感謝感激雨あられ    武居範導のブログ

感謝感激雨あられ    武居範導のブログ

毎日の出来事・想い・ふれあい・

たま~に お墓の事や因縁の話を

ゆる~りと書いてみますよ

長野県北部にある戸隠神社。

天照大神が天の岩屋にお隠れになり
天手力男命が天の岩戸を開いた時
その岩戸がこの戸隠まで飛んできた…

と日本神話にあり

新緑溢れるこの時期に
どうしても行きたくなり
車を走らせました。

中社でお参りしてから奥社に向かいました。

本来なら
火之御子社にお参りしてから
中社に行くべきですが…

気付いたら過ぎてしまい…
中社からのお参りとなりました。

中社横には御滝場があり

とても気持ちいい雰囲気でした。


ここから車で3分ほど走ると
奥社入り口があります。

ここからは
緩やかな登り坂になります。

一本道をゆっくり歩いていくと

随神門があり
ここを潜ると

巨杉に挟まれた古道となります。

奥社手前になると
階段が200メートルほど続きます。

息を切らして登り切ると
奥社が見えてきました。

先ずは
九頭龍神社にお詣り。

何故か急にこの九頭龍神社にお詣りしたくなり
今回の戸隠神社詣となったのです。

本殿にてゆっくり参拝し

こちらの社でもお詣りしてきました。

帰り道は下りになりますが
登り坂より下り坂の方が気を使いますね。

しかし
新緑とそよ風と鳥のさえずりに
身体の芯からリラックスしていました。

帰り道
せっかく戸隠神社詣に来たので
戸隠そばを頂きましたよ。

戸隠では
蕎麦を食べやすく一箸ごとに盛り付けるのですが

この一箸ごとの蕎麦を「ぼっち」と言います。

私の頼んだ蕎麦は7ぼっち。


テラス席で食べましたから
雰囲気は最高!

もちろん
戸隠蕎麦も最高です。

せっかくなので
目立たない場所にある蕎麦屋を選びました。

登山口にありますから
蕎麦好きな方は是非!


私は普段は意識していないのですが
急にお参りしたくなる時があります。

それはお墓参りもそうですし
神社参りでもそうです。

このお参りしたくなった時は
全国のどの神社でも
なるべく早くお参りに行ってしまいます。


数年前には
どうしても高千穂神社に行きたくなり
台風が2つ来ているにも関わらず
お参りにいきました。笑笑


また不思議と
何故か行けてしまうのですよ。


お参りした後は
不思議な安心感や満たされた感じがあり
とてもよく眠れます。


こうしてお参りに行ける事。
幸せな事です。


大変な時期ですが
こうした時間も大切ですね。

皆さまもぜひ
リフレッシュする時間を大切にしてください。


自粛が緩和されつつありますね。

ウィルスへの恐怖と拒絶から
ウィルスとの共存へと
変わってきているのでしょうね。

しかし
このように変化していかないと
私達の生活は成り立ちません。

私も少しずつ
以前のように地方へ行く予定を入れ始めました。

今回も某方面に向かいましたが
駅も電車内も私一人…


自粛緩和の流れがきても
刻まれたウィルスへの恐怖と影響は
そう簡単に収縮しないでしょうね。


仕事とはいえ
まだ
行動すれば何かしら言われます。

酷い時には
SNSで悪者扱いされて
かなり辛辣なコメントや
追い込みをかけるようなコメントも
目に飛び込んできます。

自粛が続き
ストレスも溜まっているのも理解できますが

ストレス発散を他人にぶつけたり
正義感を振り回したりすれば

かなりキツイ文章になるのですよね。


SNSでは何でも言っていい!

こんな事を言われる方もいます。


私はこういう事が嫌いなので
なるべく人と会って
縁を深めていく昔ながらのやり方を
これからもやっていくつもりです。

とは言え
直接会えない時などは
Zoomなどを使って
顔を見ながらのコミュニケーションも
取り入れていきますよ。


仕事とは
事に仕えること。

事とは
人に携わる事。

私にとって
人と触れ合うことが仕事なのですから😁


私が
家系図作成をする様になって32年。

先代から教えられ
家系の調べ方や書き方などをし続けて
気付いたら30年を超えていたのが現実。

私が作る家系図は
ただ家系の流れを書き出すのではなく
お墓の調査や過去帳の調べや
お寺の過去帳の調査などもして
戒名、法名なども記入していきます。


こうした地道な調査をしていき
今まで作成したり拝見した家系図は
12000〜13000家系になります。


こうして数多くの家系図を見て思う事は

どのご家庭にも歴史があり
このドラマとも言うべき歴史が積み重なり
家系と言われる流れになっていると言うこと。


この流れの基本は
家族を作られた夫婦によって作られます。

この作られたものを
家庭環境といっても良いかもしれません。


家庭環境をベースにして
人の思考は変わっていきます。


そんな家庭環境の中で
様々な生き方をしていき
それが家系となっていきます。


つまり家系とは


自分自身の全てを映し出す鏡のような存在…


長年
家系図を作成してきて思う事です。



以前
家系図作成セミナーを開催していました。


参加された方々は
みなさん熱心に取り組みましたが
戸籍謄本の取り寄せと
記載されている内容の分析などには
かなり手を焼いていました。


私も修行時
家系図を作り始めると
頭が痛くなりましたからよく分かります。


とても大変な作業でもあり
面白くもあるのですが…

時間もかなりかかります。


私が前回のブログで紹介した
ハッピーメモリーズですが

様々な方から
お問い合わせが多くなっています。



家系数により
完成日数は変わりますが


家系図作成は時間がかかる作業なので
全家系の家系図作成になりますと
最低でも半年ほどの時間を頂きます。


作られた方が
家系の流れの説明を望まれた場合には
お話をさせてもらっています。


こうした時代だからこそ
自分自身のルーツを知って頂き
家庭づくりや生き方の核となって欲しい…

そう思っています。



家系図作成と研究を長年していますが

この家系図作成にあたり
必ず必要な物があります。


それは戸籍謄本!


この戸籍謄本ですが
日本の戸籍謄本はたぶん世界一です。

情報量が半端ないです。


しかし
この戸籍謄本には保存期間があることを
皆さんは知っていますか?

保存期間があると言うことは
保存期間が過ぎれば…廃棄となります。


事実
私の経験の中でも
あと1年早ければ取り寄せられた謄本がありました。


ではこの保存期間は?


答えは150年‼️‼️‼️


凄い!150年もあるの⁉️


となりますよね。


150年前は明治4年。
凄く遡れるじゃないですか‼️


ともなりますが…


2010年までは保存期間が80年だったのですよ。


2010年にいきなり70年も伸ばされても
それまでの間に
空襲で焼けてしまったり廃棄されたり…

各市町村により
保存されているかはまちまちなのです。


私が先祖調べをした時にも
80年過ぎていたので取得できませんでした。




一般的に
戸籍謄本が必要な時は
何かの届出などに限られますよね。

または相続の時にも必要となります。


この相続ですが
同一の土地に住まわれていれば
そんなにややこしくないのですが

転籍を繰り返していたりすると
謄本取り寄せもかなり大変になります。


これは
家系図作成の時にも同じなのです。


家系図作成の話になりますが
我が家(現在の姓)の1家系だけを作る方や
父方母方など2家系を作りたい方や
両祖母の里までの家系図を作りたい方など
多彩に渡ります。

相続の時にも
思わぬところから話があったりする事もあります。


役所での保存期間やこうした相続の事
また自分自身の存在や
家族の存在の意味など

今この時代だからこそ
家系図作成をして頂きたいと思います。


家系図作成は
家系図作成だけが目的ではなく
子や孫といった子孫への愛情でもあります。

是非
こうした機会に
家系図作成していきましょう。


戸籍謄本取得も含め
家系図作成を受け付けています。

興味ある方は
お気軽にお問い合わせ下さいね。
↓↓↓





コロナが蔓延しようが

日々に不安があろうが


何があっても
時は過ぎてゆく

枯れていた芝生にも
新芽が生えてきた。

花は
花の為に花を咲かしているのかも知れないが

花は
人の為に花を咲かせていると思う。



普段
あまり見ないテレビを眺めていて
ふと思った…


正義感を振りかざしたり
思った事をなんでも言う事は

居心地の悪い環境を作るという事。


討論は大事だけど
全てのコメンテーターが
裁判官になっているみたい…


テレビは
何のために花を咲かしているのかな…


長年の旅ガラスだった私が
こうして自宅でゆっくりしていると
色々と考えてしまうものですねぇ😅


まぁ
今まで出来なかった家庭人を
たくさんやりますかねー😁


長丁場になりそうですが
しっかりやっていきましょ🔥🔥🔥