ハウスセレモニー 想いを大切にした、最高の送り方

ハウスセレモニー 想いを大切にした、最高の送り方

一番大切にしたいのは、愛する人の人生を分かち合う時間。
岩手県釜石市で葬儀で起業。
ご家族の「心」と「想い」を最優先に、家族のストーリーを大切にしたかけがえのない時間を提供するために日々奔走中です。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:



当社のホールは1家族貸切で行うスタイルですので、先の利用者様がいらっしゃいますとすぐにご利用いただく事が叶いません。その場合、事前相談でもお話をさせていただいておりますが

①ご自宅でホールが空くまでお待ちいただく
②ご遺体を預かる
③自宅で行う
④他社様を利用する

と言った行い方があります。

①ご自宅でホールが空くまでお待ちいただく
布団を敷いたスペースより多少広さを確保できれば自宅へお連れしてご安置する事ができます。
状況にもよりますが、ご自宅に安置されても打ち合わせや枕経(お寺様から最初にいただくお勤め)、手続きなどお亡くなりになってから進んでいくことを行い、ホールが空き次第移動する事になります。ご自宅でゆっくりしてから行いたい、一度自宅へ連れて帰りゆっくりしてからホールへ移動したいなど、様々なご要望にできる限りの事をさせていただいております。

②ご遺体を預かる
ご自宅へお連れする事がどうしても難しい場合、当社の安置場でお預かりしています。ただし夜間は施錠を行うため故人様に付き添う事ができず、日中のご面会だけになります。この場合、ホールへ移動する時間に合わせてご家族様にお越しいただく事が多いです。

③自宅で行う
そもそも昔は自宅から葬儀を出していました。近年では少なくなりましたが始めから自宅で行う方もおります。仕出しなどの対応も可能です。当社は何ら問題無く対応させていただいております。


④他社様を利用する
自宅へお連れする事が難しく預かる事も叶わない場合、もしくはホールが空くまで2日以上待つような場合は他社様の利用をお勧めしております。
もちろん2日以上待つ事になっても当社を利用したいと言う方もおられますし、そんなに待つならちょっとね・・。と言う方もおられます。

ご家族様と相談をさせていただいて当社でどうしてもお受けできなく葬儀社に心当たりが無い場合などこちらから他社様の手配を行っています。

ご要望にはできる限りの事を行わせていただきたいと強く考えております。


テーマ:


最近の相談者様の傾向としては、相談者様は「比較」されている方が多くなってきました。

葬儀社は各社様々で、方針や料金体系など何一つ「同じ」と言う事がありません。

比較するのはとても良い傾向です。

ある方は以前別の葬儀社で行い、またそことは別の会社の会員になっていたとの事でしたがきっと思う事があったのだと思います。
相談者様は市内の葬儀社全てに相談をし、内容を持ち帰り家族会議を開いて当社に依頼する事を決め、会員になっていたところは後で解約するそうです。

もう一方はこのあたりではまだまだ稀なケースですがお亡くなりになってから各社問い合わせて依頼先を決められた方もおられました。想像はしていましたが、やはり都市部に住まわれている依頼主様でした。都市部ではお亡くなりになってから各社問い合わせ相談するケースが少なくなくあるそうです。
お亡くなりになったあとでご家族は相当エネルギーを使ったのではないかな・・と思いながらお話を伺っておりました。

どちらの方も当社で施行させていただいたわけですが、比較検討を行い疑問に思う事、心配事を解決できそうなところを前もって知ってそこに依頼する、と言うのは一番安心できるいい方法です。
国民生活センターも記者会見を開いてまで「トラブルを未然に防ぐには事前に情報収集を!」と言うほど葬儀トラブルは社会的な問題です。


それから「会員になっているから」と言ってそこを利用するとは限らない事が多くあります。当社でも他社会員の利用者様はたくさんありました。

もしかしたら今後は「とりあえず会員にはなっておく。」ものの、そこに依頼する事を決めるわけではなく「とりあえず」と言う事が増えてくるのかもしれません。


テーマ:


日本消費者協会のアンケート調査結果に以下のお話しが寄せられていました。

◇葬儀費用を最初から決めていなかったが「最小限度で」とお願いした。それでもいろいろと「パンフレットだけでも」と見せられ動揺した。

この意見を寄せられた方はきっと自分が思ってたいたことよりも大きなずれがあったのだと想像しますが、その思っていた事はきっちりと伝えていたのだろうか?と思えてきます。


私どもも「最小限で」と依頼、相談をいただく事がとても多くあります。
しかし「最小限」の定義はとても難しいです。

搬送を行いそのまま着物を着せ替えず納棺し火葬を行うことを最小限とお考えの方もあれば
着せ替えや納棺、祭壇などを最小限に行いたいと言うお考えもあります。

この担当者は「最小限はどこだろう?」を見つけるために「パンフレットを見て・・」と説明を始めたのかもしれません。
もしご家族が思っている事を掴めなかったら自分だったらそうするかもな・・と思います。

でも世の中には、最小限と依頼されても強引に単価を上げる工夫に注力する葬儀社も少なくありません。

「最小限」の捉え方は様々です。

事前に葬儀社の情報を集め依頼したい事をまとめておき、依頼したい内容が実現可能な事なのかどうかを前持って、できれば自分の足で出向いてその葬儀社を感じ、確認できればこのような問題は難しくなく解決する事が出来ます。


テーマ:


http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20151217_1.html

少し前ですが国民生活センターの葬儀トラブルに関する会見が話題になりました。

寄せられるトラブルは増加傾向にあるとの事ですが、死亡者が年々増えている事から考えてみてそれはそうだろうなと思います。

一つ思うのは、寄せられた苦情がおよそ700件と言う事は、寄せられない苦情はどのくらいあったのだろうか・・ということ。

実際に行ってみて納得できないこと、不信感、、いろいろな事を抱えてしまった中で果たしてどれくらいの方が国民生活センターに苦情を寄せると言う行動にでたのか。

会見の中でとてもよかったと思うのは利用者も事前に情報を収集して・・と言ったアドバイス。

一概に業者側が100%悪いとも言えないものだと思っています。

手元に消費者協会の葬儀アンケート調査を行った資料があります。
もしかしたら、誰かのお役に立てるかもしれないので勝手ですがこれに寄せられている意見に回答を行ってみたいと思います!


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。