2006年12月31日

年末のニュースについて

テーマ:上京後

何かと慌しい年の瀬でございますが、何がびっくりするって、フセインが処刑されてもーたやん!

4年前、きゃっきゃ云いながらサダムグッズを買っていたお気楽観光客のわたしは、とても複雑な気持ちです。

フセインが無実だとは思わないけど、この死刑って…かなり無理矢理?みたいな印象を受けるのはわたしだけでしょうかね?人道的な罪で云ったら、米国大統領もたいがいなのでは…とか思ったりして。

イラク事情に精通しているわけではないので、論理立てて説明することはできないけれど、なーんか腑に落ちない、気持ち悪い感じが拭えません。結局、法廷には米国が大いに関与していたわけだしね…。


あと、こっちはめでたい方で、陣内&紀香の結婚も、今さらながらびっくり。

記者発表の動画までネットで探して見ちゃったわよ。

陣内と云えば、その昔リミテッドという、おもしろくないことで有名なコンビを組んでいたしがないお笑いの兄ちゃんだったのです。今の売れっ子具合も含め、いやー、人の運命ってほんと分かんないですね。

しかし、一見まったく釣り合わない感じはするけど、この組み合わせは悪くないと思うのよね。バランス取れてなさそうで、実は絶妙なバランスなんじゃないかって。わたしにもそういう絶妙な王子様が現れないかしら…(結局その話かい)。


なんかもっと、2006年をふりかえる的な内容にしたかったけど、今から田舎に帰省しなければいけないので、この辺で筆を置かせていただきます。

大晦日の晩は、田舎で「紅白歌合戦」でも見ながらゆるゆると過ごしたいですね。

みなさま、よいお年を!

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年12月30日

年末

テーマ:上京後

今日まで仕事だった。

会社は昨日で仕事納めだったのだが、わたしの仕事は納まっておらず(…)、納会で深夜に帰って死んだように寝てまた出勤。

こんなさっぶいさっぶい年の暮れに会社にいるほどわびしい話はない…。

まあそれでも3人くらい来ていたのだけれど、気がつくとわたし1人になっていた。誰もいないオフィスで1人でいると、この世にわたしだけが取り残されたような、何とも苦しい気持ちになる。電気の消えたオフィスの部屋は、まるでブラックホールのように不気味に見える。

仕事も、いちおう終わったと云えば終わったけれど、完璧に終わったわけでもなくて、なんかまた明日電話がかかってくるんじゃないかとか、あんまりスッキリしない。

残尿感的な不安を抱えつつ、戸締りをする。普段、いちばん最後に帰ることがないため、戸締りの手つきに自信がない。以前、早朝に撮影の荷物を取りに来た際、セコムの解除法が分からないでそのまま放置していたら、誰もいないオフィスにセコムの無機質なテープの声が「行動はすべて監視されている」とリピートしていたことを思い出し、ちょっと怖くなる。

会社を出るともう11時すぎ。店もほとんど閉まっている。そんなのいつもの風景だけど、何故か今日は妙に寂しい。誰かと一杯飲みたい気分だけど、こんな年末につきあってくれる人もいないし。せめてもう2時間早く終わっていれば、ずっと行こうと思っていた美容院でも行けたのにな…。

ガラ空きの千代田線に乗って、ぼんやりと、去年の今日は何をしていたんだっけ…と回想すると何も出て来ない。ああそうか、去年はほんとに何もしてなかったもんなあ、そう考えると今年はいろんなことがあったなあ、万物は流転しているのだなあ、とかとりとめもなく思う。


家に帰ったらいつものようにみんな寝静まっている。

取り急ぎ腹を満たすために、お茶漬けと豆腐という質素すぎる食事をする。お茶漬けのごはんも、1ヶ月近くも前に炊いて冷凍してあったやつだ。何となくラップ臭くてちょっと悲しい味がする。

来年はなんかおもしろいことがあるだろうか。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006年12月25日

☆チューが優勝されました☆

テーマ:偏愛

きゃっきゃっきゃっねこへび

めでたい祝日めでたい祝日

めで鯛クマノミめで鯛クマノミ


何がって、あんさん……


チュートリアルが優勝しましたがなあ~~~アップベルクラッカー

http://asahi.co.jp/m1gp/


・・・と、いつになくテンション高く、使い慣れない絵文字なんかも使ってみました。

最近また更新をさぼりがちなこのブログですが、とりあえずこれだけはすぐにでも書いておかないと、これまでファンと称してきたわたくしの立場にかかわります。


昨日は友達の家で鍋をしながら観ていたのですが、鍋の準備をするみんなをそっちのけで、一人食い入るようにテレビを見つめておりました。M-1中・後も、わたくしの日頃のチュートリアル好きを知る友人や会社の同僚が「おめでと~」「すごいね~」などとリアルタイムでメールをくれたりして、わたしは家族かマネージャーかそれとも彼女なのか!?と(彼女だったらいいのに…)。


てことで、いや~~~昨日のM-1は素晴らしかった!

チュー、圧勝でしたね、圧勝。誰も文句のつけようのない出来栄え。

はっきり云って、昨日のチューには笑いの神が降りてた(サンタか?)。チューが出てきて、それまでの空気がガラっと変わったもん。

だから決勝は、観る前から優勝するんちゃうかという予感がありました。

冷蔵庫のネタも、もう5回以上は観ていて、「あ~またこれか」と若干テンション下がったのも束の間のこと、やっぱおもろいネタは練れば練るほど味が出てくるもんですね。しかも、いったん神が降りたら、もう何を云うてもおもろいんやなってのをまざまざと見せつけられました。


去年のブラマヨもそうでしたけど、チューの勝因は、カンペキにスタイルを確立してたってことだと思うのよね。

つまり”むちゃくちゃしょーもないことで徳井の妄想が暴走し、福ちゃんがたじたじになる”っていう、自分たちの王道必勝パターンを、去年のBBQのネタからここまででしっかり作り上げてきたことが、この優勝につながったのではないでせうか。


しかし…うれしい反面、これで徳井の美男ぶりとも相まって一気にブレイクしてもーたらどうしよう、っていう一抹の寂しさもあり、複雑なファン心理でございますね…。

だって、東京に来てからチュートリアルとか云っても、半分以上の人が「誰?」って反応でしたもん。「テレビで見たことないんだけど」とかさ…。そのたびにチュートリアルの素晴らしさを説明していたけれども、もう説明せんでも「ああ、M-1優勝したコンビね!」と、誰もが認知することでしょう。そのうち全国ネットの番組にもばんばん出るようになるかも知れませんしね。


でもでも、浪花ともあれ、チュートリアルおめでとうビックリマーク

いいクリスマスプレゼントになりましたサンタ

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2006年12月16日

旅のカケラ

テーマ:

しばらく連絡していなかった元「ペンション・アミーゴ」の管理人Kくんから、唐突に「送りたいものがあるから、住所教えて」というメールが来ました。

相変わらず不審な男やな~と思いながらも、とりあえず何かもらえそうなので住所を教えました。その後、Kくんから「100円もせえへんもんやで」とメールをもらっていたので、特に期待はせずに、しかし何となく毎日郵便物入れを気にしながら、かれこれ10日は経ったでしょうか。
昨日の早朝、ほとんど死にそうになりながら徹夜カラオケから帰ってくると、殴り書きのように宛先が記されたわたし宛の郵便物が届いていました。
その時は、あと2時間で起床して出勤という過酷な現実が待ち構えており、さすがに開封する気力もなく眠ってしまいましたが、20時間後くらいに会社から帰ってきてようやく人心地がついたところで、封筒を開けてみると、中から出てきたのはこれ↓


kasa-poster


kasa-tag


あ~~~~~~
めっちゃめちゃ懐かし~~~~~~


2003年の冬、メキシコシティの「ペンション・アミーゴ」で沈没していた頃につくった、笠置Tシャツの販売ポスター。それに、あとからKくんがつくったらしい「放浪乙女」の宣伝タグ。
笠置Tについての詳しくは放浪乙女HPのこのページ を見ていただくとして、この思いがけないプレゼント?に、わたしは、懐かしい友人にばったり再会したような、あるいはタイムカプセルの中身を取り出すような、不思議な気持ちでいっぱいになりました。
大体、3年も前にメキシコの宿に貼ってあったものが、わたしの手もとに戻ってくるというのがもう、不思議な縁(えにし)を感じるではありませんか。松田聖子の「SWEET MEMORIES」がBGMに欲しい感じです。


旅の中でもっとも沈没の長かったメキシコシティ。
何するでもなく、毎日本当にだらだらしていたものでした。
そんな中で唯一生産的なことをしたと云えるのが、この笠置Tなのです(云えるか?)。
Tシャツが出来上がったときは、いつになく盛り上がったよなあ…。
それがちょうど3年前の今頃。クリスマス前。アミーゴでクリスマスパーティもやったなぁ。わたしはひどい風邪を引いていたけど…。
アミーゴのちょっと暗い共同スペース。ウォルマート。革命広場。テピート。グアダルーペのマリア。ソノーラ市場。消防署。なんかそんなものをぱらぱらと思い出します。


ちなみに、宣伝タグに貼ってある赤いカードは、旅行中、わたしがHPの宣伝も兼ねてつくっていた手書きの名刺です。
本当にあの頃は、何者でもなかったのだなあとしみじみ思います。まあ今だって何者でもないけれど、手書きの名刺じゃなくきちんとプリントされた会社の名刺が常にかばんの中に入っているわけです。その名刺が自分を表しているという感覚には未だに慣れませんが…。


Kくんにお礼のメールを送ったら「笠置のおっさんも、僕よりあんたが持ってた方がうれしいと思うねん」と返ってきました。
ちょうど最近、自室の壁に笠置Tを飾ったところだったので、迷わずその隣に貼り付けてみました。

そうしたらTシャツの笠置さんが、少し微笑んだように見えました…なんてエッセイの締めくくりにありがちなオチはないのですが、なかなかいいディスプレイやん、と思ったりはしています。


kasat

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2006年12月11日

月曜日のブルース

テーマ:上京後

バンジージャンプ。イスラエル。終戦記念日。キプロスの十字架。巨大博物館。宗教グッズ屋台。父ちゃんと母ちゃんと弟。幼なじみの男の子。そして、昔親友だった女。覚えているのはそんなところか。
バンジージャンプは、どこかアフリカの峡谷みたいなところだった(ビクトリアフォールズではない)。わたしは飛ばなくて、一緒にいた旅仲間の男の子たちが飛んだ。終戦記念日は8月15日だと思ったら、自分の腕時計を見ると20日を指していて、歴史は間違っていたのかと思った。ただしそこは、イスラエルだか中東のどこかの町だったが…。その町のキプロス教会の前でデモが起こっていた。エルサレムらしき町の宗教グッズ屋台で、前の旅で買いそびれたこちゃこちゃした雑貨を物色していた。博物館の中で迷子になって、家族を探していた。昔の親友とは大きな食堂で再会したけれど、やっぱり距離があって、うまく話せない…。


…こう書いてみると実にむちゃくちゃで何のことか分からないのだが、これは昨日見た夢である。
そして、夢の中で生きているわたしは妙にリアルでライブ感があり、目が覚めてもしばらくその世界から離れられない(でも記憶はブチブチと切れているのだが)。本当はあっちの世界が本当の世界じゃなかろうかと、これまでに数え切れない程思ったことのある思いにとらわれつつ、何のライブ感もないまま、会社への道を急ぐ…毎日同じ道である。


いったいリアルな世界とは何であろうか。
人は脳で感知したことがそのままその人の世界になるのではないだろうか。
だとしたら、ベッドに横たわったままずっと終わらない夢を見て生きることも、それはそれでひとつの人生のような気がする。なんてことを思いながら満員電車に揺られる。


そして会社に着く。いちおうのところ、これがリアルとされている世界、に来て見れば、まあ今日は見事なほどすべてがうまくいかない。一言で云うと「そんなんやったら辞めたるわボケ!!!」てな気分になることしばしばであった。
こういう日はだいたいこういうもんなので、嵐が去るのを大人しく待つのがいいのは分かっているのだ。つまり、無風状態で仕事する。無理してにこやかにすることはさすがに出来ないので、ごくごく普通のテンションで、淡々と目の前の作業をこなす。これがベスト。誰に対しても恩着せがましくなったり、慇懃無礼になったり、あるいは卑屈になったりしない。ちょっと気をゆるめると、怒りがそういうかたちで露出してしまうので、注意しないといけないのだが、どうもその辺はちょろちょろと出てしまう。いや、もうそんなねちねちと怒りを咀嚼してニキビの膿みたいに出すくらいなら、卓袱台(ないけど)をひっくり返して、エチオピアで暴れたときのように暴れたおして、「あいつキチガイやな」と云われながらクビになるのもまた一興かなとか思ったり…なんて思っていたらくだらないミスをしたり。死にて~;_;


同僚たちとご飯を食べに行って、疲れてるねと云われたので「月曜日は何となく気分が暗い」と答えると、意味が分からん、全然そんなこと思ったことがないとにべもなく返される。
その後、つい誘い水に乗ってペラペラと自分の昨今の恋愛事情を話し、ちょっとヒンシュクを買う。あー、何でいらんこと喋ってしまうんやろ。普段は無口なのに。つまらないネタを不用意に提供してしまったと、かなり落ち込む。どうせ陰で、酒とタバコの肴にされるのが関の山だってのに。


そしてふと思う。「缶コーヒーを買いに出かけたまま、そのままいなくなってしまえたらええのになぁ」と。
仕事も家庭もあるごく普通のサラリーマンが、夕食の後タバコを買いに行ったまま失踪するという事件がたまにあるそうだが(昭和の話か?)、そのサラリーマンの気持ち、すごくよく分かる。きっと何かが突然、ぷちっと切れてしまったんだと思う。本当に、突然に。
考えてみれば、今いる世界と何の関係もないところで生きていくことだって、全然出来るはずなのだ。世界は狭いようでやっぱり広いのだから。今ある人間関係全部切ったって、生きていけないことはない。そりゃまあ寂しくはなるだろうけど…。
ま、実際には失踪なんかじゃなく、退職手続きとかちゃんとやってから辞めるんだろうね。送別会とかあったりしてさ(苦笑)。


何しか、止まらない電車から降りて、深呼吸して缶コーヒーの1杯でも飲みたいなんて思う月曜日の夜。そして今日も終電の終電。精神状態がかなり不安定。疑心暗鬼、オーバーワーク。誰も信用できない感じ。誰にも心を開く気がしない。


…なんて思っていたけど、いざ会社を出て、家までの道のり、冷たい空気の中を歩きつつ、久々にシングライクトーキングの「Given’me all」なんて聞いていたら、ま、とりあえず今日は眠って、明日からまたやり直せばいいじゃんという気になってきた。

そんな日を乗り越えて、また人生の道は続く。

いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。