アジアの情勢、世界情勢を見ていますと、日本が平和を維持するためには、憲法改正するべきだと思います。中国、韓国、北朝鮮は日本の強さというものをよく知っております。故に反日を繰り返し、嘘の証言、小さなことを大きく作り上げ、日本を封じ込めようとしております。しかし、日本が憲法改正すれば日本の本来の強さを恐れ、反日行動、高圧的な態度を制止させることが出来ると思います。日本が憲法改正することはアジアの平和、世界の平和につながってゆくとおもいます。

アメリカという国の強さはやはり軍事産業にあると思います。

リーマンショックを起こした国がこの立ち直りです。

インターネット、GPS、糖尿病の方の透析技術だって軍事産業の技術です。

私達の豊かな暮らし、命を助ける技術だって軍事産業が関わっているのです。

ただ軍事に使うか、民間企業に技術を移して役立てるか。

人を傷つける殺人剣、人を生かす活人剣という事ですね。

日本も軍事産業に力を入れていろいろなものを生み出してゆくべきです。

そしてその技術の高さにより、日本と戦争したら大変だという事で戦争を防いでゆく。

それが大事だと思います。

日本が戦争をしないと言っても、相手は関係なく攻めてきます。

豊かで強い、だから戦争にならない国をつくってゆきましょう。



テレビや新聞でよくトランプ氏の名をよく見ます。

トランプ氏の発言は暴言が多く非難も多いと思います。

しかし日本に関しての発言で確かにと思うこともあります。

アメリカは莫大な軍事費を投じて日本を守る義務がある。

しかし日本はアメリカが攻撃されても守る義務がない。

確かにおかしいと思います。

今、日本、韓国、アジアからアメリカ軍が引き上げてしまえば

どうなるでしょう?

北朝鮮は韓国を攻撃するでしょう。そして日本もいずれ中国

から攻撃され大きな戦争となるでしょう。

今、日本はこんなことしていてよいのでしょうか?