臨済宗総本山 妙心寺から

テーマ:
5月27日
京都にある臨済宗総本山 妙心寺にいました。

この日は
私がいつもお世話になっている
愛知県犬山市にある瑞泉寺の老師様が
妙心寺の管長になられるために
その晋山式に出席させて頂いたのでした。

玄玄庵宗俊老大師は
妙心寺派 第35代管長猊下
妙心寺 694世 大和尚
というお立場になられ
これからもご活躍されます。

晋山式では
始まりを告げる鐘が鳴り
法鼓(ほっく)という太鼓の合図で
管長猊下が入堂されました。

入堂されますと
須弥檀に上がられて香語をお唱えするのですが
これが厳粛かつ荘厳な雰囲気があり
一挙一動に見入ってしまいました。

ひょんな事から老師様と出会い
いつも笑顔でお付き合いして下さり…
その老師様が管長猊下になられた事は
私にとってとても嬉しく
おこがましくも
人として目標にさせて頂いていた事に
間違いがなかった…と思いました。

ご招待頂いたこと
参加させて頂いたこと
心から感謝申し上げます。

晋山式も終わり
精進料理を美味しく頂いていますと

管長猊下がごあいさつに来られ
各テーブルをまわる大サービス。

疲れた顔を見せずに
常に笑顔で話される姿に
参加者全員が嬉しそうにされていました。

老師様が決めて下さり
いつも法要して下さっていた
4月8日の瑞泉寺浄行は
これからも瑞泉寺の皆様と
関係各位のお力を頂いて守っていきます。

嬉しさと
誇らしさと
改めての誓いを感じた一日でした。

ありがとうございました✨