京都嵐山 渡月橋から

テーマ:
秋晴れの10月14日

京都にて
秋の地蔵流しに参加してきました。

法要が終わった後に
大堰川に向かい地蔵印紙を流します。

地蔵印紙には
色々なお願い事が書いてあるのですが
舟に乗り込み
その願いが叶う事を願いながら
川に流していきます。

もちろん
自分が書いたもの以外ですよ。

つまり
人の願いが叶う事を願う😊

これも徳積みなんですね。

秋風を身体に感じながら
ゆっくり進む舟に乗ることだけでも
とても気持ちいいものです。

地蔵流しに参加して
いつも思うことがあります。

自分の願いが叶う事も凄く嬉しい事だけど
人の願いが叶った話を聞くのも
凄く嬉しい事なんだ…とね。

人が喜ぶ姿は
自分を幸せにしてくれるものです。

この地蔵流しにて
少しでも笑顔が増えたらいいですね😁

関係各位のみなさま
参加した方々

色々とお世話になりました。
ありがとうございました😊

また宜しくお願いします。
お疲れ様でした。

秋晴れの中で

テーマ:
連休ど真ん中だった10月7日
名古屋は秋とは思えないほど気温が上がり
晴れ渡る一日となりました。

気にしていた台風は日本海を抜け
おかげさまで無事に
東海傍系供養祭を行う事ができ
ご参加下さった方々の徳運が垣間見れました😁

こうした集まりは
出来るならば晴れて欲しいと願うものですが
今回もこうして晴れてくれますと
素直に嬉しいなぁと感じて
とても運とかツキがある人達の集まりなんだと
思ってしまいますよ😁

というのも
かなりの確率で雨が降らない日に
行事を企画しているんですよ😅

これは毎回参加されている方から言われ
そういえば…と気付いた事です。


供養前は雑談に花を咲かせ
供養が始まれば心込めて手を合わせている姿は
なんか素敵な生き方だなぁ…と
毎回思う私です。

人に喜んでもらい
仏に喜んでもらい
神様にも喜んでもらえる存在になれたら完璧ですが…
まぁそんなに上手くはいきませんね。

でも
少しでもいいから
そう出来るように意識して生きていけば
間違いなく徳もたまり運も強くなりますね👍

自己犠牲はダメですがね😅
ここはとても大事なポイントです。


供養は感謝。
人に対しても
仏に対しても
神さまに対しても
感謝できる自分をつくること。

これが幸せな人生にするために
必要な事だと思っています。

だから
宗教法人でもないのに
手を合わせる機会を企画しちゃうんですね😅

さて
連休最終日
お疲れの出ないようにエンジョイしてくださいね!

もう10月…
月日が経つのは早いと言うものの
気がつけば10月ですか…💧

本当に早いですね。

ここのところ週末になると台風がやって来て
各地で被害を出しています。
私の住む隣街では
未だに停電が復旧していない地域があります。

地震、台風、強風、地崩れ、猛暑、土石流…
自然とは
共有共生していかなければならないのですが
今年のように天災が続くという事は
心構えや対策を真剣に考えなさい!って言う
天からの暗示にも感じますね。

でも今週末に来る台風…
ちょっと待って欲しいなぁ…と思いますよ。
理由は…

私が開催している法修会の
東海傍系供養祭があるのです。

って事で告知します😅

平成30年 10月7日 (日)

  受付  12時〜
供養開始   13時〜
 場所  名古屋市千種区南ヶ丘2-57-7
           瑞専寺名古屋別院
  ☎︎     052-723-2227
道順    地下鉄名城線「自由が丘」駅から徒歩10分
           市バス「南ヶ丘」から徒歩1分
連絡先  法修会総合連絡事務所
                  052-783-5783

となっております。

傍系供養とは
妻方や母方など
なかなかお参りできない直系先祖以外の方を
お寺にて感謝する供養です。

遠方で実家に帰れない方や
疎遠になってしまった方
大変お世話になった方などに
感謝する集まりが傍系供養祭です。

ワイワイガヤガヤとしていますが
住職さまの供養が始まると
熱心に手を合わせる姿には
人は一人では生きていけない現実を
毎回学ばせてもらっていますよ。

お時間有りましたら
是非参加してみてください。
飛び込み参加も大歓迎です。

あ…
前回もいいましたが
法修会は宗教法人ではありませんからね😅

供養はあくまでも住職さまにお願いして
丁寧にしてもらっていますから 😅

昨日
都内での相談会を終え
帰宅前に撮った一枚です。

すっかり秋空ですね。

季節の移ろいを楽しみながら
7日お待ちしております。

笑顔

テーマ:
秋の彼岸も終わります。
…え?って思う方もいますよね。

今年の秋の彼岸は
9月20日から26日の今日までなんですよ。
その真ん中をお中日(おちゅうにち)といい
お墓まいりや法要が一番多い日となります。

そんなお彼岸でしたが
私は様々な行事も重なりバタバタしていました。

そのお中日である23日には
長野県飯綱町にある北信霊園にて
徳風会と法修会と惠寿会合同で
淨行と傍系供養祭をしておりました。
これが淨行
無縁さまに対しての供養ですね。

その後に傍系供養祭ですが
地元の苔翁寺の住職さまにより行われました。

この法要も終わると
気持ちが良いせいなのか
皆さま笑顔になっていました。

これらの行事も無事終わり
いったん帰宅してお墓まいりしてから名古屋へ!

久しぶりに滋賀県で開催されたゴルフコンペに
参加させてもらいました。

そこには

私が小さい頃からお世話になっている
京都のSさん😁 たしか70歳(^ ^)

私はこの笑顔が好きなんです。

お世話になっている方ばかりで
いったい私は何をしてあげられるのか…?
いつも考えてしまいますよ😅

笑える事は幸せな事です。
だから笑わないと損ですね。

でコンペも終わり名古屋に戻り
名古屋飯の一つであるどて焼きを食べながら

ゴルフの反省会をしながらの座談会。

ここでも笑顔の花が咲き
時間が過ぎていきましたから
…気づけばホテルで寝落ちしてました。

こうして人に囲まれていること。
感謝しかありません。

微力ながら
自分ができるベストを尽くしますね。

ありがとう😊

笑う門には福来る

テーマ:
この一週間
私用も含めて移動と作業が続き
寝落ちする日が続いています😅

昨日は大阪での相談会でしたが
やはり人生は山あり谷ありでして
昔話も含めて色々なお話をお聞きしました。

辛かった話や
頑張った話
報われなかった話や
裏切られた話

不思議と人は
過去を振り返ると苦労した話をしてしまいます。

それは
心に押し込めた想いですから
どうしても出てしまいますよね。
私もそうですから😅

ただ長年にわたり相談会をしていますと
面白い事に気がつくのです。

それは…
こうした苦労話を心を込めて話される方と
こうした苦労話を面白おかしく話される方がいらっしゃるということ。

そして
この両者で明らかに運の違いがあること…

30年にわたり
各地で相談を受けてきましたから
たぶん間違いはないと思います。

こうした経験も含めて
因縁学の本を書いたのですが
この違いは正に生き方の問題です。

生き方…つまり自己因縁。


人生の中での辛く苦しい時期の事を
あんな事された…
こんな事をされた…
と心を込めて話されるより

あの時はこんな風になっちゃったよ…
やっぱり若かったしいい勉強だったわ!
と笑いながら話している方の方が
良い因縁を作りやすいということなのです。

ネガティヴが悪いわけではないですし
ポジティブだけがいいわけではないですが

苦しみの話を心込めて話されると
その苦しい時の気持ちに心が満たされてしまい
自分の持つ魅力や才能に
蓋をしてしまうのでしょうね。

過去を受け止め
過去を経験としながら
それを活かしていけば
過去を笑いながら話せるのでしょう。

笑う門には福来る。
福が来るのですから運もいいですわな😅

過去は過去
活かすためにあるものです。

そんな事を思いながら
名古屋に向かいます。