20121021004.jpg

 最近、子供たちのいのちが弾けるような姿や声に言いようのない悲しみ を覚える機会が多くなりました。
 近くにいてもなかなか会う時間のない孫の声が携帯電話から流れる至福の時間が過ぎると、愛しさを覆うかのごとく深い哀しみがやってきたりします。
 歳のせいなのか?
 そうなのでしょう。
 なぜなら、若い頃は、幼いいのちに涙ぐむなどということはなかったからです。
 では、どう〈歳のせい〉なのか?

 悲しみ はどこからやってくるか?
 自分の過去を知っており、人間の行いを知っており、社会のできごとを知っているからです。
 子供が成長するとは、猛烈な勢いで頭中のニューロンが増殖し、精神を動かす機能が高まると共に、自我が芽生え、自我を第一とする煩悩も強くなることだからです。
 無邪気に親を信じ、先生を信じ、言われるままに手をつなぎ、仲間と一緒に歌を唄う幼いいのちが、やがて強くなった肉体で他人を殺し、巧妙に動くようになった精神で他人を騙しもするとは──。
 時には泣きたくなるような状況も乗りこえてようやく一人前に育ててくれた親を泣かすようになるとは──。
 光だけしかないかに見える子供が、大きくなるに従って他人を泣かせ、自分も泣かされ、他人を虐げ、自分も虐げられ、他人を苦しめ、自分も苦しめられ、光が増す一方で闇をも深くしつつ生きて行くことが宿命だとは──。

 死の影をはっきりと感じとる年令になってようやく、お釈迦様が「輪廻(リンネ)の中にあるものはすべて苦しみ を背負っている」と説かれたことが理解でき始めたのでしょう。

 苦が三つの面から説かれていることはとっくに知っていました。
 一つは、苦苦(クク…苦痛と感じる苦しみです。
 一つは、壊苦(エク…変化がもたらす苦しみです。
 一つは、行苦(ギョクク…煩悩の影響下でしか生きられない苦しみです。

 一番目は、文字どおり「痛いほど」よくわかります。

 二番目は、形あるものはすべて滅することとして、頭では理解できていました。
 しかし、「5年がかりで探し続け、ようやく墓地を定める決心がつきました」、「住職が気に入った。おれの骨はここに埋めるけん」、こうした方々を送り、一周忌や三回忌などを行うたびに、「あなたはあまりにも早く逝き過ぎました……」との思いは深まるばかりで、ようやくその真意がわかりかけてきました。
 孫や幼い子供たちには、逃れられない四苦八苦の宿命を観て、辛くなり、その恐ろしさがわかりかけてきました。
 壊苦は、まず、悲しみ としてやって来ます。
 悲しみ から逃れられないことが〈ままならない〉という意味での苦なのです。

 三番目は、自分自身のこととしてあまりにもはっきりと観えており、この面での戦いにようやく勝利しつつあると思えたのもつかの間、孫に生まれつつある闇の気配に打ちのめされ、人間が背負う宿命の重さに今さらながら、震えるような思いがしてなりません。
 これまでも、昭和43年から44年にかけて連続ピストル射殺事件を起こした死刑囚永山則夫 の著書『無知の涙』に打ちのめされました。
 彼は、詩に「キケ人ヤ 貧シキ者トソノ子ノ 指先ノ冷タキ血ヲ」と書き、「刑が執行される時には全力で抵抗する」と公言し、そうしつつ逝ったとされています。
 9件もの爆破事件で起訴された死刑囚大道寺将司 の句集にも参りました。
 自分は被害者との関係性の中でしか生きていられないとし、「傷みしは世間か吾か雨蛙(アマガエル)」と詠みました。
 確かに、確かに、〈ままならない〉のです。

 そして、一番目の苦にはどうにか耐え得ても、悲しみ としてやってくる二番目と三番目の苦には、まだ十分に耐え得るとはとても言えません。

 ダライ・ラマ法王 は説かれました。

「~苦しみ とはどういうものかというそれなりの知識を持っていると、この輪廻にいる限りは、すべては苦しみ の本質を盛ったものなのだ、という認識があるので、実際に何か苦しみ が生じてきたときにも、私たちの心の中には、苦しみ に対する何らかの下準備ができていることになります」
「いくら努力してもその苦しみ を取り除くことができない、というような状況に直面した場合には、苦しみ についての認識があると、自分にはその苦しみ をくいとめることができないような業があるのだ、と考えることによって、心の中にはその苦しみ を受けとめる余裕ができます」


 私には、はたしてそうした〈下準備〉や〈余裕〉があると言えるのか?
 はっきりしているのは、「すべての有情の苦しみ が、すべて私の身に起こりますように」と願う菩薩(ボサツ)の覚悟までは距離があるということです。
 でも、「自分の得ている苦しみ は、前世からの悪業 (アクゴウ)を浄化 してくれるものなのだ」とは考えられ、「自分が苦しみ を得ることによって自他の悪業浄化 されますように」と祈る心はあります。
 そして、未熟な自分を恥じたり、ガッカリしたり、諦めたりといったことはありません。
 悪業 を積んだ以上、悪業浄化 しきれない限りきっと又、転生してくるので、そこで残りの修行を続ければよいだけのことです。

 また、思い出します。

「君看(ミ)ずや双眼の色 語らざれば憂いなきに似たり」


 お釈迦様は、万人の悲しみ を我が悲しみ と感じておられるので、お心には次々と憂いが生じておられるはずなのに、お優しく澄んだ御眼を見る限り、そうした気配すらありません。
 それは、ご自身の心の中で悲しみ を解消し、その境地を見せてお導きくださっているからです。
 この悲しみ 、この苦を解かれ、お導きくださっているみ仏がおられる以上、私たちは必ず、そこへ近づけます。
 信じて悲しみ苦しみ 、修行しつつ歩み続けましょう。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらから どうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらから どうぞ。




「おん あらはしゃのう」※今日の守本尊文殊菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ にほんブログ村



blogram投票ボタン