成長痛の悩み

テーマ:
子供の成長期の悩みの1つ
オスグッド病(膝の成長痛)
どんな症状なのか?

以下、Wikipediaより引用

オスグッド・シュラッター病(オスグッド・シュラッターびょう、Osgood-Schlatter diseaseOsgood-Schlatter-Krankheit)は、サッカーバスケットボールなどのスポーツをする小学生中学生高校生に多く見られる、脛骨が出っ張って痛むという骨軟骨炎[1]である。オスグッド・シュラッター症候群(オスグッド・シュラッターしょうこうぐん)ともいう。

多くの患者は、膝の脛骨の付近の痛みや膝裏の痛みを感じる。様々なスポーツでジャンプや屈伸を行うことにより、大きな衝撃が膝(脛骨)付近に生じ、脛骨粗面付近に炎症が生じる。脛骨粗面に存在する骨端核に機械的牽引力がかかることに起因するとされる。このため10 - 15歳の活発な発育期の男子に多く発生し、運動時に症状が強く現れる。膝伸展機構は大腿四頭筋から膝蓋骨膝蓋靭帯英語版・膝蓋腱、脛骨粗面へと連続する。スポーツ選手では膝伸展の反復により、これらの部分に牽引力が働き、膝蓋骨遠位端、膝蓋靭帯、脛骨粗面が弱点となり、ジャンパー膝、シンディングラーセン・ヨハンソン病などのように疼痛が起こる頻度が高い。X線でも骨端核の様々な乱れや遊離骨片の発生などが認められる。発症者としては外見からはあまり痛くなさそうでも本人からすればかなり痛いのにわかってもらえないのも発症者のネックになることが多い。

治療法としては、まず、安静にすることが第一である。また医薬品などの治療も可能ではある。しかし、現在は、リハビリなどを行う例が多い。キックやジャンプの動作は禁止し、理学療法を併用して対症療法を行う。大きな骨片が存在する場合には手術的に摘出することもある。しかし、あまり心配しなくてよい、時期が来れば痛みは消えると言われているが実際はスポーツなどは完全に中止し、休養をとらないと完治は難しいと言われている。 特に発症しやすいスポーツはサッカー、バスケットボール、野球、バレーボール、陸上競技、テニスと言われている。 サッカーはボールを蹴ることが多いことや、リベロのように動く選手や、バレーボールでよくスパイクを打つ選手などは、痛みが増したりするために特に治りにくいと言われることがある。 しかし一番治すために効果的なのは、前文にもあるが、完全にスポーツなどを中止し休養を取ることである。


2年間膝の痛みを抱え
オスグッドで運動もろくにできず
整形外科や接骨院でも改善がみられず
当院へお越しになった高校生

痛みに囚われず問診・検査・説明をし
施術方針に納得していただき施術スタート

痛みが全てじゃないと本人も納得し
根本から身体を良くしたいとのこと(^^)
それを見てた、お母さんも
身体を根本から良くしていきたいと
当院で治療が始まりました(^^)

今できうる最善を尽くさせていただきます!

福島県二本松市の
訪問はりきゅう整体あおぞら治療院