炎天下 お墓での注意点

テーマ:
炎天下…
まさに言葉通りの暑さですね。

この一週間
大阪〜名古屋といましたが

地震被害のあった大阪の高槻市周辺に行き
墓地の現状を確認しに行ったり
交野市の墓地や
名古屋の小牧市の墓地など
墓巡りのような感じでした。

これ分かります?
枠が割れた先にある白っぽい筋…

実はこれ、
段差が出来ているために白っぽく写ってますが
断層が通っている証拠なんです。

周りのお墓もかなり倒れたようで
ヒビや欠けがあるお墓が多く
地元の職人さん達が
一生懸命に修繕されていました。

仕方がないとはいえ
自然にはかないませんし
断層が何処を通っているのかも
一般的には分からないのが現状です。

お墓は心と直結する場所ですから
私も心が痛みます…


こうした現状もあるのですが
一年中墓地を見てきて
年々夏場の墓地がキツくなってきています💦

昼の炎天下の中
草取りをされたり
長時間お参りされている方を見ます。

昔とは明らかに気温が違いますし
墓地は皆さまが思っている以上に
石碑からの反射熱が凄まじく
慣れている私でもクラクラする時があります。

夏場のお参りは短時間にして頂くか
朝夕のお参りにして頂くか
あまりに暑い日には行かない事を考えて下さい。

毎日お参りに行けないから
お仏壇があるのですからね💦

それと
喉が乾いたらもう遅い事を覚えてください。
喉が乾いたら水分を取るのではなく
こまめに水分を取るようにしましょうね。

ゲリラ豪雨はイヤですが
一雨欲しいところです…

身体には
十分気を付けて
この夏を乗り切りましょう!