合って(体重をかけて?)生きているんだなぁ。


ところで最近の子供達・・・可愛過ぎます!

周りから今が一番可愛い盛りでしょ?と言われてもいまいちピンと来てなかったんですが、もしかしてこの感じがそうなのかも?って思うようになりました。

いたずらは益々激しくなり、反抗期の初期症状も現れ出して自分で服を脱ぎ着したがったり、私の言う事をわざと聞かなかったりします。

でもだいぶ私にも忍耐力がついてきたようで、1日1回怒るかどうかくらいになりました。

だって、生ゴミ漁ってお茶っ葉にまみれた肉をくちゃくちゃ食べていたり、トイレの便器を掃除する棒を振り回していたりするんですよ!

怒りというより失神しそうになります。


それでも笑顔が可愛くてもっと笑わせようって思っちゃいます。

何か遊びを増やしたいのですが、どうやって相手してあげたら良いか分からず、ワンパターンですが本を読んだり、ビデオ見せたり、体をくすくすくすぐったり歌を歌ったりしています。

他にどんなことやってあげると喜ぶんでしょうかね?


うちの子達はいまだにベビーベッドで寝かしつけると必ず夜中に起きて、結局夜中に大人と一緒に寝るというパターンなんですが(いつになったら一晩ぐっすり眠れるの?)、夜中に起きてもママー!と私を呼ぶんです。

あー、主婦って誰からも評価されずお給料ももらえないんだけど、今確かに私は必要とされているんだなって静かに喜んでいます。


こんなささやかな日々の積み重ねです。

夫も出張先からかけてくる電話では、「すぐ子供達に代わって」と言います。

まだ喋れないんだってば!










AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-01-27 14:45:00

ESLへ

テーマ:生活

今日は、年末に入会登録だけしてそれっきりだった教会のESL(英会話)クラスへ行ってきました。


去年の段階ではクラスも決めかねていたのでまだテキストももらってなくて、オフィスに行ってみたら担当者は1人だけで既に誰かと面談中。

さらに日本人2人も待っていたので、ええいっ決めたクラスへ直接行っちまえ!ってな訳でいきなり参加クラスへ。


ここの教会、新しくて広くて迷うほどですがESLの為に部屋を提供してくれず廊下にテーブルと椅子を置いて授業をしています。

廊下って行ってもホテルの宴会場前のロビーみたいに広いんだけどね。


それでクラスへ行ったものの、先生も先月ちょろっと見学にきた私のことなんてすっかり忘れているらしく、その上1人でポツンとやってきた私に不思議顔。


先月クラスを見に来てここのクラスに参加することに決めたんですってな話をして納得してもらった所、「今日は今から皆で私の家に行くのよ!」と先生が。


えー!いきなりですか。

授業だけではつまらないので、先生によっていろいろ課外授業を行っているらしいけど、前もって聞いてない(行ってないから当たり前だけど)のでうろたえます。

子供を預けている事を話すと、何人かも12時までにはここに戻ってこないと行けないからその人達は先生の車で戻って来れると言うので参加することにしました。


車5台が連なり、車で10分もかからない先生の家へ。

ところが、そもそも今日の企画は先生の行き当たりばったりだったらしく、携帯電話を忘れた人、先生の携帯の電話番号を知らない人などが続出し、たった数マイルの距離なのに後ろから付いて来た車は2台だけ。

先生も生徒達も全員の携帯電話番号を把握してないし、電話をかけてもマナーモードだったとかいろいろもめましたが、先生が教会と家を往復したりして何とか全員が家に到着しました。


先生のお宅のリビングには所狭しと、動物の剥製がびっしりと壁に飾られていました。

戸棚に銃も飾ってあったし、ご主人の趣味がハンターなのかな?

私は剥製ってちょっと苦手で特に夜はこの部屋に居たくないなーと思いましたが、女性陣は結構同意見の人が多くてやっぱり狩猟って男の趣味なんだと実感。


先生はギリシャ人と結婚していますが、ギリシャ料理のランチでおもてなしをしてくれました。

出された料理は、

オリーブ(漬物)

ハモス

ピーマンのオーブン焼き

ムサカ


ハモスとはひよこ豆のディップですが、中東系のテイクアウトの店で食べた事があったので馴染みがありました。

ピーマンのオーブン焼きはこの時期に出回る普通のピーマンより小さく縦長の赤や黄色のピーマンで作るもので、塩・こしょう・オレガノ・オリーブ油をかけてオーブンで焼くだけですが、冷めてても甘くて美味しかったです。

(普通の色ピーマンだと皮が厚くてイマイチ食感が良くないそうです。)


ムサカとは、なす、ジャガイモ、牛ひき肉などを入れたオーブン焼き。

上にはホワイトソースが乗っていますが先生は漂白されてない小麦粉を使ったので茶色でした。

この料理は作るのに2時間かかるそうですが、なすを塩で揉んで水につけしならせ、色を出してしまった後、今度は吸収した水分を絞って乾燥させるために時間がかかるんだそうです。

先生は日本のなすを使ったと言っていました。

(アメリカのなすは米なすとして日本でも売っているように巨大です!)

ちなみに、ネットでレシピ検索するとなすの下ごしらえをするレシピが無かったので、やらなくても良いのかも知れませんが、先生はなすは油を多く吸収するので下ごしらえをした方がヘルシーだと言っていました。


このムサカは久々のヒット料理です!

ジャンクフードばかりでレストランも激まずの店が多いアメリカですが、やっぱり手料理って美味しい!と感激しました。

今度たくさんレシピ検索して、なすの下ごしらえをしたムサカを作ってみます。


もう帰国も決まったし、ESLはどうせ無料だから・・・と行く気を無くしていましたが、やっぱり行くと刺激になって良いですね。

生徒に手作りの料理でもてなしてくれる先生の人柄にも感謝です!

だって、教会で英語を教えることはボランティアでやっているはずだし、その上こうして生徒を自宅に招待していろいろ教えてくださるなんて、生のアメリカ人の生活を垣間見る絶好のチャンスですもん。


12時に間に合うように先生が再度教会まで送ってくれましたが、ナーサリーに預けていた子供達を迎えに行くと双子Bがぎゃんぎゃん泣いていました。

最近私にべったりなんですが、途中から泣き止まなくてどうしようもなく持たされていたポケベルを2度鳴らしたそうなんですが、私が運悪く教会の外に出てしまっていた為、保育士の人も困り果てていたようです。

双子Aは移動カーの中でベルトを締められ眠っていました。


ご免よ、双子ちゃん!

ちょっとだけママの時間作らせてね。


たくさん、たくさんキスをしてぎゅっぎゅっと抱きしめました。

機嫌が直ってくれました。





AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-01-26 12:51:00

しつけ

テーマ:その他

ほりえもんさん、逮捕されちゃったんですね!

ああいう異端児って上から叩かれやすいけど、やっぱり日本経済を変えた人だと思うからどんどんいろんな事やって欲しかったな。

どの会社でも法律に反したorギリギリのことはやってると思うんですが、ちょっと行動が目立ち過ぎちゃったのかしら?

今後のライブドアどうなるんでしょうね。



ところで、最近敷地内のプレイヤードに黒人の男の兄弟3人組がよく遊びにきています。

今日、テーブルにクッキーを置いていたら「お腹減ったから頂戴。」と言いに来ました。

元々、管理事務所に寄ったついでに無料で置いてあるクッキーを拝借したものだったので「どうぞ」と渡したのですが、3人いるのに2枚しかありません。

年長者には渡しそびれたのですが、子供のおやつ用に持ってきていたグラハムクッキーがあったので袋ごと渡したところ、3枚ほど手に取ったものの袋を返す様子がありません。

きっと欲しいんだろうなーと思って、「全部あげるよ。」と言ったら喜んでくれました。


しかし立ち去る時に私にお礼を言ったのは一番年下の男の子ただ一人。


その後、子供達を滑り台などで遊ばせていた時もこの3人組が近くにいましたが、年長者の男の子は袋のクッキーを食べながら遊んでいます。

他の2人に分け与えていたのかどうか定かではありませんが、さっきありがとうと言ってくれた一番年下の男の子と目があうと、彼が再び「さっきはありがとう!」と笑顔で言ってきました。


やっぱり他の2人は知らん振り・・・。


なんでも、ルイジアナが襲われたハリケーン・リタの被災者家族なんだそうです。

親族がこのアパートに住んでいて頼ってきているそうなのですが、この黒人の兄弟の親を見た事がありません。

アメリカでは公園で子供を遊ばせる時も、必ず親がそばについています。

敷地内とは言え、こういうルールにとてもうるさいアメリカなのに親は何をしているんだろう?

聞けば、この兄弟は誰かが食べ物を持っていると悟るといつもお菓子をせがみにくるのだそうです。


もしかしたら、親のしつけがきちんと行き届いていないのかも・・・・と思いました。

アメリカに来て子供のしつけが徹底しているのにしばしば驚かされます。

言葉が喋れるようになるとどんな小さな子供でも、Thank youや Excuse meを言います。

何かをしてあげた時、道端で肩がぶつかった時など必ず子供が言うのでこちらが驚くくらいです。

ビュッフェスタイルのようなファミリー向けレストランでさえ騒いでいる子供というのはまずいません。


それらを見て、日本の方が子供には甘いなと感じるようになりました。

スーパーで大の字になって泣き喚く子供や、レストランで金切り声をあげている子供を見るのはしょっちゅうですよね。

アメリカの躾を見習いたいなと思いました。

ちなみに家の中での事は知りませんが、公衆の面前で子供に手を上げることも皆無です。

法律が徹底しているので、虐待の疑いで逮捕される可能性があるからだと思います。

確かに、「静かにしなさい!パシッ」なんてやっているのを見ると親が子供の行動に我慢できなくて感情むきだしにしているのがアリアリで、ちょっと見苦しいですよね。


皆さんはどういう躾をされていますか?









いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006-01-24 13:39:15

家の値段

テーマ:その他

今日は同じアパートに住んでいるお友達の家に遊びに行ってきました。


もうそろそろ帰国になりそうだって告白したら、日本へ帰ったらどこに住むの?という話になりました。

今日集まったメンバーは皆アメリカに来る前は首都圏に居住していた人達です。


私は元々地方出身なので、東京のどこに住むのがスティタスがあるのか人気のエリアはどこ?と聞かれると決まりきってますが、世田谷区内とか田園都市線沿いとかくらいしか知らないのですが、今日集まったメンバーもやはり皆一押しでした。

世田谷に住んだことがある人は、一度住んでしまうと離れがたいようです。


何が良いの?と聞いた所、はっきり言ってしまうと住んでいる人達が割とまともな人が多いからあまり変な心配が無いとのこと。

つまり賃貸にせよ家を購入しているにせよ、それなりの収入のある人が住んでいるので怪しげな人が少ないという意味のようです。

そして公立学校でも良い学校が多いようだし、公園や福祉施設も充実してるんですって。


なるほど~。


でも共働きの同僚が建売り(恐らく新築)で6000万円くらいの物件を購入したと言う話をしたら、場所にもよるけどその値段はすごく安くて7,8000万円が当たり前だと言われたました。


ひ、ひえーーー!

それ、サラリーマンが買うんですか?って感じ。


ま、実際問題として親からの援助を受けて家やマンションを購入している人が大半を占めるようです。

私の場合、双方の両親ともに援助は望めないので(泣)、通勤1時間半くらいかけて郊外の家やマンションを買えればまだ良い方だと思っていますが。

そして、東京近郊に住む場合どこが良いか?って話になったら、神奈川県人は千葉県をすごく嫌うという話を聞いてまたビックリ!

私は何度か東寄りに住んだ事があり、千葉県の柏市なんかはとても大きくデパートもいくつもあってとても便利だと思っていたのですが、VERYを読み込んでいる方々にとってはちとステイタスに欠けるようです。

そう言えば、埼玉の話は出てこなかったなぁ。


帰国1ヶ月位前にはどこの社宅に住むか2、3提示を受けることになるのでどんな物件が来るのか楽しみです。






いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-01-23 12:19:00

牛肉問題

テーマ:生活

日本では米国産の牛肉の輸入を再開したそうですが、危険部位が混入したとかで又騒ぎになってますね。

ここにいるとBSEに敏感になっているのは日本人だけ?っていう位、アメリカ人は気にしていない様子。


もちろんアメリカ国内でも発生していてその都度ニュースにはなっているんですが、業者にインタビューなんかすると「今後は大丈夫です。」みたいな決まりきった答えしか返ってこないし、消費者も「これから気をつければ問題ないのでは?」みたいな楽観的な意見が多いんです。


毎日、肉・肉・肉を食べるアメリカ人なので、本当に騒ぎ出すと大問題になるからうまく官庁とメディアが情報操作しているような気がして仕方ありません。

つまり消費者まで本当の恐さが届いていない感じを受けるんです。


かたや日本でのニュースを見聞きするとこの報道の差は何?と不思議な気分がします。

そしてちょっと神経質すぎるのかな?とも。


私もアメリカに来る前は人並みに無農薬、低農薬野菜に関心があったし、スーパーに行ってそれらの野菜が置いてあればよほどの高額じゃない限り手が伸びたものです。

安過ぎるものや産地がはっきり書いてないものは買わないとか自分なりのルールを決めたりしていました。


しかし、こちらに来てからそういう感覚が完全に麻痺してしまいましたね。

もちろんこちらでもオーガニックフードは売っているし、専門店も存在します。

でも一般のスーパーで○○産と表示をしている野菜を見た事が無いし、そもそもジャンクフード大国なので、冷凍食品、レンジでチン料理、肉、乳製品、などが売り場の幅を占めていて野菜売り場ってスペースが小さいんですよね。

季節感なんて全然無くて、1年中似たり寄ったりの食材。


初めはその事がすごく気になったけれど、それに慣れて来ると神経質になるのが馬鹿らしくなってくるんです。

同じ駐在のお友達も似たようなことを言っていて、日本に一時帰国するとやたらと健康食品とか売り場で見聞きするものに敏感になるのに、アメリカに戻ってくると何でも気にしないで買ってしまって変な感じだと言っていました。


そもそも日本が自国で大部分の野菜、お肉を調達できればこんな問題も起こらないんでしょうけどね。

私も日本に帰ったら子供達に食べさせる事を考えると、又神経質にならざるを得ません。


家庭で出来る最低限の防止策は、なるべく外食や買ってきたお惣菜より自分で作ったものを与えることくらいでしょうか?



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-01-22 14:45:10

罰金$70のその後

テーマ:生活

先日図書館で借りた本を紛失して罰金を払った話を書きましたが(1月22日のブログ 参照)、本が見つかりました!

やはり日本人が利用する商工会の図書館にあったのですが、この間探したけど見つからなかった棚に置いてあったので多分どなたかが借りていたんだと思います。


そこで早速市民図書館に本を返しに行きました。

ちょうど受け付けにいる女性はこの間私が罰金を払った人と同じ人。

ほんの数日前の話だから、こりゃ話が早い!と思っていたのですが・・・。


コンピューターをピッピッピッとやって紙が出てきたら、$70全額は返せないと言います。

どうやら一連の手続き料のようなものがかかり、一冊につき$10差し引かれ合計$50の返金だと言われました。


こちらの落ち度だったので仕方ありませんが、罰金を払う時全額返してくれるって言いましたよね?なんて確認しているうちに受付けの人が自分の処理に不安を感じたらしく、「ちょっと待って」と奥の誰かに聞きに行きました。


そうしたら、マネージャーらしき人が登場。

いや、私はつつがなく処理してくれれば良いので、別に$50の返金で構わないんですが・・・・。


このマネージャーさん、よりにもよって「どうして罰金を払ったの?」と聞いてくるではありませんか!

私「は?先日火曜日に返却期限が来たんですが、本を紛失したのでこちらに事情を話に来たら、罰金を払えって言われたんですよ。もし見つかったら返金するって言われて見つかったので来たんですが。」

マネ「本を探しているのなら探していると言ってくれれば良かったのに。」

私「言いましたよ。でもこの受付けの人がこういう処理をしたんです。」

マネ「あなたが、なくしたって言ったから罰金を払うことになったのよ!」

私「事情は話した上での事なので、私の責任じゃないんですが・・・。」    


・・・・・。

つまり彼女の言いたい事は、返却期限が来たけど、今探しているからちょっと待って!と言えば経過措置のようなものが取られたようなんです。

でも多分受付けの人もその事を知らなくて本をなくした=罰金という処理をしてしまった。

私は払わなくても良かったかも知れない罰金を払い、挙句に全額は返金されないから損をした事になります。


マネージャーさんはその事を言いたかったんだと思うんですが、その態度があまりにも高慢でとても市民側に立った物言いではなかったので話がこんがらがってしまったのです。

その上このマネージャーさん受付けのやる事にイチイチ口出しして、今あなた何を書いているの?何見てそれ書いてるの?とチェックがうるさい。


マネージャーさんが、一連の書類をコピーしにその場を離れた途端、受付けの人が「ごめんなさいね。」と謝ってきました。

私「あの人、すごーく怖い人ですね。なんか偉そうで・・・・。」

受付「(首を縦に振る)・・・・・。」

私「ま、気にしなくて良いですよ。」


珍しく受付けの態度がシュンとしているので(普通のアメリカ人って絶対謝らないですが、この人アジア系の人でした。)、なんか励ましたくなりました。


それにしても、役所系の態度が悪いっていうのは世界共通なのかしらん?





いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-01-21 14:21:00

人がバタン!

テーマ:生活

やっと週末ですね!


今週は双子の体調が悪く、一人が回復したらもう一人という具合にちっとも気が抜けなくて、私も超寝不足の日々でした(夫にみたいないびきかいてたぞーって笑われちゃいました!)。

やっと山場を抜けたし、来週は夫が出張で1週間近く家にいないのでそれまでに何とかなりそうでホッとしています。


ところで少し前の出来事なんですが、自分の目の前で人が倒れたことってありますか?

電車通勤なんてしていると具合が悪くなって倒れる人がたまにいますが、私は日本にいる時もこちらに来てからも目撃することが多くびっくりします。


と言うのも、私の目の前で覆い被さってくるように倒れてくるからなんです。

一度は、日本へ帰る機内で前方からトイレに行こうとしているのか歩いてきた中年女性が、いきなり私の前でドサッと倒れこんで大騒ぎになったことがありました。

慌ててスッチーさんに大声で報告したら、スッチーさんも慌てちゃって医者を探せ!って叫ぶし、肝心のご主人が来ても、ただボーッと眺めているだけでちっとも役に立ちそうも無かったし、大きな病気じゃなければいいなぁ・・・とハラハラしました。


そしてこの間は、モール内を歩いていたら空気がこちらにビュンッと吹き込んできて何事かと思ったら若い女性が真っ直ぐに私の目の前に倒れてきました。

それはもう、体が真っ直ぐな状態で後ろ向きに倒れてきたので、後頭部をそうとう強打したと思われる感じでした。

目を開けたままだったので、初めは何かに足を引っ掛けて転んだのかしら?と思いましたが、すぐ目がグルグル回っているような動きになってきたので、貧血か何かで倒れたのだっと思いました。

(黒人だったので顔色を伺うことが出来なかったんです。)

丁度携帯電話を売っているブースみたいな所だったので、売り場の人に目で合図したら向こうもすぐ気がついたらしく一生懸命声をかけてくれましたが、返事がないので、通り掛かりの女性が911(救急車)に電話しようかと言い出しました。

あっという間に人だかりが出来ましたが、5分もしないで本人が意識を取り戻したので、誰かが近くにおいてあるソファまで誘導し、体を休ませたようです。


実は私自身数えられない位電車内で貧血で倒れたことがあり、見知らぬ方にたくさんお世話になりましたが、とても親切にしてくれる方とよろけている途中で自分の身に降りかからない様にヒョイッと身を避ける大変失礼な人までいろいろでした。

なので、自分がそういう人に遭遇した時は出来る事をしてあげたいと思うんですが、アメリカにいると私はまるで小人みたいで、力ではちっとも役立たずだし、焦っている時は更に英語もちんぷんかんぷんになるしで

せいぜい誰かに助けを求めるくらいのことしか出来ません。


しかしながら、我が強いアメリカ人も困っている人を見つけた時のあのボランティア精神は見習うべきものがあります。

これまでも私自身外出先でいろんな事を助けてもらってきたし、倒れた時にそれを避けようと身をかわす輩なんてまずいないでしょうね。

いろんな事をやだやだと言っている私ですが、こういう博愛精神がある所は大好きです。

やっぱりキリスト教の影響なのかな?


日本の学校も道徳の時間を必要以上に減らさないでもっと情操教育して欲しいですね。





いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-01-20 13:33:00

帰国は5月?

テーマ:その他

昨日は夜になってやっと双子Bの体調が良くなったので安堵したら、その後Aの調子がどんどん悪くなって1日中下痢ピー状態。

夜中に3度も嘔吐して私は完全に目が覚めて一睡もできなかった。

20代の時から徹夜できないタイプなのに、もう30代半ばだからきついきつい。

今日は1日中私の方がだれてて、本もろくに読んであげずビデオを見せてウトウト。


さて、帰国の日程が思ったより早まりそう。

当初は6月下旬から7月頭って思っていたけど、人事から6月上旬で打診があったらしい。

と言う事は6月1日付けの人事異動になるだろうから、帰国は5月下旬


詰め込みで旅行に3回行こうかと話し合っていたところだけど、さすがに3回は無理そうだな。

うーーん・・・本当に何も自分の好きなことを出来ずにアメリカ生活が終りそう。

まあ育児中だし、双子だし、自由に動き回れないのは仕方ないよね。


旅行の行き先の候補は、

①ラスベガス+グランドキャニオン

②カナダ(ナイアガラの滝)+ニューヨーク

③ディズニーワールド+ディズニークルーズ


全て行けたら奇跡!

その前に我が家の家計は大丈夫だろうか?!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-01-19 14:44:00

ささやかな抵抗?!

テーマ:育児

最近子供達が車に乗りたがらないことが多くなりました。


こちらでは幼児を車に乗せる時カーシートに乗せるのが義務なんですが、ベルトを装着するので窮屈なんでしょうね。

ものすごく抵抗するので、落ちつくまで車内で好きに遊ばせたりおもちゃを持たせて気を引かせ、その隙に装着なんてことをやっているのですが、時間が無く急いで出かけたい時はほとんど喧嘩越し!


昨日はどうしても双子Bが乗りたがらないので私が逆ギレし、最後の手段と思い「じゃあ、もう一人でここで待ってなさい!ママ出かけてくるから!!」と鬼のような形相で吐き捨て、車のエンジンをかけガレージのシャッターを開け発進させました。


すでにエンジンをかけ始めた時点で、子供もこれはやばいっと感じたらしく半泣きで私に近づいてきたのですが、構わず私は車に乗り込んでバイバイ!と発進したもので、子供は狂ったように泣いて車の後を追いかけてきました。


車のすぐ側を走って追いかけてきているので接触寸前で危なっかしい事この上ないのに、我ながら何と大人気ない・・・・。


さすがに「じゃあ一緒に車に乗って出かけようね。」と話しかけたら大人しく車に乗り込んでくれましたが、

こんなやり方悪いに決ってる


怒っても相手はまだ善悪の区別のつかない子供。

私が雷を落とすのは、子供のいたずらが過ぎるとか言う事をきかないとかではなく、自分に余裕があるか無いかの違いのようです。


そんな事があって大いに反省していたのですが、この子が朝から下痢が続いていて変だな・・・と思っていたら案の定、夜から急にトロンとしておしゃぶりばかりし始め微熱が出始めました。

本格的に風邪を引いたらしく今日も僅かながらの食事を摂る以外昏々と寝つづけていました。


あー、私があんまり怒っちゃったから本当にびっくりしちゃったんだな。

直接の原因は風邪なんでしょうけど、後味の悪い思いをした後だったので罪悪感で一杯に。

今日はもう嫌がるぐらいチュッチュッ攻撃したけど、どうか昨日のことは忘れてくれると良いな。


感情のコントロールって本当に難しいですね。

いつでもどんな時でも優しく教え諭すことのできる母親になるのが目標です。



いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。