クレディセゾン 2021年 2月の実行金利をお知らせいたします。

 (以下、一般団信ご利用時の金利を提示金利としてご案内)

 

 ホームページでもクレディセゾンのフラット35の金利をお知らせしております。
 http://www.kakipro.jp/index.html

 フラット35PLUSと併用で100%までご融資可能!


 つなぎ融資も利用可能です。

 

① クレディセゾン フラット35S (9割融資 定率タイプ)

  15年~20年 : 0.98 %

  21年~35年 : 1.07 % 

 ※ 金利Aプランは 10年間、

     金利Bプランは5年間 金利優遇適用。

② クレディセゾン フラット35 (9割融資 定率タイプ)

  15年~20年 : 1.23 % 

  21年~35年 : 1.32  % 

 

③ セゾンプラチナフラット35(一般団信付)・・・保証型

  プラチナフラット8  1.22 % フラット35Sは 0.97 %

  プラチナフラット9 1.27 % フラット35Sは 1.02 %

 

 ※ プラチナフラット8は手持ち金20%、

   プラチナフラット9は手持ち金10% ご用意いただいた方が対象です。

   (手持ち金割合とは物件取得に係る所要資金に対する割合)


 

 

 

 

 

※これまでの9割融資のフラット35とは別商品として、1融資の「フラット35PLUS」という

名称で、合わせ貸しにより住宅購入価格の100%までの融資が可能です。

 

「フラット35PLUS」(5年間固定金利、5年ごと見直し)

 詳しくは、クレディセゾンのホームページhttp://www.saison-flat.com/にてご確認ください。

 

融資率とは建設費・購入価額に対して、【フラット35】のお借入額の占める割合をいいます。
(「融資率」とは(
http://www.flat35.com/loan/flat35/rate.html

 

○【フラット35】のご利用条件等はこちら http://www.flat35.com/loan/flat35/outline.html 

 

資金計画のご相談はカキプロ 住宅サポート事業部 担当までお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

借入金利を一定期間引き下げる制度「フラット35S」とは? 

フラット35の技術基準に加え、耐震性、省エネルギー性などに優れた住宅を取得する

 

場合に、一定期間フラット35の金利を引き下げてくれるのが「フラット35S」です。

 

フラット35Sには「金利Aプラン」と「金利Bプラン」があります。

 

例えば、耐震等級3の住宅であれば「金利Aプラン」の利用ができ、耐震等級2以上の住宅

 

であれば「金利Bプラン」が利用できるというように、建物の技術基準をどこまで満たしてい

 

るかによって利用できるプランが異なります。

 

「金利Aプラン」の金利は当初10年間、フラット35の金利から0.25%引き下げ、

 

「金利Bプラン」の金利は当初5年間0.25%の引き下げになります。

 

フラット35Sは新築住宅の購入・住宅の建築のみならず、中古住宅の購入にも使うことが

 

できます。(借り換えには利用することはできません)

 

 

カキプロ「住宅サポート事業部」のフェイスブックを開設しております!

https://www.facebook.com/kakipro.sapporo/

「いいね!」 お願いいたします!

 

株式会社 カキプロ 住宅サポート事業部