6月8日
神奈川県横浜市にある八景苑にて
徳風会、聖山会、法修会合同で
傍系供養祭をしてきました。
雨が気になりましたが
朝方のパラパラだけで
開場する時には晴れてきました。
なんだか宗教の集まりのように見えますが
〇〇教とか何々教とかではなく

各家庭の宗派を大切にしながら
直系先祖を各家庭で供養する事の大切さを伝え

その各家庭が続くにあたり
最大の協力者である傍系先祖(妻や母の実家)に対して
年に1〜3回くらいはお寺で供養しましょう!

ということを実践して頂く集まりとして
この傍系供養祭を各地で開催しています。


つまり傍系供養とは
感謝の実践供養とも言えます。


色々な家系がありますが
一つ例を挙げるならば

母親が一人娘のため
母親の実家が絶えてしまった方などは
その実家のご両親を含めた先祖さんを
お寺の永代供養などされているとは思いますが

色々な方にお話を聞いてみると
永代供養をしてからはお寺任せにしていて
自らお寺に行き追善供養をされていない方が
圧倒的に多いのです。


永代供養をしたらもう供養しなくていい…
ではなく
命日やお盆彼岸などにお寺に出向き
追善供養をして頂きたいのです。

しかし
そのお寺が遠方にある場合もありますから
こうして傍系供養祭を各地で行い

普段なかなかお参りできない傍系先祖に
感謝を込めて手を合わせて頂くのです。


実家の仏壇を我が家に持ち込み
供養されている方もいますが
これはお勧めしません。

お参りする方には都合がよくても
祀られる先祖さんは居候…
肩身を狭くさせるのは感謝の行いではないですよ。

ですからお寺での供養なのですが
個人でお寺に行くと供養料の負担もかかります。

その事も考慮した結果
供養祭というスタイルをとり
気がつけば17年ほど経ちました。


おかげさまで
今回も多くの方々が集まって下さり
無事に供養祭を終えることができました。


各地で開催していますから
お時間ある方は是非参加してみてください。

開催する前には
私のホームページでご案内します。



初めて参加された方々も
ニコニコしながら帰られていく姿を拝見し
嬉しい気持ちになりましたよ。

ありがとうございました😊